2018年12月1日土曜日

【RL】SF 三昧

僕が SF 好きのことはこの日記を読んでいる人はご存じのことと思う。
折に触れて MC の中で SF の話をするし、
「流れよわが涙、と警官は言った」や「ファウンデーション」
なんてタイトルの曲もあるし、
「セカンドライフのテーマ(Rez Yourself)」にしたところで、
どことなく映画の「トロン」や小説の「スノウ・クラッシュ」、
或いは「ニューロマンサー」に触発されているところがあろう。
そんな僕であるが、去年から今年にかけては
動画サイトで魅力的な作品が次々の配信されていて
まぁ、配信が開始される度に見ている感じです。
ざっと上げて見るとこんな感じでしょうか。

Amazon プライム・オリジナル
高い城の男(フィリップ・K・ディック原作)
フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリーム

HBO(Amazon プライムで配信)
ウェスト・ワールド(マイケル・クライトン原作)

Hulu
ハンドメイズ・テイル〜侍女の物語(マーガレット・アトウッド原作)

「高い城の男」、「ウェスト・ワールド」、「ハンドメイズ・テイル」
それぞれシーズン2まで配信されていますが、
何れも原作のその先に行っているようでおもしろい。
それもそのはずか、と思うのが
「高い城の男」はリドリー・スコット、
「ウェスト・ワールド」はJ・J・エイブラムズという
何れも SF 映画の巨匠と言える監督が制作に携わっているし、
「ウェスト・ワールド」に至っては、
脚本がジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイという
これまた壮大なスケールの SF 映画に携わった
(「メメント」、「ダークナイト」、「インターステラ—」)
人たちが担当してるわけだし、
「ハンドメイズ・テイル」も原作者マーガレット・アトウッドが
やはり制作陣に名前を連ねている。
要するに何れも質の高いドラマに仕上がっていると言える。
そして、何れも、今だからこそ私たちに何かを問いかけ、
考えさせる作品であると言えるのだ。

というのは、例えば「ウェストワールド」、
元は1973年に公開された映画で、その中では、
ユル・ブリンナーが演じる何故だか異常を来して
人間を襲うようになったロボットがどこまでも執拗に追いかけて来る
一種のパニック映画、ホラー映画だった感がある。
(子供の時に見たが、あの不気味な感じは忘れられない。)
それが、新しいテレビシリーズでは、
生命科学技術で本当に人間そっくりの「ホスト」たちが
夢を見、自分でもものを考え、記憶も有するようになる。
生命科学技術が発達した今だからこそ
生命とは、人間とは、機械とは、そして生きるとは何かを
問いかける作品になっていて、先日の Burn2 のテーマにも通じる。
その意味では今年の Burn2 のテーマは僕にとっては
とてもタイムリーだったと言える。

また、「ハンドメイズ・テイル」については、
1990年に「侍女の物語」として公開された時には
よくあるディストピア SF の一つとしてしか見ていなかった。
音楽担当が坂本龍一だということで興味はあったのだが
結局は見ずに終わってしまったものだ。
それが、今このタイミング、LGBT ということが盛んに言われる今、
女として生きるとは、男として生きるとは、
そして自由とは何かといったことをより身近に問いかけて来る。
シーズン2の初めの方でゲイの男性教員が自殺し、
子供を抱えた女性同士の夫婦が自由を求めて出国しようとした折に
片方が妻とは認められずに取り残されるというエピソードが描かれる。
こういうことは今も世界のどこかで起こっているのではないか、
そんな風に考えさせられるドラマである。

ここまで何度か「考えさせる」という言葉を使ったが、
SF というのは単に「Science Fiction(空想科学小説)」ではない。
「Speculative Fiction(思弁的小説)」とするのが
現代流の解釈であろう。
だからこそ、僕にとっては SF 映画の最高傑作は
「2001年宇宙の旅」なのであり、あのような体験をさせられる
映画や小説を求めているのだ。
それは、人間とは何か、私たちはどこから来て
どこへ行こうとしているのか、
そしてその人類の歴史の中で、何故自分は今ここにいるのか、
そんな究極の問いにまつわるものだとも言える。

実はこのことと多くの SF の名作が 1950年代に書かれていることと
何か関係があるだろうと僕は考えている。
1950年代と言えば、第二次世界大戦が終わった直後の時期で、
1949年に巨大な共産主義国家が登場し、
1950年には早くも朝鮮戦争が始まり、
そして1954年にはビキニ環礁での水爆実験が行われ、
1957年にはソ連が ICBM を完成させ、人工衛星スプートニクの
打ち上げに成功させ、アメリカを恐怖に陥れている。
そんな時代背景に書かれたのが次のような名作たちだ。

