2018年9月17日月曜日

【ライブ】9/29(土)黒縞屋さんと音楽イベントやります!

メチャメチャ暑かった夏も峠を越して、
時折爽やかで涼しい風が吹く今日この頃、秋の訪れを感じますね。
そして、秋の訪れを SL で感じさせてくれるものがもう一つ。
最近、急にいろんなイベントがあちこちで行われてるみたい。
そう、芸術の秋、音楽の秋ですものねぇ。
何と、あのキツネアバのナチュさんも復活という嬉しいニュースが!
やっぱり自由にいっぱいイベントをやれるのが
そしてそこにたくさんの仲間が集まってワイワイやれるのが
SL のいいところですよね。

そんな盛り上がりをもう一度取り戻そうと、もう一人のひろしさん、
Kumashion の Hiroshi Marimo Sato さんが
定期的に SL ならではの音楽に触れられる環境を、と
何やら企画しているらしいのですが、その第一弾として
あの黒縞屋こと The Black Stripes のライブを
何と僕の本拠地 YMB SIM で行うことになりました!
わーい、めでたい、うれしい!w

しかし、折角の大物ミュージシャンを迎えて、
深夜に1時間だけ単独で、というのもちょっと淋しい。
そう思って、僕も前座として参戦することにしました。w
少しでも雰囲気を盛り上げられればよいのですが。。。^^;

そこで黒縞屋の Koja Writer さんと打ち合わせて、
今回のライブにタイトルをつけました。
黒縞屋さんはラーメンだの納豆だの食べ物絡みの曲があるので
「食欲の秋・食い倒れスペシャル」、
方や僕は食べ物はないですが、文学に取材した曲があるので
「読書の秋・寝落ち覚悟スペシャル」。w
あ、黒縞屋さんのステージを盛り上げると言いつつ、
僕の幽玄な曲で寝落ちする人続出かもですね。
そんな時はきっとこじゃさんが「Wake up!」とやってくれるはず。
「寝落ちホイホイ」に捕まらないように万全の体制で遊びに来てね!

180917a.jpg

■The Black Stripes ライブ「食欲の秋・食い倒れスペシャル!」
・日時:2018年9月29日(土)24:00〜25:00
       (9月30日(日)0:00〜1:00)
・会場:YMB 001 特設ステージ(当日は若干位置がずれる可能性もあります)
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23

180917b.jpg

■Hiroshi Kumaki ライブ「読書の秋・寝落ち覚悟スペシャル」
・日時:2018年9月29日(土)23:00〜24:00
・会場:YMB 001 特設ステージ(当日若干位置が変わる可能性もあります)
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23

2018年9月2日日曜日

【RL】新しい時代の SNS「Robin」のご紹介

1995年、阪神淡路大震災を機に
初めてインターネットというものを知りました。
それまでは入手するのが困難だった世界のいろんな情報を
瞬時に手にすることができるようになりました。

それから約10年経った2007年、セカンドライフの世界に入りました。
インターネット上に作られた仮想世界で
世界のいろんな地域に住む人たちと出会い、語り合い、
共に自分たちが創りたいものを創り、やりたいことができる
自由な空間。
日本では大きなブームが起きたあと、
あっという間に耳にしなくなったと思いますが、
世界的には現在でも、医療機関や教育機関が教育目的で、
在宅勤務を導入している企業が報告や会議のプラットフォームとして、
ボランティアや各種団体が募金活動をする場として、
そしてミュージシャンやデザイナーたちが作品を発表する場として
現在でも活発に利用されているのはこの日記をご覧の皆さんも
ご存じの通りです。

そして更に約10年過ぎた2018年の今年、
また新たな、私たちの生き方を変える新たな変革が起こっていて、
今日はそのことを皆さんにお伝えしたいと思っているのです。
これは、いくつかの最近のトレンドが組み合わさった
あまりにスケールの大きな話なので、話を簡単にするために
結論から述べていくようにします。

この7月に「Robin」という新しい SNS がスタートしましたので、
是非皆さんにも、この SNS に参加しませんか、というお誘いです。
これは、App Store や Google Play から無料でダウンロードできる
LINE のようなチャットアプリです。

・App Store
 https://itunes.apple.com/us/app/robin-the-best-sns/id1316442177?ls=1&mt=8

