2018年7月16日月曜日

Ustream ライブの映像を YouTube で公開しました!

先日7月8日の Ustream ライブ「Top 10 Favorites on SoundCloud」
たくさんの人に SL 会場に駆けつけて頂いたり
Ustream で視聴頂いたりしてありがとうございました。
その時に Ustream で配信された映像の録画を編集して
YouTube にアップしましたので、ご来場頂いた方も
そして時間が合わなくていらっしゃれなかった方も
是非ご覧頂けると嬉しいです。

元々僕の曲は6分くらいのものが多いのですが、
今回たった10曲ちょっとやるのに
実際の現場では1時間45分くらいかかってました。
SL の操作の裏側ではいつもバタバタな状況でアバター君は棒立ち、
会場のみんなも辛抱強く待ってくれていたりしますが、
無駄なシーンをカットして1時間半くらいにまとめてありますので
作品として楽しめるのではと思っています。
尤も、会場にいた人や Ustream で観ていた皆さんは
あれ〜、あの笑えるシーンがカットされてる〜、と
残念に思う方もいらっしゃるかもしれません。^^;

ライブ中にナチュさんへの業務連絡で
もっと SoundCloud の曲を聴くように、なんて言ってますが、
こちらの YouTube もたくさん観て頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。^^

2018年7月9日月曜日

Ustream ライブ「Top 10 Favorites on Sound Cloud」ありがとうございました!

昨晩 SL 会場でのライブを Ustream で世界に配信する
「Top 10 Favorites on SoundCloud」を行いましたが、
SL会場も Ustream も盛り上げて頂いてありがとうございました。
僕の Ustream のチャンネルは
あんまり真面目に放送してなかったこともあって
確か昨日の放送前は合計視聴者数が500台だと思ったんですが、
今見ると616となっているので、少なくとも20人以上は
昨晩の放送を見て下さっていたようです。
あまり宣伝してなかった割に意外と多いな、と思いました。^^;

昨晩の放送は録画してありますので、
リアルタイムでご覧になれなかった方、是非見てみて下さい。
今月一杯は見られるはずですので。

http://www.ustream.tv/recorded/116002568

それからこの動画は一つの記録として、
編集した上で僕の YouTube のページで公開するつもりでいます。
いつになるかはわかりませんが、出来たところでお知らせしますね。

そして!
気になる SoundCloud の順位は以下の通りでした。
皆さんお気に入りの曲は入っていましたでしょうか?
それにしても、第1位の「メロディ」はぶっちぎりのダントツで、
2位の「Opus M1」の4倍近い再生回数なのでした。
この SoundCloud に上げてある曲たちも一度整理して、
また新しいものを上げていく予定です。
たくさん聴いて頂いた曲は残していくつもりですので、
こちらの方も是非是非たくさん聴いてみて下さい。
よろしくお願いします。

https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki

それでは、改めまして、
昨晩 SL 会場と Ustream で盛り上げて頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
今月中に Ustream 企画の第二弾も予定していますので、
これからもどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

■Hiroshi Kumaki Ustream Live "Top 10 Favorites on SoundCloud"
・日時:2018年7月8日(日)22:00〜23:40
・会場:YMB スカイステージ
・曲目:
    オープニング:Make the Miracle Happen
    第10位:Winter
    第9位:Time to Love (Nest of Dragon Mix)
    第8位:大クマクマ音頭(オリジナル版)
    第7位:タージマハール(英語版)
    第6位:DAICHI
    第5位:Introduction(The Beyonds カバー)
    第4位:Let's Burn Down the SIM
    第3位:『熊本組曲』より
        V. 五木の子守歌〜I. 阿蘇
    第2位:Opus M1
    第1位:メロディ
    エンディング:ONE(2コーラスバージョン)

2018年7月8日日曜日

【ライブ】リハ終了〜このあと22:00より Ustream ライブ「Top 10 Favorites on SoundCloud」やります!

予告していた通り、このあと22:00より、SL でのライブイベントを
Ustream で同時中継で放送します。
元々は Ustream の無料サービスが今月一杯で終わるとのことで、
ちょうど SL に生まれて来てから11年を迎えるということで
急に思い立って企画したものです。

とは言え、SL から Ustream での配信なんて
もう何年もやってませんでしたので、今日は16:10くらいから
約一時間、実際に会場の準備をしながら音出し、映像の配信と
リハーサルをやっていました。
Twitter でリハの告知をしたこともあって
Kumashon のひろしさんが暫く見学されていました。
一通り何をどうするとどうなるかはわかったので、
あとはいよいよ本番です。

180708a.jpg

そう、本番は何が起こるかわかりませんよ。
そして皆さんのお気に入りの曲がベスト10に入っているかどうか!
SL 会場でも PCから Ustream でも
どちらでも遊びにいらして頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。^^

180702a.jpg

■Hiroshi Kumaki Ustream Live "Top 10 Favorites on SoundCloud"
・日時:2018年7月8日(日)22:00〜23:30
・会場:YMB スカイステージ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/59/247/22
    ※SLURLの場所に青いPolice Boxが置いてあります。
     ドアをタッチして中にお入り下さい。
・Ustream チャンネル URL:
    http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life
・SoundCloud URL:
    https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki
・対象曲:
     1. DAICHI
     2. ONE(オリジナル版・R&Y版)
     3. セカンドライフのテーマ
     4. Make the Miracle Happen
     5. シルクロード
     6. Call for Peace
     7. Time to Love
     8. 大クマクマ音頭(オリジナル版・螺旋版)
     9. メロディ
     11. Winter
     12. タージマハール(日本語版・英語版)
     13. Sunrise(ヒロシ版・ヒロコ版)
     14. Opus M1
     15. 越天楽
     16. (Let's) Burn Down the SIM
     17. 熊本組曲(全6曲)
     18. Children's Play
     19. Leonardo Dance
     20. Pico Pico Music
     21. Silent Night: A Pray
     22. ALMA Sessions(全2曲)
     23. 量子のダンス
     24. You Are a Ray
     25. Journey to a Crystal World
     26. 天地開闢の歌

2018年7月4日水曜日

【SL15B】SL15B でのライブ映像が公開されました!

