2022年5月7日土曜日

【新作】 昨年の SL18B の動画が公開されました!

先日、昨年の「なちゅ祭り」の動画が公開されたことをお伝えして
今年も SL19B が近づいてるね、という話を書きましたが、
何と、このタイミングで立て続けに昨年の SL18B の動画が
公開されました!
とってもとっても忙しいと思うのに、しんさんありがとー!><

昨年は、一昨年に続けて、ナチュさん、こじゃさんと組んで
日本人3人連続で SLB の講堂に出演したのでした。
この講堂は、リンデンの役員たちがプレゼンをする場でもあり、
その同じ場所で公演できるというのはなかなか光栄なことであります。

それでは早速その三者三様のステージの動画リンクをば。。。

・ナチュさん
 

・ヒロシ
 

・The Black Stripes
 

もうね、特に自分は即興的にやってることもあって
1年前のことは殆ど忘れてしまってるわけですよ。
で、動画観て思い出した。
そうそう、昨年はヒロコを退けて、全編歌も自分でやってたわけで、
今観ると、いきなり自分のヘタクソな歌で始まってて恥ずかしい。w
とは言え、その後はなかなか哲学的な展開になっていて
二度と同じことはやらないし、
これはこれでおもしろいかなとも思うので、
お楽しみ頂けると幸いです。

例によって、僕の即興的な音楽に合わせて
やはり即興的に応じるケルパさんのライティングが最高!
そして、その瞬間を見事に捉えてるしんさんの撮影も最高!
ケルパさん、しんさん、ホントいつもありがとうございます。
そして、今年の SL19B でもきっと何か一緒にやらかしましょうね!
引き続き、どうぞよろしくお願いします!m(_ _)m

2022年5月5日木曜日

【RL】 学び・志〜本居宣長からバーンスタイン、ハンス・ツィマーへ

FB やツィッターでは触れたのですが、
最近は『万葉集』や『ホツマツタヱ』に取り組んでいたりするので
自分の言語感覚をどっぷり漢字文化に染まったところから
純粋な和語の響きを取り戻すべく、
本居宣長の著作を読んだりしているのですが、
これが現代(いま)に通じる示唆に富んでいてなかなか面白いので
書き抜いてご紹介しておきます。

本居宣長の著作にもいろいろありますが、
学問を志す初学者のために書いた入門書に
『うひ山ふみ』というのがあります。
短いので誰でもすぐに読めると思いますが、
入門書のクセにあまり方法論的なことは書いてない本と言えます。
初学者は、最初に何を読めばいいですか?
どういう風にしたらいいですか? とすぐ方法論を求めるけれども、
と書いたあとにこう記しています。

「いかに初心なればとても、學問にもこゝろざすほどのものは、むげに小兒の心のやうにはあらねば、ほどほどにみづから思ひよれるすぢは必スあるものなり。又面々好むかたと、好まぬ方とも有リ、又生れつきて得たる事と、得ぬ事とも有ル物なるを、好まぬ事得ぬ事をしては、同じやうにつとめても、功を得ることすくなし。又いづれのしなにもせよ、學びやうの次第も一トわたりの理によりて、云々(シカシカ)してよろしと、さして教えんは、やすきことなれども、そのさして教へたるごとくにして、果たしてよきものならんや、又思ひの外にさてはあしき物ならんや、實にはしりがたきことなれば、これもしひては定めがたきわざにて、實はたゞ其人の心まかせにしてよき也。」

簡単にまとめると、初心者と言っても道に志す程の人なら、
誰でも自分はこうしたいというものがあるでしょう、
また、好きなこと嫌いなこと、得意なもの不得意なものもあり、
嫌いなことや不得意なものを同じようにやれといっても
その人にとっては効果を期待できないでしょう。
また、物事を理論的にこういう風にやるといいよ教えたところで、
その人がその通りにやって本当によいものなのかどうか、
或いは悪いものなのか、何とも言うことができない。
従って、やり方、というのは本人がやりたいようにやるしかない、
というのです。
そして、そのあとに、

「一人の生涯の力を以ては、ことごとくは、其奥までは究めがたきわざなれば、其中に主(ムネ)としてよるところを定めて、かならずその奥をきはめつくさんと、はじめより志を高く大にたてゝつとめ學ぶべき也。」

として、更にこの文章の注釈として、

「志を高く大きにたてゝ云々、すべて學問は、はじめよりその心ざしを、高く大きに立テて、その奥を究めつくさずはやまじとかたく思ひまうくべし。此志よわくては、學問すゝみがたく、倦怠(ウミオコタ)るもの也。」

なるほど。
「その奥を究めつくさずはやまじ」——これが大事なのですよね。
わかりやすく言うと、自分の決めたここというのが達成できないでは
食事も睡眠も要らない、その位の譲れないものがあるかどうか、
ということでしょう。
そして、その位の気概があれば、当然「どうしたらいいか」は
自ずと自分で切り開けるということでしょう。

本居宣長が入門書に敢えて方法論を書かずに、
自分の好きなようにやりなさい、と書いたのは、
方法というのは好きであれば見つかるものだからなのでしょう。
ある事をなすのに、一般的な方法というのはないのです。
にも拘わらず私たちは何事につけ「どうしたらいいでしょうか?」と
方法を求めたがるものなのです。

これを読んで思いだしたのが、1990年に指揮者のバーンスタインが
パシフィック・ミュージック・フェスティバルのため来日し、
NHK の番組の中でインタビューに応じていた時のことです。
このあと間もなくバーンスタインは亡くなってしまったので、
「最後のメッセージ」として何度か放映されていると思います。
その時の言葉に、

"It is a profession that you should follow 
only if you are driven to do it."

