2018年12月12日水曜日

【緊急告知その1】今年もやります! YMB第九演奏会!

やー、何だかあっという間に2018年という年も終わり、
「平成」という元号も来年には変わるようで
慌ただしくなってきた12月ですが。。。

そう! 日本で12月、音楽、と言えば「第九」です。
というわけで、最近では殆どこの時期しか活動してませんが
今年も YMB の第九演奏会を行いますのでそのお知らせです。

例年 YMB の第九は winds 隊長と僕のスケジュールの絡みもあって
大晦日、12月31日に行って来ましたが、
今年は29日が土曜日、30日が日曜日ということもあって
もしかしてこのあたりでやるのもありかな、と思いましたが、
winds 隊長はじめ、周りの仲間にも相談した上で
やっぱり大晦日にやることに決めました。
今年も例年通り、12月31日の23:30頃から第九をやって
年が変わったところでニューイヤーコンサートをやる予定です。
そしてやっぱり例年通り、YMB のメンバーだけでなくて
観客のみなさんも飛び入りでステージに上がって頂いて
一緒に年越しをしたいと考えています。

というわけで、ちゃんとカレンダーに印をしておいて下さいね。
大晦日の夜は紅白もいいけど、SL は YMB の第九演奏会ですよ!^^
詳しくはまたこの日記に書くので、よろしくお願いします!

2018年12月1日土曜日

【RL】SF 三昧

僕が SF 好きのことはこの日記を読んでいる人はご存じのことと思う。
折に触れて MC の中で SF の話をするし、
「流れよわが涙、と警官は言った」や「ファウンデーション」
なんてタイトルの曲もあるし、
「セカンドライフのテーマ(Rez Yourself)」にしたところで、
どことなく映画の「トロン」や小説の「スノウ・クラッシュ」、
或いは「ニューロマンサー」に触発されているところがあろう。
そんな僕であるが、去年から今年にかけては
動画サイトで魅力的な作品が次々の配信されていて
まぁ、配信が開始される度に見ている感じです。
ざっと上げて見るとこんな感じでしょうか。

Amazon プライム・オリジナル
高い城の男(フィリップ・K・ディック原作)
フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリーム

HBO(Amazon プライムで配信)
ウェスト・ワールド(マイケル・クライトン原作)

Hulu
ハンドメイズ・テイル〜侍女の物語(マーガレット・アトウッド原作)

「高い城の男」、「ウェスト・ワールド」、「ハンドメイズ・テイル」
それぞれシーズン2まで配信されていますが、
何れも原作のその先に行っているようでおもしろい。
それもそのはずか、と思うのが
「高い城の男」はリドリー・スコット、
「ウェスト・ワールド」はJ・J・エイブラムズという
何れも SF 映画の巨匠と言える監督が制作に携わっているし、
「ウェスト・ワールド」に至っては、
脚本がジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイという
これまた壮大なスケールの SF 映画に携わった
(「メメント」、「ダークナイト」、「インターステラ—」)
人たちが担当してるわけだし、
「ハンドメイズ・テイル」も原作者マーガレット・アトウッドが
やはり制作陣に名前を連ねている。
要するに何れも質の高いドラマに仕上がっていると言える。
そして、何れも、今だからこそ私たちに何かを問いかけ、
考えさせる作品であると言えるのだ。

というのは、例えば「ウェストワールド」、
元は1973年に公開された映画で、その中では、
ユル・ブリンナーが演じる何故だか異常を来して
人間を襲うようになったロボットがどこまでも執拗に追いかけて来る
一種のパニック映画、ホラー映画だった感がある。
(子供の時に見たが、あの不気味な感じは忘れられない。)
それが、新しいテレビシリーズでは、
生命科学技術で本当に人間そっくりの「ホスト」たちが
夢を見、自分でもものを考え、記憶も有するようになる。
生命科学技術が発達した今だからこそ
生命とは、人間とは、機械とは、そして生きるとは何かを
問いかける作品になっていて、先日の Burn2 のテーマにも通じる。
その意味では今年の Burn2 のテーマは僕にとっては
とてもタイムリーだったと言える。