去る6月21日(木)に SL15B のメインステージで行われた
Hiroshi Kumaki ライブ「Journey to a Crystal World」の映像が
YouTube で公開されましたのでお知らせします。

撮影はいつも僕のライブを撮ってくれているしんさんで、
今回もケルパさんがステージを担当してくれまして、
これ、当日は全く余裕なくて気づかなかったのですが、
まぁ、ホント見事に僕の音に合わせてくれてて
我ながら感動もののステージングでしたよ。w

いや、実際、僕もケルパさんも映像見るまでは
何が写ってるんだろう? とヒヤヒヤでしたが、
思った以上に素晴らしい映像に仕上がっていますので
当日いらっしゃれなかった方は勿論、
いらして頂いた方も是非是非ご覧になって下さいね!^^

業務連絡 > しんさん、ケルパさん、ホントありがとね。m(_ _)m

2018年7月2日月曜日

【ライブ】7/8(日)22:00よりHiroshi Kumaki Ustream Live "Top 10 Favorites on SoundCloud" やります!

タイトル通りです。
僕のRLの誕生日は7月6日ですが、その2日後の日曜日、
7月8日の22:00より、YMB スカイステージでライブをやります。
これは Ustream でも同時中継しますので、
SL にインできない方も Web からお楽しみ頂けると嬉しいです。

SL を始めて11年ということもあって、
これまでにたくさんの曲を作ってライブをやってきました。
その中には、この曲は Hiroshi Kumaki を代表する曲なので、
或いはその時の僕の関心が最も向いている事柄をテーマにしてるので、
是非多くの人に知ってもらいたい、そんな願いもあって
一部の曲を SoundCloud にアップしてきました。
つまり、ここに上がっているのは僕にとっては大事な曲ばかり。
でも、みんなにとってはどうなんだろう?
そう、僕にとって大事な曲の中から、
みんなのお気に入りとなった曲ベスト10を
次々に演っちゃおうじゃない、というのが今回の企画です。
因みにどんな曲たちか、というのは、この日記の一番下にあります。

僕がリクエストを受け付けるのはこの11年で多分二度目くらいです。
もし、この曲を絶対やってほしい! というのがありましたら、
日曜日のお昼くらいまでにその曲をいっぱい聴いて下さいね。w
現在の順位である程度どの曲をやるか心づもりはあるのですが、
この順位が入れ替わったり、どんでん返しがあるとおもしろいな〜、
なんて勝手に想像してます。w
みなさんもいろいろ想像して楽しみながら、
SL 会場に、或いは Ustream でご参加下さい。
お待ちしています!^^

180702a.jpg

■Hiroshi Kumaki Ustream Live "Top 10 Favorites on SoundCloud"
・日時:2018年7月8日(日)22:00〜23:30
・会場:YMB スカイステージ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/59/247/22
    ※SLURLの場所に青いPolice Boxが置いてあります。
     ドアをタッチして中にお入り下さい。
・Ustream チャンネル URL:
    http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life
・SoundCloud URL:
    https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki
・対象曲:
     1. DAICHI
     2. ONE(オリジナル版・R&Y版)
     3. セカンドライフのテーマ
     4. Make the Miracle Happen
     5. シルクロード
     6. Call for Peace
     7. Time to Love
     8. 大クマクマ音頭(オリジナル版・螺旋版)
     9. メロディ
     11. Winter
     12. タージマハール(日本語版・英語版)
     13. Sunrise(ヒロシ版・ヒロコ版)
     14. Opus M1
     15. 越天楽
     16. (Let's) Burn Down the SIM
     17. 熊本組曲(全6曲)
     18. Children's Play
     19. Leonardo Dance
     20. Pico Pico Music
     21. Silent Night: A Pray
     22. ALMA Sessions(全2曲)
     23. 量子のダンス
     24. You Are a Ray
     25. Journey to a Crystal World
     26. 天地開闢の歌

2018年7月1日日曜日

【ライブ】Ustream で Hiroshi Kumaki Favorites Top 10 やります!

先日、Ustream のフリーのサービスがこの7月で終わること、
そして自分はアカウントの更新はしないことを書きました。
Ustream が始まった頃 SL の映像を配信していた人間としては、
その最後の配信をしたいと考えていました。
最近は、しんさんが素晴らしい映像で中継や録画をしてくれるので
僕自身はずっと SL の映像を配信するのはサボってましたけどね。

そして、7月と言えば、実は僕の RL と SL 両方の誕生月なのです。
なので毎年この月は2回おめでとうを言ってもらえて
誠に幸せなヒロシなのであります。
そこで、誕生日にかこつけて、7月中に2回、
Ustream でのライブ配信をやって有終の美を飾ろう、
そんな企画を進行中です。

まず第一弾は、来週の日曜日、7/8 に SL ライブを行います。
場所は、多分 YMB001 の練習場と言われているスカイステージで、
最後に相応しく、曲目は現在僕の SoundCloud ページに上がっている
37曲の中から再生回数が最も多い10曲をやる予定です。
なので、どうしてもこの曲をやってほしい、というのがある方は、
この1週間、その曲をいっぱい聴いてあげて下さいね。w
(ある方はある曲をやれと言いそうですが、
 その曲は今ギリギリ10位なのでどうなるかわかりませんよ〜。)
僕の SoundCloud のページはこちらになります。

https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki

また、Ustream のチャンネルはこちら。

http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life

詳しい日時や会場、ポスターなど決まったらまたここにアップします。
是非チェックしてて下さいね。^^

2018年6月25日月曜日

【RL&SL】さよなら Ustream

6月に入ってから僕のところに IBM から届いたメールの一部です。

「Come August 1st, 2018, IBM Cloud Video (formerly Ustream)
  will be sunsetting ad supported free streaming.