というのがあります。
「音楽家というのは、自分の内なる何かに駆り立てられることでしか
 実現できない職業なのですよ。」
ということでしょうか。
この "if you are driven to do it" という英語、
本居宣長の「究めつくさずはやまじ」という日本語と
対応しているように僕には感じられるのですね。
本居宣長という江戸時代の、当時からすると古い文献を研究していた
そんな人とバーンスタインという僕らと同時代の音楽家、
時代も職業も異なるのだけれど、道を究めるということ、
自分の天職とは何か、ということについては
時代や国や文化を問わない、普遍の真理があると感じます。

バーンスタインはこのすぐあとで言っています。

"If you even have to ask the question
“Should I be a musician?”, 
then the answer has to be “No”
because you asked the question.
It’s almost like a Zen rule of philosophy.
If you ask the question, the answer is no.
If you want to be a musician, you will be a musician.
And nobody can stop you."

「もしあなたが、『自分は音楽家に向いてるだろうか?』と
 そう質問したならばその答えは決まって『ノー』です。
 何故ならあなたはその質問をしたからです。
 禅問答のようですが、あなたが質問をしたから『ノー』なのです。
 音楽家になりたいなら音楽家になるのです。
 だれもそんなあなたを止めることはできないのです。」

バーンスタインのこれらの言葉はこのインタビューを
テレビで観た時からずっと心の中にあります。
ここには上手いとか下手とか、それで飯食っていけるとかいけないとか
そんな話は一切ありません。
問題なのは自分が音楽家であるかどうか、"be a musician"
ただそれだけなのです。
そこに必要なのは好きで好きでたまらなくて
自分を裡から突き動かす何かのために生きている、
そういう状態でしょう。

それでまた思い出したのが、アメリカの「Keyboard」誌
2015年2月号で、映画「インターステラー」が公開された直後、
音楽を担当したハンス・ツィマーのインタビュー記事での発言です。
(日本では「ジマー」と表記するのが一般的なようですが、
 「Ji」の音ではなくて「Zi」の音でどうも感覚が合わないので
 「ズィマー」と書いてもいいのだけれど、ますます混乱するので
 敢えてドイツ語表記で「ツィマー」と書いておきます。)
このインタビューの最後にこのような会話が交わされています。
(元は英語ですが、ヒロシによる自由訳です。)

     *   *   *

KM: 今はツールがとてもよくなって、価格も安くなって来てますが、ミュージシャンとして生きるということは以前にも増して厳しくなってきています。この問題についてどのようにお考えですか?

HZ: えっと、音楽というものがダウンロードして手に入れたり、ただで配られるものだというような考えはとてもバカバカしいように思うんです。どうも人には理解できないようなのですが、音楽はそれ自体に価値があるものだどいうこと、そして、ミュージシャンの時間もみなさんの時間と同じように1秒1秒過ぎ去っていくものだということをです。ですから、あるミュージシャンが時間をかけて何かを創ったとしたら、それに対してお金が払われるのは当然ですし、そのミュージシャンがごく普通の生活を続けられるようであるべきなのです。こうした音楽活動を支えるべき人々というのはこれまではレコード会社でしたが、レコード会社には最早その力はないのです。そこで、新しいアイデアを大きな規模で試すのを支えてくれるような、最後に残された唯一の場がハリウッドというわけなんです。

KM: その点についてですが、あなたのような仕事を目指す人たち、音楽で生計を立てていきたいと考えている人たちに、何かアドバイスがありますか? ご自身が日頃していることをお伝え頂けませんか?

HZ: 僕がやっていることを全部お伝えするとね、まず朝起きて音楽のことを考えるんだ。そして夜、一日の終わりにも音楽のことを考えるんだ。ではその間の時間は何をしているかって? 音楽を創ってるのさ。
 実際、何年か前に実験したことがあるんだよ。ある時僕は言ったんですよ。「よしみんな、12月20日から1月2日までこのスタジオは閉鎖だ。みんな、クリスマスの休暇を楽しんでくれ」ってね。で、クリスマスの日に僕は家にいて電話の短縮ボタンを押したんだ。するとすぐに誰かがスタジオでその電話を受けてくれたんだよ。そこにいるみんな言うんだよね、「ええ、わかってますが、いいアイデアが浮かんだのでどうしてもこれを試したくって」とか何とかね。それを聞いて笑ってしまったよ。あそこのみんなにとってクリスマスの一番のプレゼントはスタジオに入って音楽を創ることだったわけだからね。本当に好きだからこそ、こういうことを日頃からやってるわけなんだね。僕にとってはこういう生き方こそ悔いのない充実した人生なんですよ。

     *   *   *

最後の部分の元の英語は、
"We do this because we love this. 
And to me, it’s a life really well lived."
です。
本当にみんな言っていることは同じですね。

「志」というと何だかえらく高尚なもののように思えますが、
実はそれは、自分はどう生きるか、どういう存在でありたいのか、
そういう、誰にでも突き付けられた、
自分自身でしか答えられない問いなのかもしれません。

2022年5月4日水曜日

【新作】昨年の「なちゅ祭り」の動画が一斉公開されました!

RL の日本ではゴールデンウィークのお休み、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
その間世界ではいろいろ経済も政治も動いていて
経済と言えば、これからの資本投資はメタバースと NFT だぜ!
というノリで一色ですが、メタバース元祖の SL に暮らす身としては
何につけても今さら感がありますな。。。

と、そんな折、昨年3月に行った「春のなちゅ祭り」の動画が
5点一挙に公開されましたのでお知らせです!
昨年は2日間にわたってこじゃさん、スノさん、こじろーさん、
るぅさん、ナチュさん、きららさん、じなつん、そして自分と
8組が出演してのステージだったのですが(覚えてるかな?)、
このうち DJ のスノさん、こじろーさん、じなつんを除く
5名の動画が YouTube で公開されました! いやぁ、めでたい!

・こじゃさん
 

・るぅさん
 

・ナチュさん
 

・きららさん
 

・ヒロシ
 

いやぁ、なつかしいですね!
1年も経つと、もう自分のものを観ても別人のものなので
おおっ、とか思ってしまうのは性格がオメデタイからですね。w

そんなことを言っているうちに、今年は SL 19歳のお祭りとのこと、
SL19B が 6月16日(木)〜7月5日(火)まで開催されるとて、
締切が5月8日(日)なので、今年も参加するかなぁ、
と思っているところであります。
今年は最近チームを組んでいると言えるナチュさん、こじゃさんが
どうも出演できそうな状況ではありませんので、
演出のケルパさん、撮影のしんさんと組んで
何かできるかなぁ、と思案中なのであります。
まぁ、どうなるかまだわかりませんが。^^;

まずは昨年の自分たちの活動をお楽しみ下さい。
そして今年の夏、秋に向けて何が起こるか
これも楽しみにして頂けると嬉しいです。

それでは、また!