また、「ハンドメイズ・テイル」については、
1990年に「侍女の物語」として公開された時には
よくあるディストピア SF の一つとしてしか見ていなかった。
音楽担当が坂本龍一だということで興味はあったのだが
結局は見ずに終わってしまったものだ。
それが、今このタイミング、LGBT ということが盛んに言われる今、
女として生きるとは、男として生きるとは、
そして自由とは何かといったことをより身近に問いかけて来る。
シーズン2の初めの方でゲイの男性教員が自殺し、
子供を抱えた女性同士の夫婦が自由を求めて出国しようとした折に
片方が妻とは認められずに取り残されるというエピソードが描かれる。
こういうことは今も世界のどこかで起こっているのではないか、
そんな風に考えさせられるドラマである。

ここまで何度か「考えさせる」という言葉を使ったが、
SF というのは単に「Science Fiction(空想科学小説)」ではない。
「Speculative Fiction(思弁的小説)」とするのが
現代流の解釈であろう。
だからこそ、僕にとっては SF 映画の最高傑作は
「2001年宇宙の旅」なのであり、あのような体験をさせられる
映画や小説を求めているのだ。
それは、人間とは何か、私たちはどこから来て
どこへ行こうとしているのか、
そしてその人類の歴史の中で、何故自分は今ここにいるのか、
そんな究極の問いにまつわるものだとも言える。

実はこのことと多くの SF の名作が 1950年代に書かれていることと
何か関係があるだろうと僕は考えている。
1950年代と言えば、第二次世界大戦が終わった直後の時期で、
1949年に巨大な共産主義国家が登場し、
1950年には早くも朝鮮戦争が始まり、
そして1954年にはビキニ環礁での水爆実験が行われ、
1957年にはソ連が ICBM を完成させ、人工衛星スプートニクの
打ち上げに成功させ、アメリカを恐怖に陥れている。
そんな時代背景に書かれたのが次のような名作たちだ。

ロバート・A・ハインライン
未来史シリーズ 1939年〜1962年
人形つかい 1951年
夏への扉 1957年
メトセラの子ら 1958年
宇宙の戦士 1959年(ガンダムの元になったと言われる)

アーサー・C・クラーク
前哨 1951年(「2001年宇宙の旅」の原案と言われる)
幼年期の終り 1953年
都市と星 1956年
海底牧場 1957年

アイザック・アシモフ
われはロボット 1950年
ファウンデーション 1951年
ファウンデーションと帝国 1952年
第二ファウンデーション 1953年
鋼鉄都市 1954年

そして、フィリップ・K・ディックの有名な
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」、
「高い城の男」や「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」のような
長編の名作は何れも1960年代の作品だが、
今回「エレクトリック・ドリーム」に収録されたものを含めた
短編の名作はやはり1950年代に多作されている。

地図にない町 1953年
ペイチェック 1953年(映画化作品)
吊されたよそ者 1953年
ゴールデン・マン 1954年(映画化名「NEXT -ネクスト-」)
アジャストメント 1954年(映画化作品)
CM地獄 1954年
父さんもどき 1954年
展示品 1954年
自動工場 1955年
フード・メーカー 1955年
フォスター、おまえはもう死んでいるぞ 1955年
マイノリティ・リポート 1956年(映画化作品)

そして、時を同じくして、カウンセリングの古典的著作である
ロロ・メイの『失われし自己をもとめて』が1953年に出版されている。
この本は次のような衝撃的な出だしではじまる。
「不安の時代に生きていて幸いなことの一つは、
 自分自身についての認識を強いられることである。」
最近では(というよりもう随分前から)、最も人気のある SF 作家は
ハインラインでもアシモフでもA・C・クラークでもなく
(この3人は僕の子供の頃のベストだったように思う)
フィリップ・K・ディックなのだそうである。
彼の描く不条理な世界に魅せられる人が多いことや
Speculative Fiction としての SF ドラマが
これだけ立て続けに作られているのは
現代もまた不安の時代なのだろうと感じさせられる。
ただ親や学校や社会が用意したレールに漫然と乗るのでなく
「自分とは何か、自由とは何か」を自ら考え、
自らつかみ取らなければならない時代なのだろうと。

2018年11月24日土曜日

【RL】ブラックフライデー〜Fairlight CMI ふたたび

また騙されて買っちゃいましたよ。^^

最近は日本になかった習慣がどんどん入って来て
宗教的なことは全く関係なくハロウィーンで大騒ぎしたりするし、
そして米国の感謝祭とは全く関係なくブラックフライデーのセールを
あちこちでやってますよね。
かく言う私のところには、いろいろな音楽ソフトメーカーから
ブラックフライデーの宣伝メールがたくさん届いています。
で、普通はスルーするんですけどね。