ロバート・A・ハインライン
未来史シリーズ 1939年〜1962年
人形つかい 1951年
夏への扉 1957年
メトセラの子ら 1958年
宇宙の戦士 1959年(ガンダムの元になったと言われる)

アーサー・C・クラーク
前哨 1951年(「2001年宇宙の旅」の原案と言われる)
幼年期の終り 1953年
都市と星 1956年
海底牧場 1957年

アイザック・アシモフ
われはロボット 1950年
ファウンデーション 1951年
ファウンデーションと帝国 1952年
第二ファウンデーション 1953年
鋼鉄都市 1954年

そして、フィリップ・K・ディックの有名な
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」、
「高い城の男」や「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」のような
長編の名作は何れも1960年代の作品だが、
今回「エレクトリック・ドリーム」に収録されたものを含めた
短編の名作はやはり1950年代に多作されている。

地図にない町 1953年
ペイチェック 1953年(映画化作品)
吊されたよそ者 1953年
ゴールデン・マン 1954年(映画化名「NEXT -ネクスト-」)
アジャストメント 1954年(映画化作品)
CM地獄 1954年
父さんもどき 1954年
展示品 1954年
自動工場 1955年
フード・メーカー 1955年
フォスター、おまえはもう死んでいるぞ 1955年
マイノリティ・リポート 1956年(映画化作品)

そして、時を同じくして、カウンセリングの古典的著作である
ロロ・メイの『失われし自己をもとめて』が1953年に出版されている。
この本は次のような衝撃的な出だしではじまる。
「不安の時代に生きていて幸いなことの一つは、
 自分自身についての認識を強いられることである。」
最近では(というよりもう随分前から)、最も人気のある SF 作家は
ハインラインでもアシモフでもA・C・クラークでもなく
(この3人は僕の子供の頃のベストだったように思う)
フィリップ・K・ディックなのだそうである。
彼の描く不条理な世界に魅せられる人が多いことや
Speculative Fiction としての SF ドラマが
これだけ立て続けに作られているのは
現代もまた不安の時代なのだろうと感じさせられる。
ただ親や学校や社会が用意したレールに漫然と乗るのでなく
「自分とは何か、自由とは何か」を自ら考え、
自らつかみ取らなければならない時代なのだろうと。

2018年11月24日土曜日

【RL】ブラックフライデー〜Fairlight CMI ふたたび

また騙されて買っちゃいましたよ。^^

最近は日本になかった習慣がどんどん入って来て
宗教的なことは全く関係なくハロウィーンで大騒ぎしたりするし、
そして米国の感謝祭とは全く関係なくブラックフライデーのセールを
あちこちでやってますよね。
かく言う私のところには、いろいろな音楽ソフトメーカーから
ブラックフライデーの宣伝メールがたくさん届いています。
で、普通はスルーするんですけどね。

181123d.jpg

先日のケルパさんとのコラボでも使わせて頂いている
フランスのソフトシンセメーカー、Arturia からも来ていて
V Collection シリーズの最新版 VC6 の割引セール。
僕は2015年にほぼ半額で VC4 を買って、
その後シンクラヴィアビアやファルフィッサが追加になったのを機に
その1年後にやっぱり半額で VC5 にアップグレードしてたんですが、
VC6 で DX7 や Fairlight CMI が追加になった時は見送ったんです。
Fairlight は興味があったけど、iPhone のアプリで持ってるし、
DX も今更ねぇ、、、とか思って。

でも、Analog Lab 3 に追加になった DX7 の音を聞いて
あれ? DX ってこんなに豊かな音が出せたんだっけ?
と思っておもしろがって今年の SL15B でフィーチャーしたのは
皆さんもご存じの通り。
(「DX Dream Again」って曲をやったりしましたね。)
なので、そのうちセールで安くなった時に
アップグレードしてもいいなぁ、なんて思っていたんですよ。
そしたら今回のブラックフライデーのセール、
一般の方は約半額で買えるんですが、これまでいろいろ買ってる僕は
スペシャルオファーで更にその3分の1くらいの価格!@@
これはチャンスと殆ど迷いもせずに買っちゃいました。
まんまと相手の術中にハマったなぁ、とか思いながら。w