2022年5月1日日曜日

【RL】 ヴァーグナー、ブルックナー、マーラー(3)

先日ある人との会話の中でヴァーグナーの音楽の話が出ました。
それで思い出したのですが、昨年の1月に自分は
マーラーのことをこの日記に書きかけて途中になったままなのでした。
マーラーについて書くと言いながら、話はヴァーグナーに始まり、
映画の「スターウォーズ」の音楽に話は発展し、
そこから再びヴァーグナー、ブルックナーと戻って来て
次から本論のマーラーについて書く、というところで
止まったままになっていたのです。
自分がふっと、一瞬のうちに感じていることを
文字にして人に伝えるとなるとこれがなかなか時間の掛かるもので、
特に自分はマーラーについて書けるほどの知識がないことも相俟って
仕事が忙しくなったところでそのままになっていたのでした。
久しぶりの大型連休となりましたので、
心を落ち着けて一気に続きを書いてケリを付けようと思うのです。
尚、いきなりここから読んでも皆さん訳分からないでしょうから、
前回の記事のリンクを掲げておきます。


     *   *   *

マーラーの音楽について書くに当たって気づいたのは、
自分はあまりマーラーの生涯について詳しくないということでした。
従って、それぞれの曲がどのような状況で作曲されたかは、
CD の解説に載っているほどの知識しかないのです。
そこでマーラーの人生について復習しようと思って思いだしたのが
大学時代に友人と観たケン・ラッセル監督の「マーラー」なのです。

この映画、1974年にカンヌ映画祭で公開されたものなのですが、
日本での公開は 1987年と10年以上も遅かったのです。
恐らく当時の日本でマーラーやブルックナーが流行っていたので
そんなトレンドの中で公開されたものなのでしょう。
友人が誘ってくれたのも正にその時期で、
前に書いたようにその頃はあまりマーラーの音楽には興味なく、
ただ、監督がケン・ラッセルというので
どうも表現がおもしろいのではないかという関心から
観に行くことにしたのではないかと思います。

映画の構成は、アメリカ公演からヨーロッパに戻って来たマーラーが
妻のアルマと共に列車でヴィーンに向かうその中で、
二人の会話からマーラーが来し方を思い出し、
車内での会話シーンと追憶のシーンとを行ったり来たりするもの。
追憶シーンは全体的に——ケン・ラッセルですので!——
ファンタジー的な要素が多くてヤバイ。w
ヴィーンの国立歌劇場の芸術監督になるには
ヴァーグナーの未亡人コジマに認められないといけないのですが、
そのためにユダヤ教徒のマーラーがカトリックに入信、
その後認められるための努力をするシーンは岩山の上を舞台に
ブリュンヒルデのような勇ましい格好のコジマが命令することを
マーラーが1つ1つこなしていくという滑稽なものです。

昨年の1月、この映画のことを思い出して
とっても久しぶりに復習のために観直しました。
今書いた通りファンタジー要素が強いものの
逆にマーラーの生き様の本質をイメージとして伝えている、
そんな印象を改めて持つことができ、大変参考になりました。

さて、この原稿は、ただ音楽として聴いていると長く感じられる
マーラーの音楽が、何故「銀河英雄伝説」のアニメに
ぴったりとハマっているのか、という疑問から始まったのでした。
そこで次に感じたのが、マーラーもヴァーグナーのような
ライトモチーフとして音楽を書いていったのではないか?
ということだったのです。
マーラーの交響曲は「銀河英雄伝説」の本編110話の中だけでも
113箇所で使われていますが、その中でも第3番が
一番多く登場することもあって、この曲を何度も聴き返しましたが、
この曲はシュタインバッハのアッター湖畔という
とても自然に恵まれた場所で書かれたらしく、
恐らくケン・ラッセルの映画でも表現されていたように
この環境の中で目にし耳にした光や音を音楽にしたものなのでしょう。
シュタインバッハにマーラーを訪ねて来たブルーノ・ヴァルターが
この地の自然に驚嘆しているのを見てマーラーが
「もう見るには及ばないよ、あれらは全部曲にしてしまったから」
と冗談を言ったという話が伝わっていますが、
冗談でなく、実際マーラーはそこに存在する全てを音にしたのだと
僕はそのように感じます。
だからだと思うのですが、当初はそれぞれの楽章に
標題が付いていたようなのですが、後に誤解を受けるからと
それらの標題は取り去ってしまったようなのです。
このことからもわかる通り、元来が標題的な音作りなのです。

ここで少し脱線しますが、標題音楽と言えば
同時代の作曲家にリヒャルト・シュトラウスがいて、
シュトラウスの方は有名な器楽曲は「交響詩」と銘打たれていて
「死と変容」や「英雄の生涯」といったものが有名で、
こちらはもう標題を前面に出した音作りになっています。
中でも日本で有名なのが映画「2001年宇宙の旅」で用いられた
「ツァラトゥストラかく語りき」なのですが、
実はマーラーも第3番を作曲するに当たって
ニーチェのこの著作の影響を受けていて、
第4楽章ではその一節が歌で現れます。
マーラーが第3番から標題を消し去ったのは
リヒャルト・シュトラウスと比べられるのを嫌がったからのようですが、
それにしても、シュトラウスの「ツァラトゥストラ」が
ティンパニでダンドンダンドンと力強く始まるのに対し、
マーラーの3番はそのエンディングが、
やはりティンパニでダンドンダンドンと力強く終わるのは、
非常に対照的でおもしろいと思うヒロシなのでした。
(尚、このエンディングのダンドンダンドンの部分は、
 「銀河英雄伝説」の中で何度も使われていますね。^^)

閑話休題。
元来が標題的、と書いてしまったのですが、
マーラーという人はどちらかと言えば歌の人ではなかったか、
と自分は感じるのです。
ちょうど、シューベルトが交響曲を9曲も書いているけれども
やはり歌の人であったように。
歌こそは精神、内面の発露であり、人生の物語そのものである、
そう考えると、その物語を表現することを突き詰めれば
ヴァーグナーが提示したような「楽劇」の方向へと向かわないか?
そしてそれを舞台でなく、「交響曲」という型の中で表現したら?