181123d.jpg

先日のケルパさんとのコラボでも使わせて頂いている
フランスのソフトシンセメーカー、Arturia からも来ていて
V Collection シリーズの最新版 VC6 の割引セール。
僕は2015年にほぼ半額で VC4 を買って、
その後シンクラヴィアビアやファルフィッサが追加になったのを機に
その1年後にやっぱり半額で VC5 にアップグレードしてたんですが、
VC6 で DX7 や Fairlight CMI が追加になった時は見送ったんです。
Fairlight は興味があったけど、iPhone のアプリで持ってるし、
DX も今更ねぇ、、、とか思って。

でも、Analog Lab 3 に追加になった DX7 の音を聞いて
あれ? DX ってこんなに豊かな音が出せたんだっけ?
と思っておもしろがって今年の SL15B でフィーチャーしたのは
皆さんもご存じの通り。
(「DX Dream Again」って曲をやったりしましたね。)
なので、そのうちセールで安くなった時に
アップグレードしてもいいなぁ、なんて思っていたんですよ。
そしたら今回のブラックフライデーのセール、
一般の方は約半額で買えるんですが、これまでいろいろ買ってる僕は
スペシャルオファーで更にその3分の1くらいの価格!@@
これはチャンスと殆ど迷いもせずに買っちゃいました。
まんまと相手の術中にハマったなぁ、とか思いながら。w

181123a.jpg

で、早速ダウンロードしたんですが、
やっぱりいいですねぇ、CMI。
iPhone のアプリに入っている音は殆ど入っていて、
しかも完全に実機を再現したアプリ版とは異なって
操作系は他の Arturia のソフトシンセや
今日のよくある DAW のデザインに合わせてあるので、
実に使い易いです。
実機を再現したアプリ版は時々フロッピーのロードエラーがあったり
シーケンサーの入力もえらく面倒だったりして
iPhone の小さい画面で作曲するのには向かないですね。
それはそれでおもしろかったのですが。
なので、どちらかと言うと、プレイバック音源としてのみ
使っていた、という感じですね。

181123c.jpg

Arturia のこのバージョンではそんな操作系の違いはあっても
2D と 3D の波形エディット画面とか、CMI らしいところはそのまま、
加えてプリセットには入っていない CMI オリジナルの
サウンドライブラリも手に入ったので、
いろいろ読み込んで遊んでいるところです。
iPhone のアプリを手に入れた時もずっといじってましたが、
またマイブームが蘇って来た感じ。飽きないんですよ。^^;
サンプリング音源なんて今時どんなシンセにも普通に入ってるのに
やっぱり「らしい」音がするんですよね。
まぁ、これは80年代にアート・オブ・ノイズとか
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドとか
そういうのに刺激を受けた世代なんだからでしょうが。^^;
加えて、当時は家かポルシェか Fairlight か、と言われたくらい
アマチュアのミュージシャンには手の出ない
夢の楽器でしたからね。

実は、同じくシンクラヴィアのオリジナルライブラリも手に入れて
やはり Arturia の Synclavier V2 に読み込ませてます。
Synclavier V2 は先日のケルパさんとのコラボで使用したものですが、
これと併せて何かおもしろいもの作ろうかなぁ、と
いろいろ妄想しているヒロシなのであります。
どんなものが生まれてくるか、楽しみにしてて下さいね。^^

2018年11月19日月曜日

ケルパさんとのコラボ「Sounds in Colors II」ありがとうございました

昨晩行われたケルパさんとのコラボイベント
「Sounds in Colors II」には日本からも海外からも
お客さんに来て頂き、ありがとうございました。
皆さんの反応はまずまず、という感じだったので、
とりあえずは終わってホッとしているところです。
とは言え、自分の演奏についてはあそこマズったなぁ、とか
アバターを動かす余裕が全くなかったなぁ、とか
この種の即興イベントでは必ず反省点があるので、
よしまたいつかリベンジしてやる! と気持ちを新たにするのでした。
そう、ケルパさんとは3もやろうね、なんて話が出てるくらいで。w