 As part of this change, your ad supported free account will
 no longer be able to broadcast or have viewers watch your
 content....」

(2018年8月1日を以て、IBM クラウド・ビデオ(旧 Ustream)は
 広告収入による無料のストリーミングサービスを終了します。
 この変更に伴い、お客様の無料アカウントでは、
 今後放送ができなくなり、また視聴者の方もお客様のコンテンツを
 見ることができなくなります……。)

そう。もう随分前に動画配信サービスの Ustream は IBM 傘下になり、
そしていよいよ、無料のユーザでなく、ビジネスユーザ対象の
サービスに切り替わるようです。
値段によっては有料ユーザとして続けるかな、とも思ったのですが、
プランを見てあまりに高いのでアカウントの更新は見送りました。

Ustream を始めたのは今から9年前、2009年のことになります。
その前、2007年にスタトラに住むようになって
当時「Niseko SL Station」をやってたけんみさんと意気投合して
いろいろライブやったりしてましたが、
その頃けんみさんが SL の様子を外に配信するのに使ってたのが
スティッカムというサービスでした。
それで僕も映像配信をしてみようと取り組んでみたのですが、
如何せん、僕の Mac はスティッカムと相性悪かったですね。^^;
あまりに不安定なのでこれは使えない、他に何かいいサービスないかと
探しているうちに出会ったのが Ustream だったんです。
まだ日本の SL コミュニティで「UST」として流行る前の頃です。

当時僕はタンゴ黒猫という名前で RL のブログを書いていて
折に触れて SL のおもしろさを一般の人に伝えていたのですが、
結局言葉ではどうおもしろいか伝わらない、
SL でやってることを映像で伝えられれば、と
初めて SL ライブを Ustream で配信した時に書いたのが
次の記事です。

【告知】インターネット中継ライブやります!
セカンドライフからのインターネット中継ライブ終了しました
 
まだこのブログが残ってることに驚きましたが、
何かすごい気合いが入ってる文章ですよね。w
で、ピアノ弾いてるところに花びらがひらひらと降って来たり、
燃える炎の中で太鼓叩いたり、こんなことが
SL では簡単にできるんだぞ! と一般の人を誘うような
そんな SS だったりします。(いや誘えてないから。。。

その後2010年くらいかな。その頃から iPhone を使い出して
SL だけじゃなくて、RL のことも簡単にアプリで放送できるので
旅行に行った時とか花火大会とか、いろんなものを
iPhone から放送して遊びましたね。
よく正月に親の家から、SL できない代わりに
RL で演奏している風景を放送したりして。
昨年 YAZROCKETT さんたちとやったギャラリー螺旋でのライブでは
僕の紹介映像に YouTube のいろいろあるSLのライブ映像でなくて
Ustream に上げた RL の映像をおもしろいからと
ハイラさんがリンクしてくれたくらいです。www

出会って10年になる Ustream ですが、
その間、Facebook も YouTube も Instagram も
いろいろと新しい個人向けの映像配信サービスを打ち出して来ていて
もう無料の個人ユーザを対象にしたサービスとしては
役目を終えたのかもしれませんね。
今回の無料サービス終了で僕も別のサービスを探す必要がありますが、
7月は Hiroshi Kumaki としても、その中の人としても
誕生日を迎える月ですので、Ustream 最後のライブを
中継する企画を考えているところです。
決まったところでまたご案内しますので
お付き合い頂けると嬉しいです。
楽しみにしていて下さい。

2018年6月24日日曜日

【RL】DX7 ふたたび

先日のSL15Bのライブで「DX Dream Again」という曲を
披露したけれども、これは当日MCでも触れた通り、
Arturia というフランスのシンセメーカーが最近
ヤマハの往年の名機 DX7 をソフトウェアで再現して
リリースしたことに起因している。

https://www.arturia.com/products/dx7-v/overview

DX7 という楽器について僕はあまり語る資格がない。
というのは、当時はとてもじゃないけれどあののっぺりとした
ツマミのない操作盤で、数字だけで音を創り上げていくのは
どう考えてもムリ! と決め込んでいて
確かに当時のアナログシンセには出せない
クリアーな音には驚きもし、すごいと思ったけれども
結局は手に入れませんでしたからね。
まぁ、買ったとしてもプリセットしか使えないので
当時これまた一世を風靡した「生福」のROMを買ったかもしれない。
とは言え、FM音源は欲しかったので、
後に TX81Z というモジュールを購入することにはなるのですが。

今回の Arturia のソフトウェア版の開発には、
その「生福」の生方さんが全面協力しているみたいで、
本来 DX7 はこうあるべきだった、的なところで再構成しているよう。
それでいて、TX81Z に搭載された波形も追加されていたり、
実機の SysEx データも読めたりするらしいので、
単なるソフト化というより、ソフトとして蘇った、という感じですね。

で、早速チェックしてみると、あの有名な音たちが
そのままの音で入っているのは勿論として、
協力したプログラマーのみなさん、すごいのは、
当時 DX7 では無理と思われていたような
アナログな豊かな響きのパッチがたくさん入っていること。
これでね、そうか、DX7 てこんなことも出来たんだ、
この音いいよねぇ、というので遊んでいて今回の曲になったわけ。

少し前に、iOS の方で TX81Z を再現したという
FM4 なるアプリがプライマルオーディオから出て
これで結構遊ばせてもらったけれども
今回の Arturia の DX7 はすごい。本気です。
というわけで、また暫くこれで遊ぶことになりそうです。
あの時できなかったこと、今度は楽しんでみようね、
そんな意味を込めて「DX Dream Again」という
タイトルの曲を作ったというわけです。