前に、「交響曲」というのは器楽の最高の形態である、
ということを書いたと思いますが、
その意味でベートーヴェンが第9番で「合唱」を取り入れたのは
交響曲の限界、終わりを意味するとも言われているわけです。
が、マーラーにとっては反対に、「交響曲」に人の声を入れることは
歌曲の最高の形態であると捉えたのではないでしょうか?
実際、番外の「大地の歌」と未完成の10番を含めれば
11の交響曲をマーラーは書いているわけですが、
その半数に当たる5曲が歌入りなわけですし、
「9のジンクスを逃れた」と言われる「大地の歌」に至っては
6つの楽章全部が歌入りで、逆にこれを9番と考えると
そこでベートーヴェンが終わらせた歌なしの交響曲を
全て歌ありの交響曲、いや、交響曲付の歌として完成させた、
そのように僕には感じられるのです。

そのように考えると、そう、マーラーの交響曲には
人の声の入っていないところにも歌に満ちていないでしょうか?
それは、例えばベートーヴェンの交響曲のように
音そのものの変化・変容がおもしろい作品というのとは異なり、
ヴァーグナーのライトモチーフのように
物語に溢れた、音と化した存在たちの交響なのです。
例えば、第3番の交響曲第1楽章の冒頭、
重苦しい金管の主題が続いた後にオーボエとヴァイオリンで現れる
第3主題のなんと可憐で、花のような歌に満ちていること!

・マーラー『交響曲第3番』第1楽章・第3主題
220501a

ここには何とも知れぬ救いがありますよね。

「銀河英雄伝説」での使われ方は、これらのマーラーの音楽が恰も
このアニメのために書かれているかのようにピッタリ来るのは
こうした理由があるからなのだと僕は感じるのです。

                         了


※本文の最後でベートーヴェンの交響曲には物語性がないような感じのことを書いていますが、「銀河英雄伝説」のアニメで帝国側はドイツのイメージで描かれていることもあって、そのドイツ的なものの表現ということでやはりベートーヴェンの交響曲も効果的に使われています。実際、マーラーに次いで交響曲の登場回数が多いのがブルックナーの66回、ショスタコーヴィチの45回、ドヴォルザークの44回に続いて、ベートヴェンの交響曲も42回登場します。何れも僕の好きな作曲家たちで、そんな大好きな曲たちが次から次へと出て来るので、ホントこのアニメは楽しませて頂きました。^^

2022年3月24日木曜日

【RL】 今、1974年の TV ドラマ『日本沈没』を観る!

先日 Amazon Prime で見かけたので観始めたのだ。
1974年というから今からもう50年も前のテレビドラマ
『日本沈没』だ。


当時、前年に公開された映画版と共に、
この小松左京原作の SF は話題になり、
子供だった僕も大変興奮させられたものだ。
そう、当時は映画もドラマもなかなか観ることができず、
雑誌の記事を読んだり、貯めたお小遣いで原作本を買って読んで
——小学生が読むには漢字が多かったし、
主人公の小野寺と玲子のセックスシーンとか意味不明だったが——
これは日本沈没はホントに来るな、と感じたものだった。
その後、中学校になって配られた理科の資料集で
日本列島がが毎年数センチ動いていることを知って
日本列島がなくなるのを自分が実際目にすることがあるのではと
心配したりする始末であったのです。

当時小学生だった僕は今書いたように映画を観に行くことはできず、
福岡で放送されていた日曜日の20:00という時間帯は
我が家では NHK の大河ドラマと決まっていたので、
父親が大河ドラマを観終えて風呂に入ったりすると
すぐチャンネルを変えて、最後の数分間、
予告編とかに何とか間に合うとか、そういう感じでした。
1974年、1975年と言うと大河ドラマも、
『勝海舟』、『元禄太平記』という、
子供の僕が観てもおもしろいのやってましたからね。。。

で、このドラマ、ちゃんと観たのは大人になってから。
DVD とか借りて観始めたのですが、そのうち仕事が忙しくなって
DVD を返却期限内に観切れなくなって、これも途中まで。
というわけで、今回初めて通しで観ることができました。
この度感じたことと、子供の頃感じていたことを合わせて語ると。。。

まず最初に、そうかぁ、もう50年にもなるのかぁ、
というのが第一の感想。
自分にとっては子供の頃ってついこの間のことなのに、
50年て半世紀ですよ!?
自分、そんなに年齢とったんだなぁ、って、今更。。。

実はそれとも関係あるんだけれども、
ドラマの中で、自分は満州で生まれて、或いは結婚して
30年前、命辛々逃げて日本に帰ってきた、という話をする
年寄りやおじさん、おばさんがあちこちに出てくるんですよね。
戦争って勿論僕の生まれる前の話で、
遠い昔の話のように感じていたのだけれど、
このドラマが放送された時点で、当時の大人たちにとっては
ついこの間の出来事だったのですよね。
だからでしょうか、最後の方で東京が地震に襲われ、
火事の中を逃げ惑う人たちを描くシーンのリアルなこと。
これ、きっとドラマを作った人たち自身が
目にした光景なんだろうなって、今改めて感じた次第です。

同じようにゾッとするくらいリアルなのが、
日本の有名な場所や建物が地震や津波で破壊されるシーン。
このドラマ、制作がゴジラやモスラ、ラドンの田中友幸さん、
そして、円谷プロはクレジットされていないけれども、
特殊効果が高野宏一さん、川北紘一さんと
ウルトラマンシリーズなどでお馴染みの面々。
ミニチュアによる特撮がすごいのだけれど、
怪獣の背中にファスナーを探すようなませた子供だった僕は、
如何にもオモチャだなぁ、と当時は感じていたものでした。

ところが!