使用した機材などはご参考までに最後に掲げておきますが、
裏では何をやっていたかというと、3台のキーボードを使って
1台の iPad とデスクトップの Mac に入ってる
5台のソフトシンセを切り替えながら弾いていたのですが、
昨晩は完全に手弾きだったので、
途中音が途切れると皆さん不安になるかと思い、
右手で弾き続けながら、左手でマウスを操作したりとか
何で手って2本しかないんだ? と思いたくなるような状態でした。w
この状態でアバターを操作すると完全に音が途切れるので、
もうアバター君の動きは諦めて演奏に徹したのでした。

さてその演奏の内容は、というと、実は、
今回の「Sounds in Colors II」には実は裏のテーマがあったのです。
ケルパさんのアートに僕がいつも感じるのは
有機体としての存在に関わる何か、なのです。
何故それがそこにあるのか、何故ここにないのか、
それらと自分とはどう関わり、繋がっているのか。。。
自分の外にあるものが内に、自分の内にあるものが外に
やがて全てがひとつに溶け合っていく瞬間。。。

あの広い会場で、いろんなものが置いてある中で
昨晩の場所を選んだのはそのことと関係しています。
泥の中から宇宙に向かって伸びて行く巨大な蓮の葉
いや、あれはもしかしたら宇宙から降りて来たものだろうか?
地上をそして空を流れる不思議な光線。
天から降り注ぐ光、そして雨。。。
全てが生命が生み出す何かのメッセージのようではないですか。
音は、泥とも混沌ともつかないものから動き始めた何かが
様々な光やメッセージと交流しながら
最後には巨大な竜となって天に舞い上がる、
そんなイメージで弾いていたのですがいかがでしたでしょうか。

昨晩の模様はしんさんが録画してくれたようなので、
内容に問題なければ公開されることになるでしょうが、
それとは別に昨晩やろうとしていたことを
もっときちんとした形で残しておきたいとも思っています。
いや、これは、昨晩は自分でもこれおもしろいんじゃない?
というところはありながらも、その場限りの荒いところもあったので
作品という形にまとめておきたいな、という気持ちもあってのこと。
まぁ、毎度のことでいつになるかわかりませんが、
この作品版が先になるか、それともケルパさんとのパート3が先か、
何れ楽しみにして頂ければと思います。

改めて、ご来場頂いた皆さん、
撮影のしんさん、そしてケルパさん、
素晴らしいひとときをありがとうございました。^^

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
・使用機材:
      Roland VR-09
      KORG M3
      KORG microKEY Air 25
      KORG Collection: Wavestation
      KORG Collection: Legacy Cell
      KORG ODESSEi
      Arturia Synclavier V2
      Arturia Jup-8 V3
      Arturia Spark 2

2018年11月17日土曜日

【ライブ】いよいよ明日22:00!〜ケルパさんとのコラボイベント「Sounds in Colors II」

いよいよ明日になりました。
直前の告知になります。

5年ぶりのコラボイベントだというのに、
僕が RL でバタバタしているせいもあって、
ケルパさんとは月曜日に話したきりで、
その後何の打ち合わせもできておりません。

が、それも完全即興イベントの為せる業で、
私は暇を見てはどんな音を使おうか、どんなリズムを使おうかと
練習というよりは音探しをしていましたし、
きっとケルパさんもいろいろと仕込みをしてくれていることでしょう。
お互い何をやるかはその時まで秘密とも言え、
相手にぴったり合わせたものから裏をかいたサプライズまで用意して
イベントが始まってその場で初めて合わせていくことになるのです。

そんな、現時点では全く予測不能の「音と光のジャムセッション」、
二度とないこの機会をお見逃しなく!

181112a.jpg

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
    https://maps.secondlife.com/secondlife/LEA9/66/176/21

2018年11月12日月曜日

【緊急告知】11月18日(日)ケルパさんとコラボイベントやります!

ほぼ毎週のようにイベントが続いていた10月11月、
先週末は久しぶりに SL では何もないかと思いきや、
実は RL では会社の社員旅行なんかに行ってました。
これも僕が企画して、のものなのですけどね。^^;

そして次の週末の11月18日(日)22:00から、
ケルパさんとのコラボイベントを予定していますので
今日はそのお知らせになります。

ケルパさんとは、2013年に「Sounds in Colors」と題して
前打ち合わせ全くなし、音はビジュアルに
そしてビジュアルは音に反応して、その場その場で生み出していく、
そんな「音と光のジャムセッション」を行いました。
その後、ケルパさんは僕のライブの演出を
いろいろとやって下さったものの、この即興形式のイベントは
もう5年間もやっていなかったのですね。