【RL&SL】ヒロコとサッカー

今日4月24日は、ワールドカップ・サッカーの
日本にとっては第二戦があるということで盛り上がってます。
何と言っても勝てると思っていなかったコロンビアに
第一戦で勝ったものですから、そこからサッカー商戦も
急に盛り上がって来たのだとか。
おかげで、サッカーにはそれほど興味のない僕ですら
今日の試合が気になっている始末です。

そんな折も折、先日のSL15Bのステージに
ヒロコを呼んだらサムライ・ブルーに身を固めていたのには
さすがの僕もビックリしました。
そんな風ですから、今日ももう早い時間から
僕の家のテレビの前に陣取っています。

180624a.jpg

僕自身はその時間見れるかどうかわからないですが、
日本代表の皆さんにはベストを尽くして
観ててよかったな、いい試合だったな、そう思えるような
ゲームを展開してほしいと思います。
ガンバレ日本!\(^^)/

2018年6月22日金曜日

【SL15B】Thanks! SL15Bライブ無事終了!

昨夜の SL15B メインステージでのライブ
「Journey to a Crystal World」は皆さんのおかげで
無事終了しましたことをお知らせします。
ありがとうございました。

いつもはライブ開始直前に「今からやるよ〜」って
ツイートして最後の宣伝をするのですが、
昨日に関してはその余裕が全くなかったのです。
サウンドテストをやるので、30分前にはインしててね、
と言われるのでいつもそうしていてすぐにチェック完了するので
余裕なんですけれど、
昨日は22:20くらいからサウンドチェック始めたにも拘わらず
サーバにうまく接続できない。
前にるぅさんが困っていたこともありましたけれど
今回は自分がそういう場面を経験することになりました。
加えて、ステージを担当してくれたケルパさんに招待が届いてない!
これでライブできるのか!? とかなり焦りましたが、
開始5分くらいまでに全て解決! 本当にギリギリでした。^^;
そしてステージと楽器の設置を終わって
ライブを始めたのは23:05くらいでした。
もう気持ちに余裕がない中でのスタートでしたので
最後まで緊張しっぱなしでしたが、
あとはスムーズに流れて時間ぴったりに終わることができました。
後から考えれば全てが計算されていたような。。。w

さて、そんなこんなでスタートしたライブは
「Journey to a Crystal World」——「キラキラした世界への旅」
と題して、予告通りキラキラ系の音を中心にした
シンセサイザー音楽の1時間となりました。
会場でも話しましたが、キラキラした音、と言って思いだしたのが、
1980年代に一斉を風靡したヤマハの DX7サウンド。
折しもフランスの Arturia が DX7 のソフト版を出してきてたので
早速その音をいっぱい使ったステージになりました。

また、同じ Arturia の、以前もご紹介した ALMA という
オリオン座方向から来た信号を音に変換したドラムキット、
これを使って何かやりますよ、と予告してたのですが、
今回、これをバックに流しながらリグ・ヴェーダの
「宇宙創成の歌」というのに作曲した曲もやりました。
ずっと構想だけはあったのが、この機会に一気に仕上げた感じです。

その「宇宙創成の歌」を歌ったのは勿論ヒロコですが、
彼女がサムライ・ブルーに身を包んで現れたのは驚きでした。
折しもワールドカップということで、
サッカーを見ながらそのまま会場に来たのでしょうか。
ワールドカップもSLBも世界中の人が集まって楽しむものだから
おんなじよ、なんて言ってましたが。。。^^;

そして最後に、今回テーマが「旅」とあって
やすたかさんの「この旅は長くなりそうだ」の
英語カバー・バージョンで締めさせて戴きました。
みなさんに楽しんで頂けていたら幸いなのですが。。。

例によって、裏はいろいろと忙しくて
画面を見る余裕はなかったのですが、
しんさんが映像に撮ってくれていたとのこと、
あとでチェックさせてもらいます。
何が写ってるか、どんな音が入ってるか
楽しみなような怖いような。。。w
昨日いらっしゃれなかった方のためにも
是非公開できるとよいのですが。楽しみにしていて下さい。

それでは最後にセットリストです。
ありがとうございました。

■Hiroshi Kumaki Live @ SL15B "Journey to a Crystal World"
・日時:2018年6月21日(木)23:00〜24:00 JST
・会場:SL15B Main/Live Stage
・曲目:
    1. Journey to a Crystal World
    2. DX Dream Again
    3. サマータイム(ジョージ・ガーシュイン作曲)
    4. Quantum Dance(量子のダンス)
    5. シンセサイザー即興
    6. 宇宙創成の歌〜リグ・ヴェーダより
    7. Long, Long Way to Go
     (古葉保貴「この旅は長くなりそうだ」英語カバー)
    8. Journey to a Crystal World(リプライズ)

2018年6月18日月曜日

【SL15B】ワールドカップに続いてSL15Bも開幕!

ここのところRLの僕の周りではサッカーの話題で盛り上がってますが、
SLの方はというと、いよいよ今日の未明からSL 15歳の誕生日を祝う
SL15Bが始まりましたよ!

というわけで、早速木曜日のライブの下見を兼ねて
SL15Bの会場を訪れてみました。
僕にとって今回の一番の変化は、これまでライブステージは
亀だとか象だとか動物のイメージの1 SIM で構成されてましたが、
どうも今回は 4 SIM から成るらしいのだけれど、
これまでは4 SIM というと中央に置かれた巨大なケーキだったので、
今年はケーキでやるのかな? と想像したりしてましたが、
どうやらそうではなかったようです。

180618a.jpg

SSの右手、ドーム状の建物が「クリスタル・ロタンダ」と呼ばれる
メインステージになります。
巨大な円形の大広間、その中央に円形のステージがあります。
さてこの 4 SIM に跨がる円形のステージをどう使うか、
そこが思案のしどころなのですが、
嬉しいことに今年もケルパさんにステージを手伝って頂くことになり、
先ほど二人でイメージを合わせていたところです。
どんな感じのステージになるか、お楽しみに!
って、僕自身が楽しみにしてるんですけどね。w