181123a.jpg

で、早速ダウンロードしたんですが、
やっぱりいいですねぇ、CMI。
iPhone のアプリに入っている音は殆ど入っていて、
しかも完全に実機を再現したアプリ版とは異なって
操作系は他の Arturia のソフトシンセや
今日のよくある DAW のデザインに合わせてあるので、
実に使い易いです。
実機を再現したアプリ版は時々フロッピーのロードエラーがあったり
シーケンサーの入力もえらく面倒だったりして
iPhone の小さい画面で作曲するのには向かないですね。
それはそれでおもしろかったのですが。
なので、どちらかと言うと、プレイバック音源としてのみ
使っていた、という感じですね。

181123c.jpg

Arturia のこのバージョンではそんな操作系の違いはあっても
2D と 3D の波形エディット画面とか、CMI らしいところはそのまま、
加えてプリセットには入っていない CMI オリジナルの
サウンドライブラリも手に入ったので、
いろいろ読み込んで遊んでいるところです。
iPhone のアプリを手に入れた時もずっといじってましたが、
またマイブームが蘇って来た感じ。飽きないんですよ。^^;
サンプリング音源なんて今時どんなシンセにも普通に入ってるのに
やっぱり「らしい」音がするんですよね。
まぁ、これは80年代にアート・オブ・ノイズとか
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドとか
そういうのに刺激を受けた世代なんだからでしょうが。^^;
加えて、当時は家かポルシェか Fairlight か、と言われたくらい
アマチュアのミュージシャンには手の出ない
夢の楽器でしたからね。

実は、同じくシンクラヴィアのオリジナルライブラリも手に入れて
やはり Arturia の Synclavier V2 に読み込ませてます。
Synclavier V2 は先日のケルパさんとのコラボで使用したものですが、
これと併せて何かおもしろいもの作ろうかなぁ、と
いろいろ妄想しているヒロシなのであります。
どんなものが生まれてくるか、楽しみにしてて下さいね。^^

2018年11月19日月曜日

ケルパさんとのコラボ「Sounds in Colors II」ありがとうございました

昨晩行われたケルパさんとのコラボイベント
「Sounds in Colors II」には日本からも海外からも
お客さんに来て頂き、ありがとうございました。
皆さんの反応はまずまず、という感じだったので、
とりあえずは終わってホッとしているところです。
とは言え、自分の演奏についてはあそこマズったなぁ、とか
アバターを動かす余裕が全くなかったなぁ、とか
この種の即興イベントでは必ず反省点があるので、
よしまたいつかリベンジしてやる! と気持ちを新たにするのでした。
そう、ケルパさんとは3もやろうね、なんて話が出てるくらいで。w

使用した機材などはご参考までに最後に掲げておきますが、
裏では何をやっていたかというと、3台のキーボードを使って
1台の iPad とデスクトップの Mac に入ってる
5台のソフトシンセを切り替えながら弾いていたのですが、
昨晩は完全に手弾きだったので、
途中音が途切れると皆さん不安になるかと思い、
右手で弾き続けながら、左手でマウスを操作したりとか
何で手って2本しかないんだ? と思いたくなるような状態でした。w
この状態でアバターを操作すると完全に音が途切れるので、
もうアバター君の動きは諦めて演奏に徹したのでした。

さてその演奏の内容は、というと、実は、
今回の「Sounds in Colors II」には実は裏のテーマがあったのです。
ケルパさんのアートに僕がいつも感じるのは
有機体としての存在に関わる何か、なのです。
何故それがそこにあるのか、何故ここにないのか、
それらと自分とはどう関わり、繋がっているのか。。。
自分の外にあるものが内に、自分の内にあるものが外に
やがて全てがひとつに溶け合っていく瞬間。。。

あの広い会場で、いろんなものが置いてある中で
昨晩の場所を選んだのはそのことと関係しています。
泥の中から宇宙に向かって伸びて行く巨大な蓮の葉
いや、あれはもしかしたら宇宙から降りて来たものだろうか?
地上をそして空を流れる不思議な光線。
天から降り注ぐ光、そして雨。。。
全てが生命が生み出す何かのメッセージのようではないですか。
音は、泥とも混沌ともつかないものから動き始めた何かが
様々な光やメッセージと交流しながら
最後には巨大な竜となって天に舞い上がる、
そんなイメージで弾いていたのですがいかがでしたでしょうか。