そしてこの度、ケルパさんの LEA9 での2回目の展示
「Rising from Mud」がオープンしたのを機に、
またやろう! と急遽決まったものです。
ケルパさんも僕も、その日その時何が起こるのか、
どんな音がどんなビジュアルと絡んでいくのか
現時点では全くわかっていない、予測不能のイベントです。
是非、お友だちを連れて遊びに来て下さい。
そして、この日この時にしかできない体験を共にして下さい。
お待ちしています!^^

181112a.jpg

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
    https://maps.secondlife.com/secondlife/LEA9/66/176/21

2018年11月4日日曜日

【Burn2】完全に燃え尽きました〜また来年集まりましょう!

昨晩の21時から3時間半にわたって行われた
Burn2 ナチュさんキャンプの後夜祭、
30人を越える方々にお越し下さり、とても賑やかな集まりとなり、
ありがとうございました。
誰かも言っていましたが、普段は SIM にいても3人くらいとか
そんなことが多い中で、これだけ人が集まっているのは久しぶりで、
やはりこうやって大勢で騒ぐのは楽しいですね。
まぁ、それだけに出演者の皆さんも大変で、
きららさんは放送中に何度も落ちましたし、
じーなさんは重くてDJブースに辿り着けず、
セルさんは会話が届かないからとブースの手前、
踊っているみんなに混ざりながら回していましたね。
そんな中、曲ごとに合わせて変身するブレさん、すごかったです。w
巨大なドラえもんや巨人になる人も出て来て
後夜祭にふさわしく、RL のハロウィーン以上に混沌となりながら、
最後はるぅさんの素晴らしいピアノで決めて頂きました。
ナチュさんもピアノに合わせて花火をバンバン上げていましたね。

181104a.jpg

こうして一通り音楽プログラムが終わったところで
いよいよナチュさんキャンプの解体式です。
会場に火をつけてバーニングマンよろしく燃やすのですが、
危険なので(本当は衝突判定のあるスクリプトの関係で)、
ステージに上がっているみんなにステージから降りてもらいます。
ナチュさんが、「これから会場をもやします!
会場からおりてくださーぃ。危険です!」と触れて回ります。
ここで考慮すべきでしたが予想していなかった事態が。。。
そう、寝落ちしている人がいたのです。
最終的に2人ステージに残っていたのですが
そのうちの1人は、RLで椅子から落ちて目が覚めて戻りました。w
もう1人は完全に寝落ちで、ナチュさんと僕の2人がかりで
無理矢理押し出してステージから下ろしました。^^;

そしてBGMには僕の曲を流しながら、いよいよ点火!
ステージから煙が上がり、やがてそこに火が点いて、
そのうちにステージ全体が炎に包まれます。
そして——。
ここからは、その時のみなさんの会話があまりにおもしろいので
そのまま貼っておきますね。w
特に個人情報はないと思うのでご容赦!^^;