さて、それでは「ケーキはどこへ行った?」なのですが、
そう、上のメインステージの左手に写っているのがそれで、
実は今回ケーキは  2 SIM から成る DJ ステージになっています。

180618b.jpg

このケーキのステージは全体の南東にあるのですが、
ちょうど反対側、北西の方にも DJ ステージがあります。
ご自分のお目当てのパフォーマンスがどちらで行われるか、
よくチェックしてから行くようにして下さいね。

それからもう一つ目に止まったのが、
講演会やらプレゼンやらバレエ、演劇などを行う「講堂」ですが、
今回はその地味なイメージを打ち破って(?)こんな形です。

180618c.jpg

そう、宇宙船のイメージなんです。
しかもご丁寧に「SS CRYSTAL」って書いてある。
これって、そう、スタートレックの「USS Enterprise」を
思い出させますよねぇ。
寧ろこっちのステージでやってみたかったかも。w

こんな感じで、何れも個性的なステージで
DJ やライブやいろんな公演が行われますし、
15歳の誕生日を祝うたくさんの展示物もありますし、
お楽しみのハントもありますよ!
公式ホームページでチェックして、おもしろそうだと思ったところに
遊びに行ってみて下さい。

SL15B公式ホームページ

そう、そして木曜日23:00からの僕のライブもお忘れなく。
会場でお会いしましょう!

2018年6月11日月曜日

【SL15B】いよいよ来週!〜SL15Bライブは6/21(木)23:00から

また少し間が空いてしまいましたが、
次の日曜日、6月17日から始まるSL15Bについて
この2週間でいろいろな動きがありました。
まずは僕がライブをやる日時が21日(木)23:00からと決まったこと、
そして先頃出演者向けのいろんな資料が送られてきて
会場のSLURLがわかったところです。
グループへの招待はこれからということなので
まだ現地がどのような状況かはよくわからないのですが、
今回演奏するのはメイン/ライブステージというところで、
次の地図を見ると下の方の4 SIM に跨がる円形の場所のようです。
SLBということを考えると、これは従来で言う
「ケーキステージ」に当たるのかな? なんて想像中です。

180611b.jpg

こんなだだっ広いところで何が出来るんだろう?
とか思いつつも、もうやることは決めてます。
今年は15周年で「水晶の記念日」というわけで
クリスタルなものがテーマということなので、
僕は音の方で徹底的にキラキラしたサウンドの1時間にしようかと。w
そう、今回はシンセのシーケンスサウンドがメインになります。
ポスターもそれに合わせてキラキラなものにしてみました。
それから、ヒロコも出て来るかは当日のお楽しみ、ということで。w

もうあと10日を切って、準備はまだまだですが、
じめじめした梅雨のこの時期、キラキラさわやかなひとときに、
と考えていますので、是非遊びに来て下さい。
会場でお待ちしています!

180619a.jpg

■Hiroshi Kumaki Live @ SL15B "Journey to a Crystal World"
・日時:2018年6月21日(木)23:00〜24:00 JST
・会場:SL15B Main/Live Stage
    http://maps.secondlife.com/secondlife/SL15B%20Stunning/84/94/23


2018年5月20日日曜日

【SL15B】今年はSL誕生15周年〜SL15Bに参加します!

ヒロシです。
大変ご無沙汰しております。
前の日記を書いたのがお正月の時で、気づいたら GW も過ぎて
もう6月になろうとしているのですね。

そう、6月と言えば、SLが誕生したのが2003年6月23日で、
毎年この6月23日を軸として、
SLの誕生日を祝う Second Life Birthday のイベントが行われます。
今年は15周年ということで SL15B として、
6月17日(日)〜24日(日)の1週間、専用の SIM で開催されます。

・SL15B 公式ホームページ
 http://www.slcommunitycelebration.info

何周年、と言えば、結婚記念日が金婚式や銀婚式を始め、
細かく○○婚と呼び習わしていますが、
15周年は水晶婚なのだそうで、今年の SL15B のテーマも
「クリスタル」なのだそうです。

・SL15B のテーマ
 http://www.slcommunitycelebration.info/our-theme-for-sl15b/

「セカンドライフが15歳の誕生日を迎えるに当たり、ここに掲げる「クリスタル」のテーマは、住人の皆さんに過去を振り返ると同時に、未来を展望することを奨励する目的で設定されました。コミュニティ全体で、クリスタルが持つ美しさを利用して、これまで自分たちが好きだった SL の機能に創造的な表現を与えつつ、同時に未来も見据えるようなコンセプトで統一できればと考えています。即ち、「クリスタル」のテーマは、セカンドライフの過去と現在と未来とで織られた「時のタペストリー」を探検することを可能にするのです。」

ここのところずっと RL の用事にかかり切りで
SL での活動が全くできていませんでしたし、
今年は22日(金)の夜から25日(月)の朝まで東京にはいないので
少し迷いはしたのですが、毎年続けて来たことですので
今年も参加することに決めました。
まだ日時は決まっていませんが、多分平日の夜になると思います。
公式テーマに上のように書かれてしまっているので、
そうですね、何かクリスタルなインスタレーションの中で
キラキラした音でも出すかな、と考え始めているところです。

尚、SL15B 自体はボランティアの実行委員会が主催ですが、
今年もその中でリンデン主催の音楽祭が行われます。
何れも、参加してみたい、と思われる方は応募してみて下さい。

ミュージシャンの参加申込
DJ の参加申込
講堂でのプレゼンテーション、パフォーマンス申込
ボランティアスタッフ申込
音楽祭応募要領(リンデンの公式ブログ)

※会場での展示募集については既に締め切られています。

2018年1月7日日曜日

【SL】正月に書く(5)〜Mitsumi Town, Mopire City がスゴイ!