大人になった僕は阪神淡路大震災、東日本大震災、
そして熊本地震と、大きな地震を経験することになったのです。
中でも東日本大震災の時は、正に建物や車や船が、
オモチャのように津波で流されるのをニュースで見てしまいました。
あの、現実の光景を見た後でこの映画の破壊シーンを見ると、
そのリアルさに戦慄をすら覚えるのです。
そう、あれは作り物ではなかった。
自然の前には、人間が造ったものなど、あんな風に簡単に
壊され、流されてしまうのだと。

今振り返ると、子供の時の僕は、日本の美しい名所、
京都の清水寺や金閣寺といった建物が壊される様子に
悲しさを覚えていたように思います。
私の父は国鉄職員で、日本の各地に出張しては
そのお土産に僕にはその土地の絵はがきを買って来てくれるのでした。
その中でも今でも覚えているのが京都、松島、別府の絵はがきで、
いつかこんな素敵な場所に行ってみたいと思っていたのでした。
そう、そんな素敵な、美しい場所が破壊されるのですから!

大人になって、京都にも仙台にも何度も足を運ぶようになり、
かつて夢見た風景もいつしか馴染みの風景となりました。
そんな今、50年前のドラマを観て思うのは
この風景を失ってはいけない、このドラマで描かれたような
日本人の生き方を失ってはいけない、守らなくてはいけない、
そういう気持ちです。

『日本沈没』は SF です。
SF とはこのドラマの最初に「空想科学ドラマ」と記されるように、
「実際にはあり得ないこと」のように捉えられがちですが、
実はもう、僕が中学の頃から欧米では、SF とは、
「Science Fiction」を越えて「Speculative Fiction」、
即ち、「思弁小説」だと言われていました。
つまり、ある状況に置かれた時に、
人はどのようにそれに対処するのか、をシミュレーションする
そういう小説だ、というのです。

その意味では『日本沈没』は、もし今日本列島がなくなったら
或いはなくなるとわかったら、
僕らはどう振る舞うのだろう、どう生きていくのだろう、
という問いを投げかけてくれているように思います。
映画版では、主人公は藤岡弘といしだあゆみという
いかにもアクション主体の作りになっていましたが、
テレビドラマ版では村野武憲、由美かおるの組み合わせが
どちらかというと青春ドラマであり、またホームドラマでした。
そこでは、こういう事態になった時、
あなたは愛する人を守れるか、愛する人のために何ができるか
それを問うていたように思います。

このドラマを観ながら、僕は東日本大震災の11年目を迎えました。
あれから、この国は、国民を守れるような体制を築けたでしょうか?
確かに、少しはよくなったかもしれません。
しかし、未だに自分の生活していた町に戻れない
そんな人たちが多数いるのもまた事実です。
とは言え、国や自治体でできるのことに限りがあるんもまた事実です。
今、50年前のこのドラマを観て改めて感じさせられるのは、
この災害の多い国に生まれ、生きていく中で、
結局私たち一人一人が、自分の愛する人たちのために何ができるか、
そのことを問い続けなさい、ということなのかもしれない
ということなのです。

2022年3月22日火曜日

【重要】新しい YMB のグループ

大変ご無沙汰しております、ヒロシです。
やぁ、こないだの YMB SIM のお別れイベントをやったあと、
実は RL で七回忌だの、確定申告だのと個人的なイベントが続いて
全く SL に集中できなかったのです。
自分の気持ちとしては、winds 隊長が去った今、
こないだのさよならイベントみたいなことをやれて
よし、また YMB の活動を再開するぞ〜、って
そんな気持ちになっていたにも拘わらず、です。

そんなこんなの個人的イベントが過ぎ去ったので、
久しぶりに皆さんにいろいろとお伝えしたいと
この日記を書いている次第です。

まず、タイトル通りなのですが、
これまで YMB の細々とした事務的なことは
殆どが winds 隊長が仕切っていたので、
winds 隊長が SL を去った今、これまでのグループで活動をすることは
とても難しくなってしまいました。
ある方に伺ったのですが、
グループを引き継ぐことはできるものの、
何か一つ変更する度にサポートチケットを切らないといけないらしく、
それではグループとして迅速な動きができません。
そこで、皆さんには大変な手間をかけると思ったものの
私がオーナーの新しいグループを作成しました。
その名も!

New Yokohama Marching Band
UUID: fd75244b-7515-a9ed-0fe4-2eef796c6584

って、まんまやん。www
「New」って付けてる割には全く新しい感がない。。。^^;
んですけど、まぁ、わかりやすでしょ!(開き直り

というわけで、新しいグループを作って、
メンバーの皆さんにはこれまでよりも充実した権限を付与しますので
是非是非新しいグループに移って頂きたく、お願いします。m(_ _)m
既に2019年以降にログイン実績がある方には招待を送ってますが、
多分、オンラインしてる時に受け取らないと参加できないかもなので
受け取り損なったかたは、私かあおいちゃかなださんを見つけて
「招待送って下さ〜い!」と IM でお知らせ下さい。

2011年以降、私自身も winds 隊長も忙しくなってしまって
なかなか二人のスケジュールが合わないことで
YMB のイベントも年末の第九だけになってしまいましたが、
これからは私のスケジュールだけ調整すれば何とかなりますので
もっともっとイベントの機会を増やせると思っています。
私自身、winds 隊長の精神を受け継いで元気なマーチを
皆さんにお届けしたいと考えておりますので、
是非、これからも YMB の活動にご支援頂くと共に、
新しいグループへのご参加をお願いします。

また皆さんと楽しいひとときを過ごせればと願っています。
今後とも何卒よろしくお願いします。m(_ _)m

2022年2月19日土曜日

さようなら YMB SIM!〜たくさんの思い出をありがとう!