181104b.jpg

[2018/11/03 08:13] naturalway Flow: お、燃え始めた!
[2018/11/03 08:13] ニセひまのま (qushinada.core): もえた
[2018/11/03 08:13] あおいちゃ (aoi.bing): 後で追いつくから、先に逃げて!(ぉ
[2018/11/03 08:14] 天照まお (mao.amaterasu): 光るプラグ?
[2018/11/03 08:14] Tadao Lytton: なんのフラグだw
[2018/11/03 08:14] naturalway Flow: ますます燃えた!
[2018/11/03 08:14] あおいちゃ (aoi.bing): おほほ
[2018/11/03 08:14] naturalway Flow: 上から見ると、より良いですよー!
[2018/11/03 08:14] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 先に逃げるから、後で追いついて!(ぉ
[2018/11/03 08:14] あおいちゃ (aoi.bing): 赤くなってきたw
[2018/11/03 08:15] brezza Pessoa: これがバーンか
[2018/11/03 08:15] 天照まお (mao.amaterasu): これでは焼き肉は焼けない
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: セルさん、だいぶしちゃダメだよー!
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: ダイブ
[2018/11/03 08:15] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しないしないww
[2018/11/03 08:15] Natulax Stage:
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: ●焦げになるでー
[2018/11/03 08:15] あおいちゃ (aoi.bing): いい、日焼けマシーンだ
[2018/11/03 08:15] ニセひまのま (qushinada.core): これ一瞬で蒸発するヤツや!
[2018/11/03 08:15] 結衣--yui-- (minami.price): セルさん アライグマ燃やしたらあかんよ
[2018/11/03 08:15] 茉莉也 (cerfeuil.falta): アライグマwwwwwwwww
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: だんな、アオイさん こんなこと言ってますがw
[2018/11/03 08:15] らい (rai.qunhua): 何か見てたらハンバーグ食べたくなってきた
[2018/11/03 08:16] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): すでに真っ黒ですが、もっと焦げましょうか?
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 出せないwww
[2018/11/03 08:16] Tadao Lytton: ww
[2018/11/03 08:16] Hiroshi Kumaki: あら、みなみさん、いた。w
[2018/11/03 08:16] あおいちゃ (aoi.bing): ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
[2018/11/03 08:16] Hiroshi Kumaki: こんばんわ〜^^;
[2018/11/03 08:16] Tadao Lytton: よく焼けましたw
[2018/11/03 08:16] naturalway Flow: 俺がつくった会場がぁっぁーーーー燃えた!
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): これだけ熱せられると、輻射熱で
[2018/11/03 08:16] あおいちゃ (aoi.bing): 上手に焼けました!
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): こっちも燃えそうw
[2018/11/03 08:16] 結衣--yui-- (minami.price): ほい、篝さん、飛び込みの用意を
[2018/11/03 08:17] らい (rai.qunhua): けいさんがレーザーで燃やしてる感じ?w
[2018/11/03 08:17] naturalway Flow: セーノ!(まて
[2018/11/03 08:17] 天照まお (mao.amaterasu): キャンプファイアーだぁ
[2018/11/03 08:17] あおいちゃ (aoi.bing): けいちゃんが抑えてる
[2018/11/03 08:17] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): んじゃ、結衣姉さん、オテテツナイデ一緒に飛び込みましょうか
[2018/11/03 08:18] 結衣--yui-- (minami.price): 心中は嫌だ
[2018/11/03 08:18] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): www
[2018/11/03 08:18] naturalway Flow: ロボが燃えてる!

ちょうどこの辺りで上の SS を撮っていたのですが、
撮りながら気づきました。
見えますでしょうか、右手奥の方に何か黒い点が見えるのが?
最初何かと思っていましたが、その上にタグが付いています。
そう! 仕事があるからと中座したしんさんが
仕事が終わって「最後にログアウトした場所」に戻って来たのです!
燃えさかる炎のまっただ中に!
これはヤバイ! と思わず声をかけます。

[2018/11/03 08:18] Hiroshi Kumaki: しんさん、降りて〜
[2018/11/03 08:18] しん なぎー (sin.nagy) の叫び: あちゃあちゃー!!!!
[2018/11/03 08:18] Hiroshi Kumaki: 燃えるよ〜
[2018/11/03 08:18] あおいちゃ (aoi.bing): しんさんがw
[2018/11/03 08:18] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): なにも、こんな大勢の前でふらんでもええやん
[2018/11/03 08:18] 結衣--yui-- (minami.price): 誰か、、いるのか?
[2018/11/03 08:18] Arrshu:アーシュ (arrshu.dagger): 焼きしんさんになっちゃうね(・ω・
[2018/11/03 08:18] しん なぎー (sin.nagy): 焼きカワウソになるとこだったww
[2018/11/03 08:19] よっしー (yossiy.noel): ww
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): かわうそうに・・・
[2018/11/03 08:19] 結衣--yui-- (minami.price): ww
[2018/11/03 08:19] しん なぎー (sin.nagy): 一仕事終えて、戻りましたw
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): おつかれさま
[2018/11/03 08:19] Arrshu:アーシュ (arrshu.dagger): おつかれですよ~
[2018/11/03 08:19] 茉莉也 (cerfeuil.falta): あ・・・・w
[2018/11/03 08:19] naturalway Flow: シンさん、会場にだいぶだーーー!!!
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): おぉぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): ふぁいやー
[2018/11/03 08:20] しん なぎー (sin.nagy): やめなさいww
[2018/11/03 08:20] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): おぉおおぉぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: こっちも燃えてきたーーー!!!
[2018/11/03 08:20] らい (rai.qunhua): おぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] 天照まお (mao.amaterasu): 延焼しとるw
[2018/11/03 08:20] さりー (sariy.andel): 見えない
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: 象sなんお●焦げや
[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): 久しぶりのファイヤーw
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: お!
[2018/11/03 08:20] Shiruviana Relph: 良い感じに燃えている
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: 海洋こげてきた
[2018/11/03 08:20] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): これ消えた跡に、誰かが全裸になってるオチ?