・Google Play
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.robin.aisystem

180902a.jpg

え〜、何で今更新しい SNS?って思われたのではないでしょうか。
SNS と言えば僕自身 Facebook, Twitter, Instagram
それに Google+ をやっていて、これ以上増やすつもりはありません。
日本人の7千万人、もうスマホを持っている人は全員
というくらいの人がやっている LINE ですら敬遠してるくらいです。
それが何故? ということになります。

この Robin、基本的には LINE でやれるようなことはやれます。
特徴としては、55もの言語に対応したチャットの翻訳機能、
指定した時間に自分からも相手からもそしてサーバからも
消すことができる消せるチャットの機能、といったところが売りです。
上の SS の真ん中がチャットを長押しして表示された英語の翻訳、
一番右側がチャットを消す時間を指定しているところです。

しかし、これくらいならわざわざ新しく入れるまでもない、
と思われる方も多いでしょう。
この SNS が LINE と決定的に違うのは、
毎日このアプリを使ってやりとりすると仮想通貨がもらえる、
という点にあります。
端的に言うと、チャットすることがお金になる SNS です。
LINE でも Facebook でも、一般のユーザにとっては、
利用することでお金が出ることはあっても
お金が入るってことはないですよね?

具体的には、このアプリを使って誰かとやりとりすると
1日に1回、チャットポイント=CP というものが入って来ます。
この CP はある程度貯まると GBT という仮想通貨に交換可能です。
でも、GBT なんてこれまで聞いたことないし、
仮想通貨もらったところで何ができるの? と思われた方。
そうです。
仮想通貨は何だかとんでもないブームになってますけど、
仮想通貨が「通貨」であるためには、
実際の生活で使えないとダメですよね。

今ブームって書きましたけど、殆どの人が買った時と売る時との
キャピタルゲインを当てにした「投機」じゃないでしょうか。
日本では昨年辺りビットコインが急騰したので、
我も我も、と仮想通貨を買ってる人も多いと思いますが、
特に新しい仮想通貨がそんなに上がる可能性は今後殆どありません。
多くの ICO が失敗しているのは当然の成り行きです。

今回紹介する Robin で得られる GBT は
正確には仮想通貨 RIA のトークンで、
この RIA と共に現実の生活の場面で使えるものなのです。
これから GBT や RIA を利用したサービスが次々に発表になる予定で
第一弾として、つい先頃「Exchange Market」という
フリマアプリがリリースされました。

180902c.jpg

ちょうど同じフリマアプリのメルカリのようなもので、
売る側は売りたい値段を円で入力すると自動的に GBT に換算され、
買う側は一番右の写真にあるように、取引を確定する時に
GBT の残高がある自分のウォレットを指定します。
そして、取引が完了すると買った人には
ビジネスポイント=BP が加算され、これも GBT に交換できます。
売った人には自分のウォレットにお金が入って来ることになり、
つまり、モノは実際の生活空間の中で移動し、
お金としては円を介さずに仮想通貨だけで決済が完了するわけです。

もう数年のうちに、もっと言うと東京オリンピック開催の
2020年までに、こうした仮想通貨による決済は普通になる、
僕はそう見ています。
ビットコインで決済できる場面は増えていますが、
そのビットコインを手に入れるのがまた大変です。
今回紹介する Robin は、チャットを通じて仮想通貨が手に入り、
その仮想通貨を使って生活できるようになるという画期的なものです。
この新しく始まった次世代のプラットフォームを
特にフレの皆さんと一緒に試して、経験して、
新しい、楽しい生活のきっかけになったら嬉しいと思い、
敢えて紹介させて頂くことにしました。

ダウンロードは次のリンクからお願いします。
iPhone の人は App Store に、Android の人は Google Play に
自動的に接続します。

ダウンロードリンク:https://api.robin-aisystem.com

180902b.jpg

ダウンロードが終わってアプリを立ち上げたら
「登録」ボタンを押しますが、慌てないで下さい。
「USER」「FREE MEMBER」「REP MEMBER」と
3つオプションがありますが、「FREE MEMBER」を選んで下さい。
「USER」は仮想通貨もらえませんし、自動翻訳もできません。
一方、「REP MEMBER」はこの SNS を
仕事として広めて収入を得る有料の代理店メンバー用になります。