昨晩の模様はしんさんが録画してくれたようなので、
内容に問題なければ公開されることになるでしょうが、
それとは別に昨晩やろうとしていたことを
もっときちんとした形で残しておきたいとも思っています。
いや、これは、昨晩は自分でもこれおもしろいんじゃない?
というところはありながらも、その場限りの荒いところもあったので
作品という形にまとめておきたいな、という気持ちもあってのこと。
まぁ、毎度のことでいつになるかわかりませんが、
この作品版が先になるか、それともケルパさんとのパート3が先か、
何れ楽しみにして頂ければと思います。

改めて、ご来場頂いた皆さん、
撮影のしんさん、そしてケルパさん、
素晴らしいひとときをありがとうございました。^^

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
・使用機材:
      Roland VR-09
      KORG M3
      KORG microKEY Air 25
      KORG Collection: Wavestation
      KORG Collection: Legacy Cell
      KORG ODESSEi
      Arturia Synclavier V2
      Arturia Jup-8 V3
      Arturia Spark 2

2018年11月17日土曜日

【ライブ】いよいよ明日22:00!〜ケルパさんとのコラボイベント「Sounds in Colors II」

いよいよ明日になりました。
直前の告知になります。

5年ぶりのコラボイベントだというのに、
僕が RL でバタバタしているせいもあって、
ケルパさんとは月曜日に話したきりで、
その後何の打ち合わせもできておりません。

が、それも完全即興イベントの為せる業で、
私は暇を見てはどんな音を使おうか、どんなリズムを使おうかと
練習というよりは音探しをしていましたし、
きっとケルパさんもいろいろと仕込みをしてくれていることでしょう。
お互い何をやるかはその時まで秘密とも言え、
相手にぴったり合わせたものから裏をかいたサプライズまで用意して
イベントが始まってその場で初めて合わせていくことになるのです。

そんな、現時点では全く予測不能の「音と光のジャムセッション」、
二度とないこの機会をお見逃しなく!

181112a.jpg

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
    https://maps.secondlife.com/secondlife/LEA9/66/176/21

2018年11月12日月曜日

【緊急告知】11月18日(日)ケルパさんとコラボイベントやります!

ほぼ毎週のようにイベントが続いていた10月11月、
先週末は久しぶりに SL では何もないかと思いきや、
実は RL では会社の社員旅行なんかに行ってました。
これも僕が企画して、のものなのですけどね。^^;

そして次の週末の11月18日(日)22:00から、
ケルパさんとのコラボイベントを予定していますので
今日はそのお知らせになります。

ケルパさんとは、2013年に「Sounds in Colors」と題して
前打ち合わせ全くなし、音はビジュアルに
そしてビジュアルは音に反応して、その場その場で生み出していく、
そんな「音と光のジャムセッション」を行いました。
その後、ケルパさんは僕のライブの演出を
いろいろとやって下さったものの、この即興形式のイベントは
もう5年間もやっていなかったのですね。

そしてこの度、ケルパさんの LEA9 での2回目の展示
「Rising from Mud」がオープンしたのを機に、
またやろう! と急遽決まったものです。
ケルパさんも僕も、その日その時何が起こるのか、
どんな音がどんなビジュアルと絡んでいくのか
現時点では全くわかっていない、予測不能のイベントです。
是非、お友だちを連れて遊びに来て下さい。
そして、この日この時にしかできない体験を共にして下さい。
お待ちしています!^^

181112a.jpg

■Hiroshi Kumaki x Kerupa Flow "Sounds in Colors II"
・日時:2018年11月18日(日)22:00〜23:00
・会場:「心ここにあらざればⅡ "泥から立ちあがる"」展示会場
    https://maps.secondlife.com/secondlife/LEA9/66/176/21

2018年11月4日日曜日

【Burn2】完全に燃え尽きました〜また来年集まりましょう!