そして燃えた後に炭のようになった会場の部品が
ボロボロと崩れ落ち、或いは吹き飛んで行きます。

181104d.jpg

[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): くずれてきた
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: バラバラ
[2018/11/03 08:20] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 篝さんがwww
[2018/11/03 08:20] よっしー (yossiy.noel): 飛んできたw
[2018/11/03 08:21] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 俺かww
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: kuzureta
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: くずれた
[2018/11/03 08:21] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 崩れた
[2018/11/03 08:21] あおいちゃ (aoi.bing): 後ろのコンテナは、耐えた!
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: とんだ!
[2018/11/03 08:21] しん なぎー (sin.nagy): コントですかwww
[2018/11/03 08:21] ニセひまのま (qushinada.core): ああ、しゃったーちゃんすが
[2018/11/03 08:21] よっしー (yossiy.noel): パニック映画みたいだ
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: 俺のキャンプ、燃えてしまった。。。
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): w
[2018/11/03 08:22] 結衣--yui-- (minami.price): フェニックス?
[2018/11/03 08:22] ニセひまのま (qushinada.core): ぽるこーだいしっぱーい(・ω<)
[2018/11/03 08:22] Tadao Lytton: むしろ、ドリフのコントのエンディングw
 [2018/11/03 08:22] naturalway Flow: シンさん、ダイブ!
[2018/11/03 08:22] naturalway Flow: 燃象になるでー
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): やめろwww
[2018/11/03 08:22] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しんさん、ゴーゴー
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): なぜwwwww
[2018/11/03 08:22] naturalway Flow: ゴーゴー!

最後は柱もロボットも倒壊して、
ステージのプラットフォームも吹き飛んで炭の塊となってしまいます。

181104c.jpg

[2018/11/03 08:22] 天照まお (mao.amaterasu): 備長炭
[2018/11/03 08:23] Hiroshi Kumaki: これで一年暮らせますね>びっちょうたん
[2018/11/03 08:23] naturalway Flow: 今日、神奈川さみぃからちょうど、、(ぇ
[2018/11/03 08:23] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 上手に焼けましたー♫
[2018/11/03 08:23] Hiroshi Kumaki: ナチュさん持って帰る?w
[2018/11/03 08:23] naturalway Flow: やけどする
[2018/11/03 08:23] しん なぎー (sin.nagy): いっぱい炭ができましたwチャンチャンw
[2018/11/03 08:23] 天照まお (mao.amaterasu): うなぎ食べたい
[2018/11/03 08:24] naturalway Flow: くいてー
[2018/11/03 08:24] あおいちゃ (aoi.bing): ウィンナーとベーコンをいっぱい焼こう
[2018/11/03 08:24] よっしー (yossiy.noel): 炭火焼
[2018/11/03 08:24] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しんさん焼きなら、この後販売する予定らしい
[2018/11/03 08:24] しん なぎー (sin.nagy): 88888888888888888
[2018/11/03 08:24] naturalway Flow: お!買う(って、くえるのか
[2018/11/03 08:24] しん なぎー (sin.nagy): ヽ(´Д`;)ノ ヤメテー!!
[2018/11/03 08:24] 結衣--yui-- (minami.price): よみがえれ
[2018/11/03 08:24] らい (rai.qunhua): 炎の中で着替え完了w
[2018/11/03 08:25] 茉莉也 (cerfeuil.falta): wwww
[2018/11/03 08:25] naturalway Flow の叫び: 多分、Burnで1番にぎわいましたー!>皆様、ありがとうございましたー!

というわけで、全てを燃やし尽くして今年の Burn2 の締めとしました。
ナチュさん、5年振りの復活、今回はキャンプ運営のために
本当に忙しく動き回っておられましたが、
やっぱり SL は楽しい! という実感があったようです。
きっとまた何かやってくれることを期待しましょう。w
そして、またみんなで集まりましょう。
敢えてチャット履歴を公開させて頂きましたが、
これだけきゃーきゃー大騒ぎするような機会は
最近なかったように思いますので。
ご来場頂いた皆さん、出演者の皆さん、そしてナチュさん、
楽しいひとときをありがとうございました。
再びこうして集まる機会を楽しみにしています。^^