 さようなら YMB001 SIM のイベントから1週間が経とうとしています。
イベントにはホントたくさんの方々に来て頂いて感謝しています。
僕自身はもうあのイベントで燃え尽きてしまって、
その後 SL にインしない日が続いていました。
まぁ、SIM が消えてそこにあった僕の持ち物が消えても
これから新しいスタートを迎えるのだから
それもまぁいいかな、とか思いながら。。。

そしたら!
昨日!
急展開です!

実は YMB001 SIM のオーナーが winds さんから
リンデンに変わっているのは知っていたのです。
なので、SIM 消滅というのがいつ来てもおかしくないな、と
そう思いながらの先日のイベントだったのですが。。。

昨日、そのリンデンからこの SIM をあのえりぽんさんが買ったらしい。
その時現場にいたあおいちゃんによると、再起動がかかって
戻ってみたら SIM の名前が SAC に変わり、
オーナーもえりぽんさんになっていたと。
あのえりぽんさんが購入されたということで、
きっとまたステキな SIM になっていくのだろうな、と思いつつも
ということは片付けしないとだ〜、ということで、
急遽自分のオブジェクト一切合財片付けました。

220219a

SS は片付けたあと、SIM の北西にあった僕の家の玄関あたり。
な〜んもなくなっちゃいました。^^;
そしてあおいちゃんの土地のあった南の方に目をやると
そちらもほぼ何もなくなってましたね。

220219b

思い返せば、SIM がなくなって退去するのはこれで3回目かな。
最初はスタートラッカー、二度目はシルクロード、
そしてこの YMB SIM が三回目になります。
が、上の SS にあるようにオブジェクトを撤去して
何にもなくなった自分の土地を見つめながら思い出していたのは、
一番最初に土地を借りた、MagSL の Toshima-ku を
引き払った時のことでした。
あの Toshima-ku の時は、借りていたのはわずか3ヶ月程度
だったのに、その中で濃密な経験をいっぱいしたんですよね。
そしてこの YMB SIM は一番長くて12年。
たった3ヶ月ですら濃い経験をする SL にあって
この12年の思い出はそれはそれはたくさんあります。
その楽しい思い出を胸に、新しい明日に向かってスタートです。
僕自身も、YMB もです。
そして、この何もない雪の積もる土地に別れを告げるのです。
12年間ありがとう、大変お世話になりました、と。

2022年2月14日月曜日

【イベント】 YMB SIM さよならイベントありがとうございました!

昨晩の YMB001 SIM さよならイベントには
予想以上に多くの方々にお越し頂き、ありがとうございました!
パレードの時には皆さんパレードに沿って一緒に歩いて頂いたり
その中に懐かしい方々のお顔を拝見したりで
本当に嬉しく思いました。
バンドのメンバーにとっても、ご来場頂いた皆さんにとっても
楽しい思い出となれば本当によかったと思います。

そんな、約2時間に及ぶイベントでしたが、
RL の用事で行けない! 残念! とおっしゃって下さる方もいて、
そんな方の為にも簡単に昨日の振り返りをば。。。

220214a

まず、第一部のパレードは、コンサート会場となっている
YMB001 SIM 南東の広場の前を南北に走る道路からスタート。
初めてパレードを見る方は、音はどこから出るんだろう?
土地の音楽かな? なんて会話が聞こえて来ます。
しか〜し! パレードというのは近づいては遠ざかって行くもの。
土地の音楽ではその雰囲気が感じられません。
正解は、DM(ドラムメジャー)を勤めるあおいちゃんの頭から!
でした。w
なので、パレードから離れると、音楽が聞こえなくなるのですよ。

パレードには YMB のメンバーはそれぞれ担当楽器を演奏、
これに加えて飛び入りの一般の方々も思い思いの楽器で参加します。
ところで、このパレードを先導するパレードカー、
僕が運転してましたが、これが結構大変なのですよ。
まず、放っておくとパレードカーが宙に浮いてしまうので、
これを地面に押しつける操作をしながら
前後左右にハンドルを切ります。
そう! 常に両手が塞がっているのです。
なので、運転中は殆ど僕が発言することはなく、
発言している時はパレードカーが停まっている、
そんな感じなのです。www 皆さん気づかれたかな?w

更に! 前しか見えないので、カーブを曲がる時など
後ろの人たちがどんな状態なのか全くわかりません。w
一番後ろの人がどの辺りにいるか想像しながらハンドルを切ります。
パレードは直線で動くので、もしかして誰かが街灯にぶつかったり?
そんな事態も考えて、
実は一番後ろにはベテランのなださんを配置しているのです。
なださんが全体を見ながら「OK」とか「イテッ!」とか
「引っ掛かってる」とか合図してくれるのです。
これが本当に助かるのです。

220214b

そんなパレードを30分ちょっとで YMB SIM を一周したら、
そのあとは野外ステージでのコンサートです。
一曲目は、今回 SIM がなくなるという衝撃に
ベートーヴェンの『交響曲第5番』、所謂「運命」でスタート!
そのあと弦楽器の入るマーチの曲を中心に演奏しました。
曲は、みんながよく知っている有名なものを中心に選びましたが、
途中、僕のオリジナルの曲も2曲だけ演らせて戴きました。
そう、実は僕のオリジナル曲には
オーケストラものがいくつかあって、実は昨年アルバムを出しましたが、
このあとそうした曲も YMB 名義でアルバムを出そうと
考えている矢先だったんですよ。
これ、必ず出しますのでね、出たら記念に買って頂けると
大変嬉しく思います。

パレードの最中、そしてコンサートの演奏中、
楽しい会話がずっと続いていましたね。
最後の挨拶でも言いましたが、YMB SIM とのお別れではあるけれど、
これが新しい活動に向けてのスタート、新しい出会いの場となればと
そう願っています。
急に企画したイベントでしたので、僕自身回っていなくて
いろいろ至らないところもあったかもしれませんが、
たくさんの方々に来て頂いて、楽しんで頂いて
やってよかったと本当に思っています。
ログインできず、参加できなかった winds 隊長にも
昨日のことはお伝えすると共に、
バンドのメンバーとはこのあとの活動をどうするか
相談させて戴きますのでよろしくお願いします。
久しぶりにバンドで演奏した邪払さんは
早速今年のセカフェスでやろう! と仰ってますが。w

そう、その邪払さんが昨日はパレードやオケをやりながら
イベントの模様を中継して下さり、アーカイブとして
公開して下さいました。
昨晩いらした方もいらっしゃれなかった方も
是非こちらで昨晩の雰囲気を楽しんで頂ければと思います。
この日記に貼っている写真もその邪払さんの映像からです。
邪払さん、ありがとう!