「FREE MEMBER」を選んで「次へ」をタップすると
一番右の画面になって自分の情報を入力する画面になりますが、
一番上に「紹介者の ID を入力して下さい」とあるところ、
そこに「A3348932」と入れて下さい。
これが僕の ID になります。

紹介者 ID:A3348932

「確定」ボタンを押すと画面が遷移して
「認証コードを入力」となりますが、
登録画面で入力したメールアドレスにコードが送られて来るので、
そのコードを入力してまた「確定」、
また画面が遷移して、本人確認のために電話番号を入力します。
番号は最初の0をとった形、「9012345678」のように
10桁で入力します。
ここで「確定」を押すとその電話番号にショートメール(SMS)で
認証コードが送られて来るので、次の画面でコードを入力します。
なので、必ず SMS を受け取れる設定にしておいて下さい。
SMS 拒否の設定にしていると手続が完了しません。

大事な、お金も関わる話なので、認証が二重になってて手間です。
よくわからないという方は、Facebookやツイッター
或いはメール hiroshi.kumaki@gmail.com で直接ご連絡下さい。
それから、上にチラッと書いた仕事として報酬を得る代理店について
興味があるという方も直接ご連絡下さい。

最後に、そう、この SNS には僕も本名で登録しているので
皆さん僕を見つけられないと思いますし、
僕も皆さんが登録したかわからないので、
登録したらやっぱり直接ご連絡下さい。
皆さんと一緒にここで新しい経験ができるのを楽しみにしています。

※この記事はあくまでも新しいアプリ/サービスを紹介するもので、
仮想通貨の ICO や売買への勧誘ではありませんので誤解なきよう。

2018年8月28日火曜日

【イベント】今年も Burn 2 の日程が決まりました!〜10/19〜28の10日間

今年も SL 年に一度のお祭り騒ぎ Burn 2 の日程が決まりました!
SLT で 2018年10月19日(金)〜28日(日)の10日間、
専用の SIM に様々な展示物が飾られ、
24時間体制で DJ やら音楽イベントやらが行われます。
その展示会場への出品や DJ やミュージシャンの募集も
始まったところですので、興味ある方は是非以下のリンク先の
Burn 2 の ホームページをチェックしてみて下さいね。
そうそう、展示会場は、普通はお金を払って買うのですが、
ただで 512㎡の土地がもらえるくじ Plottery もやってますよ!

Burn 2 公式ホームページ
ミュージシャン/DJ/パフォーマンス申し込みフォーム
展示会場申し込みフォーム
展示会場くじ (Plottery) 申し込みフォーム
 
さて、今年のテーマは RL バーニング・マンと同じく「I, Robot」。
そう、あのアイザック・アシモフの SF 小説「われはロボット」、
ロボットや AI を語る時に避けて通れないあの名作の
タイトルから取られているのです。
AI がどんどん家庭に入って来ている昨日今日、
これはとても時宜を得たテーマと言えます。
バーニング・マンの企画チームが何を考えてこのテーマを選んだのか、
バーニング・マンのホームページにありましたので
ちょっと長いですが訳してお伝えしますね。
原文はこちらです。

     *   *   *

何故私たちはロボットのオーバーロードを迎えるに値するのか?

もう何ヶ月も前、今年のバーニング・マンのテーマがまだ企画の途上にあった頃、ラリー・ハーヴィーは自動化されたシステムが自分を人間の女性だと思わせてラリーをハメようとするロボット通話を何度か受信しました。会話の中でそのシステムは、簡単な質問にすぐに答えられなかったり、その質問を理解できなかった時にヘッドセットの調子が悪いと言って言い逃れするのです。

その数週間後、2018年のテーマが発表された後に、サウジアラビア王国が「ソフィア」という AI に最初の市民権を与えたというニュースが放送されているのを見ました。それは、同国にハイテク企業を誘致するための取り組みの一環として行われたということでした。

こうしたことはごく最近、正に今の時代だからこそ起こっていることのように思えますが、その実、私達は「人間とは何か」ということを長いこと真剣には考えて来なかったのではないでしょうか。歴史的な最高裁の「シチズンズ・ユナイテッド」判決は、企業も表現の自由を有していると宣言し、抽象的な経済団体も一般の人間と同等の法的権利を有することを印象づけたのです。前世紀初頭には、知性には人種によって優劣があることを証明しようとする「科学的な」実験が行われましたが、これは実際には人種が異なっていても明らかに有しているはずの人間性を否定するために行われていたのです。