昨晩の21時から3時間半にわたって行われた
Burn2 ナチュさんキャンプの後夜祭、
30人を越える方々にお越し下さり、とても賑やかな集まりとなり、
ありがとうございました。
誰かも言っていましたが、普段は SIM にいても3人くらいとか
そんなことが多い中で、これだけ人が集まっているのは久しぶりで、
やはりこうやって大勢で騒ぐのは楽しいですね。
まぁ、それだけに出演者の皆さんも大変で、
きららさんは放送中に何度も落ちましたし、
じーなさんは重くてDJブースに辿り着けず、
セルさんは会話が届かないからとブースの手前、
踊っているみんなに混ざりながら回していましたね。
そんな中、曲ごとに合わせて変身するブレさん、すごかったです。w
巨大なドラえもんや巨人になる人も出て来て
後夜祭にふさわしく、RL のハロウィーン以上に混沌となりながら、
最後はるぅさんの素晴らしいピアノで決めて頂きました。
ナチュさんもピアノに合わせて花火をバンバン上げていましたね。

181104a.jpg

こうして一通り音楽プログラムが終わったところで
いよいよナチュさんキャンプの解体式です。
会場に火をつけてバーニングマンよろしく燃やすのですが、
危険なので(本当は衝突判定のあるスクリプトの関係で)、
ステージに上がっているみんなにステージから降りてもらいます。
ナチュさんが、「これから会場をもやします!
会場からおりてくださーぃ。危険です!」と触れて回ります。
ここで考慮すべきでしたが予想していなかった事態が。。。
そう、寝落ちしている人がいたのです。
最終的に2人ステージに残っていたのですが
そのうちの1人は、RLで椅子から落ちて目が覚めて戻りました。w
もう1人は完全に寝落ちで、ナチュさんと僕の2人がかりで
無理矢理押し出してステージから下ろしました。^^;

そしてBGMには僕の曲を流しながら、いよいよ点火!
ステージから煙が上がり、やがてそこに火が点いて、
そのうちにステージ全体が炎に包まれます。
そして——。
ここからは、その時のみなさんの会話があまりにおもしろいので
そのまま貼っておきますね。w
特に個人情報はないと思うのでご容赦!^^;

181104b.jpg

[2018/11/03 08:13] naturalway Flow: お、燃え始めた!
[2018/11/03 08:13] ニセひまのま (qushinada.core): もえた
[2018/11/03 08:13] あおいちゃ (aoi.bing): 後で追いつくから、先に逃げて!(ぉ
[2018/11/03 08:14] 天照まお (mao.amaterasu): 光るプラグ?
[2018/11/03 08:14] Tadao Lytton: なんのフラグだw
[2018/11/03 08:14] naturalway Flow: ますます燃えた!
[2018/11/03 08:14] あおいちゃ (aoi.bing): おほほ
[2018/11/03 08:14] naturalway Flow: 上から見ると、より良いですよー!
[2018/11/03 08:14] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 先に逃げるから、後で追いついて!(ぉ
[2018/11/03 08:14] あおいちゃ (aoi.bing): 赤くなってきたw
[2018/11/03 08:15] brezza Pessoa: これがバーンか
[2018/11/03 08:15] 天照まお (mao.amaterasu): これでは焼き肉は焼けない
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: セルさん、だいぶしちゃダメだよー!
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: ダイブ
[2018/11/03 08:15] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しないしないww
[2018/11/03 08:15] Natulax Stage:
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: ●焦げになるでー
[2018/11/03 08:15] あおいちゃ (aoi.bing): いい、日焼けマシーンだ
[2018/11/03 08:15] ニセひまのま (qushinada.core): これ一瞬で蒸発するヤツや!
[2018/11/03 08:15] 結衣--yui-- (minami.price): セルさん アライグマ燃やしたらあかんよ
[2018/11/03 08:15] 茉莉也 (cerfeuil.falta): アライグマwwwwwwwww
[2018/11/03 08:15] naturalway Flow: だんな、アオイさん こんなこと言ってますがw
[2018/11/03 08:15] らい (rai.qunhua): 何か見てたらハンバーグ食べたくなってきた
[2018/11/03 08:16] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): すでに真っ黒ですが、もっと焦げましょうか?
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 出せないwww
[2018/11/03 08:16] Tadao Lytton: ww
[2018/11/03 08:16] Hiroshi Kumaki: あら、みなみさん、いた。w
[2018/11/03 08:16] あおいちゃ (aoi.bing): ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
[2018/11/03 08:16] Hiroshi Kumaki: こんばんわ〜^^;
[2018/11/03 08:16] Tadao Lytton: よく焼けましたw
[2018/11/03 08:16] naturalway Flow: 俺がつくった会場がぁっぁーーーー燃えた!
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): これだけ熱せられると、輻射熱で
[2018/11/03 08:16] あおいちゃ (aoi.bing): 上手に焼けました!
[2018/11/03 08:16] 茉莉也 (cerfeuil.falta): こっちも燃えそうw
[2018/11/03 08:16] 結衣--yui-- (minami.price): ほい、篝さん、飛び込みの用意を
[2018/11/03 08:17] らい (rai.qunhua): けいさんがレーザーで燃やしてる感じ?w
[2018/11/03 08:17] naturalway Flow: セーノ!(まて
[2018/11/03 08:17] 天照まお (mao.amaterasu): キャンプファイアーだぁ
[2018/11/03 08:17] あおいちゃ (aoi.bing): けいちゃんが抑えてる
[2018/11/03 08:17] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): んじゃ、結衣姉さん、オテテツナイデ一緒に飛び込みましょうか
[2018/11/03 08:18] 結衣--yui-- (minami.price): 心中は嫌だ
[2018/11/03 08:18] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): www
[2018/11/03 08:18] naturalway Flow: ロボが燃えてる!