さて、お正月にまとめていろいろと記事を書いている
「正月に書く」のシリーズ、松の内の最後はSLの話題です。

昨年のことですが、MacBook を買い替えたので、
どのくらい快適になったかと久しぶりに SL サーフィンをしようと
「行き先(Destination Guide)」を見ていたら、
Editors' Picks に面白そうな場所を見つけました。

http://secondlife.com/destination/mitsumi-town-in-tokyo

https://secondlife.com/destination/mopire-tokyo-subway-station

説明によると Google Map を元に東京を再現した、なんてある。
へぇ〜、と思って訪れたのが、Mitsumi Town, Mopire City と繋がる
この一画。

180107a.jpg

へぇ〜、どころではない! 何と言うディテール!
何と言う既視感!
そう、東京に住んでる人なら誰でも、あ、ここ知ってる!
そんな感覚に囚われるのではないだろうか。

180107b.jpg

ディテールと言えば、この地下鉄の駅もスゴイ。
テクスの持つ質感といい、張ってあるポスターの感じといい。。。
あと、この地下鉄の駅に降りて行く階段がまたスゴイ。
実際の地下鉄の駅の階段みたいにあっちこっちに曲がって
なかなか乗り場に近付かないんですよね。w
ここまでやるか、という念の入れようです。^^

180107c.jpg

鉄っちゃんなので、駅の写真ばかりで申し訳ないけれども、
地下じゃなくて上に上がっていくモノレールの駅がまたスゴイ。
駅の掲示物の感じとか、上に上がっていくエスカレータが
またいいんです。^^
Google Map の話が紹介に出てたので、
あ、ここ知ってる、どこだっけ、どこだっけ? と
必死に思い出そうとしてる自分がいましたよ。www
それくらい、よく出来た街なので、もしまだ行かれたことのない方、
是非ここを訪れて散歩してみるといいです。
今回紹介したのは駅の写真ばかりでしたが、
周りに建つビルがまた既視感いっぱいで、
やっぱり、ここどこだっけ? となるのですよ。w

2007年に僕なんかがSLに参入した時は、
建物なんか作るのはプリムが基本だったので、
実際の建物などの再現にはいろいろな制約があって
なかなか難しいものがあり、
寧ろ、現実にない、現実では不可能な建物を創るのが
楽しかったりもしましたが、
今はやろうと思えばここまで現実を再現できる、という
見本のようなものがここにはあります。
先ほど、ここまでやるか、と書きましたが、
この街を創ったクリエイターのみなさんには
脱帽しないではいられません。

お薦めです。

【RL】正月に書く(4)〜働き方改革の先に

最近思うあれこれを正月の休みを利用して書こうと思ってたけど
4つ目のこの原稿を書いているのはもう九州を離れる福岡空港。
長いようで短い休みでしたね。

ところで、お正月に九州に来る時は大体、
初日の出を見た後、その足で東京駅に向かい、
東京駅から新幹線に乗ってまず京都を訪れるのだけれど、
朝何も食べてないので新幹線に乗るときにはお腹が空いている。
そこで、東京駅前の吉野家で牛丼を食べて腹ごしらえするのが
早朝に新幹線に乗る時の習慣になっちゃってます。w

ところが、今年の元旦はお目当ての吉野家さんお休みでした。
そう言えば、早朝の東京駅を歩くことは結構あるけれど、
さすがに元日とあってか、今年はしーんとしてました。
結局朝ご飯はその近くのすき家で済ませたのですけれどね。

今年は、元日や1月2日を休むところが増えていると聞きました。
そうですよね、お客さんとしては24時間、365日の営業は便利だけど、
サービスを提供する側、働く側としてはこれは大変なことですよ。
かく言う僕も銀行で働いているので、
一般の会社に比べるとオフィシャルな休みは少ないのです。
今回も同僚に仕事をお願いして親許に来ている始末。

特に昨年あたりから「働き方改革」なる言葉が
毎日のようにニュースに出て来ますけれど、
労働環境をよくするには、私たちが当たり前と思ってる
サービスのあり方自体を変えていく必要がありますよね。
よく、企業と消費者を対立の構図で描いたりしますけど、
消費者は同時に企業で働く人であるわけなので、
いわゆる「働き方改革」が進めば、元日の営業は勿論、
24時間営業のコンビニとかもなくなるということです。

僕らが子供の頃は、お正月にお年玉をもらっても
おもちゃ屋さんとか休業ですぐに欲しいもの買えなかったり、
お盆もそうでしたね。
アメリカに行くと、安息日である日曜にお酒売ってなかったり、
今の東京の基準で考えると不便なことが多かったりしますが、
でも、今の東京の基準、24/7/365 という生活が
本当はおかしいのかもしれないですね。

元日からいきなり想定外の不便さに出くわしたヒロシですが、
これから高齢者が増える一方で人口が減って行くと言われる日本で、
こうした不便さ、ある意味当たり前の生活に戻すことが
大事なのかもしれません。

2018年1月6日土曜日

【RL】正月に書く(3)〜池井戸潤を読む——そして銀行用語について

最近はテレビドラマの「陵王」がヒットしている池井戸潤さん、
この方は私も関係している某銀行出身の方で、
皆さんご存じ半沢直樹や花咲舞シリーズなど銀行ものが得意な方だ。
それで、昨年花咲舞の新刊が出た時、
以前同じ銀行で仕事をしていた友人とその話題になった。

銀行で働いている人間からすると、
これらのシリーズはとてもおもしろいのだが、
銀行関係者以外の一般の人にはあまりおもしろくないかもね、
という結論に至ったのだった。
実際、Amazon や honto などのレビューを読むと
必ずしも好意的でないものが見受けられる。
その理由の一つは、これらの原作本がドラマより現実的だ、
というところにあるかもしれない。