というわけで、昨晩の YMB SIM さよならイベント、
無事終了致しました。
またどこかでこうして集まれる日を願いながら、
YMB に関わった全ての方に御礼申し上げます。
ホントに、ホントにありがとうございました!

■横浜マーチングバンドさよなら(?)コンサート
・日時:2022年2月13日(日)21:00〜22:50
・会場:YMB パーク特設ステージ

<第一部:パレード(YMB001 SIM を一周)>
・音楽:winds Seiling
・演奏:
    DM: aoi Bing
    Tp: Jabara Jennings
    Tb: minami Price
    Sax: denden Toshi
    Pic: youtasan Tokyoska
    SD: Kerupa Flow
    BD: Sergeant Silentghost
    Sz: Nada Dryke
    運転:Hiroshi Kumaki

<第二部:コンサート>
・音楽:
    1. ベートーヴェン『交響曲第5番』から第1楽章
    2. J・ウィリアムズ「スターウォーズ」からメインタイトル
    3. B・グレー「サンダーバード」
    4. 宮川泰「宇宙戦艦ヤマト」
    5. Hiroshi Kumaki「流れよわが涙、と警官は言った」
    6. Hiroshi Kumaki「Let Love Ring」
    7. エルガー「威風堂々」第1番
    8. J・シュトラウス1世「ラデツキー行進曲」
    9. 外山雄三「管弦楽のためのラプソディー」から八木節
・演奏:
    Fl: aoi Bing
    Ob: denden Toshi
    Hr: Jabara Jennings
    Tp: youtasan Tokyoska
    Tb: Nada Dryke
    Vn: minami Price, Sergeant Silentghost
    Va: syhee Yoshikawa
    Cb: Kerupa Flow
    指揮:Hiroshi Kumaki

2022年2月13日日曜日

【イベント】 このあと21:00より「横浜マーチングバンドさよなら(?)コンサート」お見逃しなく!」

恐らく最後の告知になります。
急な案内ですのでお気づきになられていない方も
結構いらんしゃるんじゃないかと思っています。

本日2月13日(日)21:00より YMB001 SIM 南東の広場で
YMB001 SIM のお別れイベントを開催します。
winds 隊長や私自身の RL での事情から
YMB のイベントが殆ど年に一度になってから久しいですが、
今晩は YMB001 SIM を一周するパレードと
野外ステージでのコンサートを行います。

YMB001 SIM が SL に生まれたのは2010年1月17日頃のようです。
winds 隊長が書いた不動産の約款の日付がそうなっているのと、
僕自身が SIM が来た! という記事を1月18日に書いてます。
その後、SIM の景観を整える工事が始まり、
3月にオープニングイベントを行っています。
3月20日に DJ のナビさんによる前夜祭、
そして21日に20:30〜25:00くらいまで、
4時間を越える音楽イベントを行いました。
僕のブログを2010年3月から遡って見て頂けると、
SIM が来てからイベントまでの歩みを辿れると思います。


今これらの記事を見返すと、書いてる時間が朝の3時とか4時とか。
もの作りしたり、作業が楽しくて、それが終わってから
一気に日記を書いているんですよね。
今はそんなパワーないわぁ。w

そんな日々を送っていたのが今からちょうど12年前。
干支で言うと一周りしたということでこの SIM も役目を終えた、
そんな風にも感じています。
仲間が集まれる場所がまた一つなくなることは淋しいことですが、
それもまた新しい変化、新しい時代に向けての動きと捉え、
今晩のイベントを楽しいひとときとしたいと考えています。
是非お知り合いの方にもお越えかけ頂き、
多くの皆さんとこの SIM の最後の思い出を作れれば、
そう願っております。
会場でお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いします。

■横浜マーチングバンドさよなら(?)コンサート
 YMBFarewellLive

・日時:2022年2月13日(日)21:00〜(終演未定)
・会場:YMB パーク特設ステージ
・プログラム:
       第一部:パレード(YMB001 SIM を一周)
       第二部:コンサート
           ベートーヴェン『交響曲第5番』
           エルガー「威風堂々」
                     ほか

2022年2月10日木曜日

【イベント】 2月13日(日)21:00、YMB SIM のさよならイベントを行います!><

突然の、悲しいお知らせです。
我等が横浜マーチングバンドのホームでもある
YMB001 SIM が近々消滅することがほぼ決定的になりました。><

元々は、以前 YMB メンバーが住んでいた SIM が消えることになり、
その住民の皆さんへの一時的な救済措置として
winds Seiling 隊長が始めたのが YMB001 SIM のはじまりでした。
なので、スタートした当初から、前の SIM にいたみんなが
次に住む場所が決まったら閉鎖する、という話はしていたのです。
それからもう10年以上が経過して、
もうとっくにその役目は終えているのですけれどね。。。

でも、その10年以上。。。実は12年だそうです。。。の間に
YMB001 SIM はいろんなイベントの会場となり、
そこで多くの人たちとの出会いがあり、思い出があり、
いよいよなくなるとなるとここで出会った皆さんの面影や
思い出が走馬灯のように蘇って参ります。
YMB のパレードやステージドリルなどのイベントはもちろん、
最近ではナチュさん企画の春のイベントや
まささんの「暁」とのコラボやら
或いは東日本大震災のあとのやすたかさんによる心安まるライブなど
ここに来て下さったミュージシャンや DJ やお客さん、
みんなにありがと〜〜、って感謝の気持ちでいっぱいです。
winds 隊長も楽しい、幸せな時間をありがとう、
みんなにそう伝えてね、と言っていました。