同様に「彼らは本当に人間なのか?」という疑問も何度となく投げかけられ、悲しいことに征服者たちが「新世界」で奴隷を必要としていた時に次のような答えに至ります。「否。」そこにいる人間たちを指して彼らはこう言ったのです。「こいつらが本当に人間であるはずがない。見ればわかるじゃないか!」

今こうして挙げて来たことは全て、何人かの哲学者や進学者たちは「人間とは何か」というこの最も基本的な疑問をこれまでも真剣に取り上げてきたかもしれませんが、肝腎な時に私たちが誰を人間と見做し、或いは見做さないかというのは、常に経済及び偏見を理由とするものが殆どだ、ということなのです。もし企業に基本的人権が与えられるのだとしたら、AI に与えてはいけないということもないでしょう? もし女性の所有権が否定され、国民全体が肌の色に基づいて所有物と見做されるのだとしたら、一体それ以外の人たちはそうでないとどうして言えるのでしょうか?

ロボットや AI は今や、目の前にあって明らかであるにも拘わらず私達が人類として決して答えることのできない問題を、もっとさりげない形で私たちに突き付けているのです。

私たちは人間性というものを不変のものであるかのように語りはするけれど、実際の行動としては、私たちは人間性というものが経済的に便利なものとして扱っているし、これまでもずっとそうして来たと言えるのです。あるウーバーの管理職の男は運転手たちとテキストベースのやりとりをする時に自分を女性だと見せかけていたのです。というのも、ウーバーに契約している人たちは女性に対しては反応がよく、言うことをよく聞いてくれる、というデータがあったからなのです。ここで注目すべきことは、このデータが明らかになった時に、ウーバーが選択したのはより多くの女性を雇うことではなく、男性従業員のプロフィールを変えようとしたということであり、それは即ち、企業がトランスジェンダーを命令した、ということなのです。もしあなたが、自分が自分であるために不可欠であるからこそ自分の性を変えるのだ、と言うなら、道徳主義者たちはあなたに向かって金切り声を上げて、恥を知れ、と罵るでしょう。が、もしあなたが働いている会社の役員が、その方が会社の業績に貢献するからという理由であなたの性を変えようとしても、誰も反対する人はいないのです。

AI は確かに世界を変えるでしょうし、同様に世界を滅ぼすことすらできるかもしれません。が、歴史に残された記録を見てみるとそれが示唆するのは、私たちが AI を怖れるのはそこに潜む非人間的な性格にあるのではなく、人間が他の人間に対して伝統的に行って来たような仕打ちを始めるかもしれない、という怖れなのです。

実際、私たちには、人間であるということや人の個性といったものは取引の対象とならないという理念の下に形成される社会というものがどのようなものなのか、想像すらすることができないのです。私たちは心の奥底で、個性を経済よりも下に見るということが知性の証だと思っているのです。そう、私たちは、知的なやりとりというものに対して他にどのようなアプローチが有効なのか、まだわかっていないのです。昨年、マイクロソフトが学習するチャットボットをツイッター上に放った時、わずか24時間の間に恐ろしく人種差別的、性差別的な結果に至ったことは決して偶然ではありません。他のユーザーがどのように行動するか、それのみが問題なのです。AI は具体的な例を通して学んでいきます。言葉遣いによってではありません。AI の行動は私たちの行動によって導かれているのです。もし AI に、私たちの事例をそのまま真似するように本当に教え込むなら、きっと大変な問題になることでしょう。が、私たちがまだ自分自身に行っていないようなこともきっとまた起こらないでしょう。

その一方で、もし私たちが AI というものがよい結果をもたらすもので、人間を価値のあるもの、更には聖なるものと見做し、私たち人間の利益を第一に追求してくれるような存在であってほしいと願うなら……それがそもそもどのようなものであるか、まず私たちが最初に示す必要があるのかもしれません。

人間の社会的知性が発達(或いは退化)するスピードは、技術的能力の進歩とあらゆる点で関係しています。AI のエンジニアが自分たちのところの清掃作業員をどのように扱っているかということが、どのようなタイプの機械知性が未来の力になっていくかということを決定づけるのです。