例えば花咲舞のシリーズについて言うと、
テレビドラマでは毎回舞が悪徳支店長などに
「あなたは間違ってます」と最後通告を突きつけて
その支店長がどこか遠くの支店に飛ばされるか
関連会社に出向になる、という勧善懲悪的な筋書きで
それがスカッとするのだろうけれど、
そんなことを支店長に言える女子行員なんて現実には存在しない。
それで原作では、このあとどうなるのだろう? と
曖昧にすっきりしない結末で話が終わるものが結構ある。
つまり問題提起のまま終わってしまうのである。
これではテレビを見てから原作を読む人はすっきりしない。
また、テレビでは相馬調査役の上川隆也がかっこいいのだが、
原作では事なかれ主義のできれば何もしたくない、
全くヒーローではない存在として描かれている。
が、これまたより現実的な描かれ方だと言える。

それでも何故銀行関係者が読むとおもしろい、共感できるかと言うと、
花咲舞にして、「私たちは銀行員ですから」と、
銀行員であることに誇りを持っていて、
また、銀行員以外の仕事は考えられない、
という描かれ方をしているからだ。
これこそ、銀行員という職業に就いている人の
心持ちを代弁していると言えよう。
そう、銀行員は他のどんな業種の会社員とも違うのだ。
そんな誇りが銀行内で使われる言葉の端々に表れる。
そこで、池井戸潤さんの銀行ものを読む時の参考にもなると思われる
「銀行用語」をいくつか上げておこうと思う。

まず、銀行は普通の「会社」ではない。(笑
なので、普通なら「社」が使われる文脈で「行」が使われる。
例えば、

当社 ⇒ 当行
御社 ⇒ 御行(相手が他行(他の銀行)の場合)
入社 ⇒ 入行

因みに、この「入行」という言葉は頻繁に耳にする。
銀行は上下関係が厳しいので、仕事を一緒にすることになる相手が
「何年入行か」ということを常に意識する必要があるからだ。
そして、一日の終わり、一番最後に現場から退出することを

最終退行

と言う。これは池井戸さんの小説のタイトルにもなっている。
ほぼ毎日支店に鍵をかけて最後に退出する
副支店長蓮沼鶏二が主人公の物語だが、
僕自身残業が多くて前の現場では実際に鍵が回って来ることがあって
それだけにこのタイトルには惹かれて一気読みしましたよ。w

それから一般の方には聞き慣れないのが、本部機構の役職でしょうね。
調査役とか上席調査役という言葉で出て来て、
僕も最初に銀行で仕事をするようになった時に
調査役の肩書きの名刺を頂いた時はどんな偉い人かと思いました。
実際には、銀行によって、或いは配属されている部署によっても
異なるのでしょうが、調査役は普通の会社の主任〜係長〜課長、
上席調査役は課長〜部長くらいの感じでしょうか。
勿論、本部機構にもこれとは別に部長、次長という役職もあります。
そして、調査役クラス以上の人をまとめて役席という呼び方をします。
「席」というのは具体的な机や椅子のある場所を言うのでなく、
その役職の人、という意味で使います。
なので、部長席というのは部長の机がある場所でなく、
部長その人を指します。
「この位の案件になると部長席に報告しないと」などと使います。

最後に、これは当行が特殊なのかもしれませんが、
やたら難しい漢語を使うところでしょうか。
池井戸さんの小説にもその表現があったので気になったのが、
「静観」と「疎開」です。
静観は何もしないこと、疎開は逃がすことを言います。
僕はシステム部門の人間なので、
疎開と言えばデータを別の場所に移して保存することを言いますが、
池井戸さんの小説には国税に見られてはマズイ書類を
隠す話のところで出て来ましたね。(苦笑

こうした普通の会社とは違うぞ、という
銀行員の意識みたいなものがわかると、池井戸さんの銀行ものも、
一般の方々にも少しはおもしろく感じられるかもしれませんね。
以上、ご参考まで。

2018年1月5日金曜日

【RL】明日、1月6日(土)13:00より「弾き初め II」

さて、九州の親の家で正月を過ごすのも今晩が最後、
明日1月6日(土)の午後にはここを離れて東京に戻ります。
そこで、もう一度この九州からUstreamで即興演奏、
「弾き初め」の第二弾を行います。
お時間が合うようでしたらお付き合い頂ければと存じます。
どうぞよろしくお願いします。

■Hiroshi Kumaki「弾き初め2018 II」
・日時:2018年1月6日(土)13:00〜13:30
・URL:http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life
・内容:シンセサイザーなどの即興演奏

【RL】正月に書く(2)〜ミュージカルとしてのスターウォーズ

年末に僕も「スターウォーズ/最後のジェダイ」を見て来ましたよ。
「スターウォーズ」は子供の頃無断で一人で観に行った映画だ。
その頃僕の家では映画は必ず親同伴でないといけなかったのだが、
父も母も忙しく、待ってられん、とこっそり観に行ったのだ。w
この時観たのが一作目の所謂エピソード IV で、
冒頭からタイトルロールと大きなスクリーンを埋め尽くす
宇宙戦艦に驚くやら狂喜するやらなのであった。
以来、毎回続編が作られる度に観に行っているのだが、
果たしてどこがおもしろいのかと興味のないファインでもない人に
説明するのはとても難しい。w
恐らくは、ファンの人がおもしろいと思っている点が
そのまま、だからつまんなそう、と思われるフシもあろう。

そんなこともあって、今回「最後のジェダイ」に先立って、
Hulu が過去の7作とアニメのTVシリーズを配信してくれているので、
今更とは思いながらも、何がおもしろいのか、
そのいくつかを改めて見直してみた。
そこで、これまた今更のように気づいたことがあるので
ここに書いておくことにします。