そこで、そんなみなさんに感謝の気持ちを込めて、
急遽 YMB001 SIM 最後のイベントを企画致しました。
2月13日、今度の日曜日、21:00から
YMB001 SIM を一周するパレードとステージでのコンサートです。
パレードもコンサートも、YMB メンバーでない皆さんも
飛び入りでご参加頂いて一緒にワイワイ盛り上がれればと
メンバー一同そのように考えております。
是非お友だちとお誘い合わせてお越し頂けると嬉しいです。

当日会場でお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします!m(_ _)m

■横浜マーチングバンドさよなら(?)コンサート
 YMBFarewellLive

・日時:2022年2月13日(日)21:00〜(終演未定)
・会場:YMB パーク特設ステージ
・プログラム:
       第一部:パレード(YMB001 SIM を一周)
       第二部:コンサート
           ベートーヴェン『交響曲第5番』
           エルガー「威風堂々」
                     ほか

2022年1月3日月曜日

【RL】『ホツマツタヱ』に見る平和を願う日本人の心

お正月なので日本人らしい話題を一つ。

「和(やわらぎ)を以て貴しと為」すという言葉は
日本で教育を受けた方ならどなたもご存じでしょう。
聖徳太子厩戸皇子が編纂したとされる「十七条の憲法」の冒頭、
第一条に書かれている言葉です。
このことから太子がどのような国の建設を目指していたかが
よくわかるというものです。

ところがこれを表現したのは実は太子が初めてというわけでなく、
太子よりもずっと前の時代にアマテルカミが語ったことが
『ホツマツタヱ』に記されているのです。

『ホツマツタヱ』によると、「ハタレの乱」というものが
日本の各地で起きたというのですが、
これは所謂「倭の大乱」のことかと私は想像しています。
アマテルカミの政権から見れば主に6つの部族が
暴動を起こして民を恐怖に陥れている、というわけで、
何としてもこの乱を鎮めなければならないわけです。
主立った者達が集められた閣議でその対策が話し合われたわけですが、
主戦派のタケミカヅチが、「こんなやつらは力でねじ伏せましょう」
といきり立つのを、アマテルカミは「ハタレというのは悩みがあって
心が拗けてしまった人たちなのだ、その悩みを除いてやれば
彼等も矛を収めるのではないか」と周りに諮ります。
すると知恵者の「カナサキ」が答えるのです。
「タタヤワラキオ テタテナリ(ただ和を手立てなり)」
この答えを聞いてアマテルカミは大変満足されたというのです。

それでそのあとこれら6つのハタレたちを鎮めた方法が面白い。
それぞれの戦に向かうのにアマテルカミは武器を授けるのですが、
その武器というのが。。。

まず、シムミチというハタレと戦うのに、アマテルがカナサキに
渡したのは何と「カダスス」という楽器なのですね。
これは柿の木か何かで出来た板をススキの茎で叩いて音を出す、
そんな楽器みたいなのですが(でんでん太鼓みたいなもの?)、
この楽器の音色で相手を治めてしまったんですね。
この楽器については別の場所で説明があって

「クズノハオ カダカキトウツ
 ヰスコトハ ヰクラムワタオ
 ネオワケテ ワノアワウタオ
 ヲシユレハ コトノネトホル
 イスキウチ」

というのですが、「ヰクラ」というのは人間を構成するもので
目に見えないもの、つまり、魂とか精神とか霊とかいった類のもの、
「ムワタ」は内蔵のことですので、つまり人の身体にも精神にも
その楽器の音が響き渡って満たされるというのです。
心の荒んだ人たちを力で捻じ伏せるのではなく、
その心と体を癒すことで鎮めたというのはスゴい話ですね。

この他にも、歌や法螺貝の音を使ったり、
或いは山の神の好む「オコゼ」や、「太曲餅」、
キツネの神の好む「油揚げ」といったどれも武器らしくない武器で
6つのハタレを治めていく話は実に痛快です。

『ホツマツタヱ』は偽書と言われていますし、
あくまえも言い伝えに過ぎない、と言えばそれまでなのですが、
こうした言い伝えには何某かの真実が含まれているものです。
こうした伝説の時代から続く平和主義を現代に生きる私たちも
守り続け、伝え続けていかなければならない。
そんなことをこの正月に思ったヒロシでした。^^

P.S. このハタレの乱の物語は大変おもしろいので
いつか全文を訳してみようと思っていますが、
それはまた何れかの機会に。^^;

2022年1月1日土曜日

新年あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
新しい年2022年が皆様にとってよい一年となりますよう祈念致します。

220101a

さて、まずは大晦日の昨晩、YMB の第九コンサートにお越し頂いた
皆様に感謝御礼申し上げます。
winds 隊長も僕も RL の用事が立て込んでいて
なかなか以前のようにイベントを行えなくなっている YMB ですが、
それでも年末のこのコンサートだけは毎年続けています。
そんな貴重な機会に年末のお忙しい中お越し頂いたことに
隊長以下、隊員一同大変ありがたく御礼申し上げます。

ご都合でいらっしゃれなかった方のために簡単に報告すると
昨日はベートーヴェンに第九に続いて「蛍の光」を演奏したあと、
日本では「新春の第九」とも呼ばれる
ドヴォルザークの交響曲第九番の第4楽章を演奏させて戴きました。
そう、新しい年2022年こそは昨年や一昨年と異なる
「新世界」が拓けることを願っての選曲です。
皆様にとりまして新しい一年がステキなものになりますよう。^^

演奏会が終わって一寝入りしたあとは RL で初日の出を見て来ました。
上の写真はその時撮ったものです。
そして SL ではその後例年通り足湯に訪れ。。。
今年は猿丸大明神とかいうアヤシげな神社になってましたが、
そこにお参りしたあと、信心が足りぬと調伏されました。w

220101b

何はともあれ、新しい年が始まりました。
本当に、今年こそはこれまでの閉塞した状況から脱け出て
明るい一年となることを願っています。
改めて、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m