AI に関して私たちが答えるのに最も頭を悩ます問題は、私たちが私たち自身について満足に答えられていない問題なのです。機械が人間的かどうかを「決める」前に、私たち自身が人間的であるのかどうかを決める必要があります。理論的にはこのはとても簡単な問題のように見えます。しかし、私たちの歴史が示しているのは、実際は、もっともっと遥かに難問だ、ということです。私たちはロボットの領主(オーバーロード)を迎えるに値するのです。

以上がこのシリーズの中で私たちが検証していく問題です。その検証の過程で、AI の登場が私たち人間がお互いにもっとやさしくなっていくことにつながっていくのだと願いながら。

ジリアン・ジェラット

2018年8月12日日曜日

長崎原爆の日平和祈念ライブの映像を YouTube にアップしました!

先週の木曜日8月9日に行った長崎原爆の日平和祈念コンサート、
YouTube で生中継させて頂きましたが、
当日は僕が演奏でイッパイイッパイだったので
映像は定点カメラのものが流れていましたが、
2カメの映像や試験放送の時の録画を交えて編集した映像を
YouTube にアップしました!
当日観て頂いた皆さんも、当日 SL 会場にいらした方も、
そして当日は見逃した皆さんも、是非チェックして頂ければと
思っています。

これは完全なライブ、完全な即興ですので、
いきなり変なポジションに sit して慌てたり、
ミスタッチしてたり、ところどころノイズが乗ってたりしますし、
最後の最後、終了時間を22:30を知らせる YMB SIM の鐘が鳴って
慌てて終わりの挨拶をしたりしていますが、
そういった全てをお楽しみ頂ければと思います。

放送時間に合わせた30分の映像です。
よろしくお願いします。

■Hiroshi Kumaki: Prayer for Peace on the Day of Nagasaki


2018年8月9日木曜日

【ライブ】このあと22:00より YouTube と YMB001 で!

最後の案内になります。
今晩このあと22:00より長崎原爆の日平和祈念コンサートを行います。
インワールドは最初は非公開でひっそり、とも思ったのですが、
やはりその場にいたい、という方もいらっしゃると思いますので
公開することにしました。
場所は結局 YMB001、東の端の公園のところに
特設ステージが設けられています。
そこに SS のようなトーチがありますので
すぐにおわかりになると思います。

180809a.jpg

YouTube の方は試験放送は無事に終了しましたが、
果たして本番でバタバタしてもいけませんので、
22:00より少し早めに配信を開始します。

それでは、このあと最後の準備に入ります。
イベントの詳細は以下の通りですので、
どうぞよろしくお願いします。

■Hiroshi Kumaki ライブ「Prayer for Peace」
・日時:2018年8月9日(木)22:00〜22:30
・SLURL:http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23
・YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=miEf1Y9-oHk


2018年8月8日水曜日

【ライブ】明日の YouTube ライブのチャンネルはこちら!

昨日お知らせした明日8月9日(木)の YouTube での放送ですが、
次のチャンネルになります。

■Hiroshi Kumaki ライブ「Prayer for Peace」


・URL: https://www.youtube.com/watch?v=miEf1Y9-oHk
・日時:2018年8月9日(木)22:00〜22:30

もしかしたら長引くかもですが、
一応30分の短い時間ですので、お見逃しなく!

2018年8月7日火曜日

【ライブ】8月9日(木)22:00より長崎原爆の日平和祈念ライブを YouTube で!

昨日8月6日は広島原爆の日でした。
そして木曜日8月9日は長崎原爆の日です。
以前から私をご存じの方にはお話ししていますが、
僕が生まれた北九州のあの日の天気が悪くなければ
あの原爆は小倉に落ちていたはずで、
そうなっていたら僕も今ここにはいなかっただろう、
いつもこの日にはそういう思いが過ぎるのです。
そこで SL 内でも長崎原爆の日に何度かライブをやってきました。

今年は、ちょうど Ustream がなくなり、
YouTube での放送を試しているところでもあり、
8月9日(木)日本時間22:00より、SL 内から全世界に向けて
平和を願うコンサートを行います。
SL 内の会場はまだ未定ですが、殆ど非公開でひっそりと、
寧ろ、YouTube をメインにご覧頂きます。

詳細は追ってまたお伝えします。
よろしくお願いします。