それは、映画の始めから終わりまで、音楽が鳴り続けている、
ということ。
僕はかつて、やたらとBGMが鳴ってる映画に閉口したことがある。
いや、音楽好きとしては音楽は鳴るべき場所で鳴るのがいいので、
コンテキストに関係なく、場違いな音楽が鳴るのが嫌いなのだ。
しかし、スターウォーズに関して言えば、
鳴っているのが気づかないくらいに最初から最後まで
音楽が鳴り続けているのだ。w
そう、鳴り続けているからこそそこに音楽があると気づかない、
寧ろ、ぴたっと音楽が止んだ時に、逆に緊張感が高まるのだ。
実は、常にそこにあり続ける音楽こそこの映画に人がどう感じるかを
うまく演出しているのではないか。

これは、僕にはヴァーグナーの楽劇を思い起こさせる。
ヴァーグナーの楽劇は、要所要所で「歌」が入るオペラとは異なり、
歌らしい歌がないままに、オーケストラがずっと鳴り続ける。
そして、そのオケは登場人物の心情や周囲の状況を
「ライトモチーフ」というそれぞれに応じたメロディなりフレーズで
暗示する形で進んでいくのだ。
だから、僕は初めてヴァーグナーの楽劇をLPで聴いた時、
これは19世紀におけるサウンドトラックだ、と思ったものだ。

そして、である。
ジョン・ウィリアムズによるサウンドトラックは正に、
20世紀、21世紀におけるライトモチーフのように作用する。
そう言えば、ブラスが鳴り響くオーケストレーションは
恰もヴァーグナーのようではないか!
今回「ジェダイの帰還」を改めて観て思ったのは、
最後にダース・ベイダーが荼毘に付されるシーンで
流れている音楽は帝国軍マーチでもおどろおどろしい音楽でもなく、
清らかなジェダイのテーマなのだ。
つまり、この音楽でベイダーはダークサイドとしてでなく、
浄められ、ライトサイドのジェダイに戻ったことを象徴しているのだ。
だからこそ、最後にオビ=ワン、ヨーダと共に、
ジェダイとして活躍したころのアナキンの姿で
ルークの前に現れるのだ。

ストーリーも、メカも、様々な設定も
それぞれおもしろいところはいろいろあると思うけれど、
音楽に注意して見直してみると、新たな発見があるかもしれませんよ。
そう、スターウォーズは、実はミュージカルだったのだ!

【RL】正月に書く(1)〜和歌のこと

今年のお正月は少しだけ長く休みを頂きました。
この機会を利用して、サボってばかりのこの日記も
このところつらつら考えていることなどを
少しばかり書いてみたいと思います。

まず最初はお正月らしく和歌のこと。
和歌が五七五七七のリズムを持つ歌であり、
そのリズム故に三十一文字と呼ばれることは誰でも知るところですが、
何故五七のリズムなのか、何故31音なのか、
ということについてはあまり知られていないのではないでしょうか。その答えとしては、『ホツマツタヱ』の説明が最もしっくり来ると
僕は思っています。

かなり端折って説明すると、五と七を足すと12、
即ちこれは月の数に一致するのと、
1年365日をこの12で割ると凡そ31になるということ、
即ち、天の巡りを表している、というのです。
そして、和が12になる組み合わせは幾らもあるでしょうに、
何故5と7かというと、これが「ヲ」即ち軽い「陽」と
「メ」即ち重たい「陰」とを象徴するからと言われています。
4と8でも同じでは? と思うかもしれませんが、
5と7とが割り切れない素数であることが宇宙なり世界の
根源として重要な性質ではないかと僕は考えています。

人がこの世に生まれて来るのは、
陰と陽、風や水などの5つの元素、5、7、31を基本とする天の巡り、
そして宇宙の彼方にある目には見えないもの、
そうした全てのはたらきによってであるというのがホツマの世界観、
そのはたらきを「シキシマ」と呼んだようです。
今、敷島の道と言えば和歌のことを指しますが、
その和歌は自分自身の生命、存在と大宇宙が共鳴するものとして
捉えられていたようです。
言霊、とはそのような古代の日本の信仰を言うのでしょう。

この国の歴史の転換点で和歌が大きな役割を果たしたことがあるのは、
このような背景があってのことなのでしょう。
たった31文字を通じて自然や宇宙と交流する、
そんな素晴らしい文化、伝統を持った国に生まれたことを
嬉しく思うヒロシなのです。

2018年1月3日水曜日

このあと22:45より弾き初め!

こんばんは。ヒロシです。
このあと22:45より新年最初の音出し「弾き初め」を行います。
お時間ある方、次のUstreamチャンネルでお付き合い下さい。^^

http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life

あけましておめでとうございます

180103a.jpg

新年あけましておめでとうございます。
いつも皆さんには大変お世話になりっぱなしです。
本年も引き続きどうぞよろしくお願いします。

挨拶が遅くなりました。
大晦日から元日にかけてのカウントダウンコンサートの後、
初日の出を見てから京都に移動、その後九州の親の家で
親とのんびりとしたRLを過ごしているところです。
SLにはログインできないので、すみませんが、
年賀状を頂いている皆様には東京に戻り次第、
お返事させて戴きます。

それから、まずここでは大晦日のカウントダウンコンサートに
ご来場頂いた皆様、そして直前の呼び掛けにも拘らず、
第九のために集まってくれたYMBメンバーのみんなに
改めて御礼申し上げます。
海外から来て下さったお客さんもいて、
結構盛り上がったのではないかと思っています。
YMBは今年が結成10周年に当たりますので、
何か特別なことをしたいと思案中です。
企画が決まったところで案内させて戴きますので、
その時はどうぞよろしくお願いします。

今日までがお正月の三が日。
明日からお仕事という方も多いことと思います。
そこで、SLにはログインできないものの、
例によって今晩このあと22:00くらいからUstreamで弾き初めをして
皆さんへの挨拶に代えさせて戴きたいと思っています。
改めて案内しますのでご都合のよろしい方いらっしゃいましたら
お楽しみ頂ければと存じます。

http://www.ustream.tv/channel/hiroshi-kumaki-live-from-second-life

本年も Hiroshi Kumaki と YMB をどうぞよろしくお願いします。^^