ちょうどこの辺りで上の SS を撮っていたのですが、
撮りながら気づきました。
見えますでしょうか、右手奥の方に何か黒い点が見えるのが?
最初何かと思っていましたが、その上にタグが付いています。
そう! 仕事があるからと中座したしんさんが
仕事が終わって「最後にログアウトした場所」に戻って来たのです!
燃えさかる炎のまっただ中に!
これはヤバイ! と思わず声をかけます。

[2018/11/03 08:18] Hiroshi Kumaki: しんさん、降りて〜
[2018/11/03 08:18] しん なぎー (sin.nagy) の叫び: あちゃあちゃー!!!!
[2018/11/03 08:18] Hiroshi Kumaki: 燃えるよ〜
[2018/11/03 08:18] あおいちゃ (aoi.bing): しんさんがw
[2018/11/03 08:18] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): なにも、こんな大勢の前でふらんでもええやん
[2018/11/03 08:18] 結衣--yui-- (minami.price): 誰か、、いるのか?
[2018/11/03 08:18] Arrshu:アーシュ (arrshu.dagger): 焼きしんさんになっちゃうね(・ω・
[2018/11/03 08:18] しん なぎー (sin.nagy): 焼きカワウソになるとこだったww
[2018/11/03 08:19] よっしー (yossiy.noel): ww
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): かわうそうに・・・
[2018/11/03 08:19] 結衣--yui-- (minami.price): ww
[2018/11/03 08:19] しん なぎー (sin.nagy): 一仕事終えて、戻りましたw
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): おつかれさま
[2018/11/03 08:19] Arrshu:アーシュ (arrshu.dagger): おつかれですよ~
[2018/11/03 08:19] 茉莉也 (cerfeuil.falta): あ・・・・w
[2018/11/03 08:19] naturalway Flow: シンさん、会場にだいぶだーーー!!!
[2018/11/03 08:19] あおいちゃ (aoi.bing): おぉぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): ふぁいやー
[2018/11/03 08:20] しん なぎー (sin.nagy): やめなさいww
[2018/11/03 08:20] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): おぉおおぉぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: こっちも燃えてきたーーー!!!
[2018/11/03 08:20] らい (rai.qunhua): おぉぉぉぉ
[2018/11/03 08:20] 天照まお (mao.amaterasu): 延焼しとるw
[2018/11/03 08:20] さりー (sariy.andel): 見えない
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: 象sなんお●焦げや
[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): 久しぶりのファイヤーw
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: お!
[2018/11/03 08:20] Shiruviana Relph: 良い感じに燃えている
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: 海洋こげてきた
[2018/11/03 08:20] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): これ消えた跡に、誰かが全裸になってるオチ?

そして燃えた後に炭のようになった会場の部品が
ボロボロと崩れ落ち、或いは吹き飛んで行きます。

181104d.jpg

[2018/11/03 08:20] あおいちゃ (aoi.bing): くずれてきた
[2018/11/03 08:20] naturalway Flow: バラバラ
[2018/11/03 08:20] 茉莉也 (cerfeuil.falta): 篝さんがwww
[2018/11/03 08:20] よっしー (yossiy.noel): 飛んできたw
[2018/11/03 08:21] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 俺かww
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: kuzureta
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: くずれた
[2018/11/03 08:21] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 崩れた
[2018/11/03 08:21] あおいちゃ (aoi.bing): 後ろのコンテナは、耐えた!
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: とんだ!
[2018/11/03 08:21] しん なぎー (sin.nagy): コントですかwww
[2018/11/03 08:21] ニセひまのま (qushinada.core): ああ、しゃったーちゃんすが
[2018/11/03 08:21] よっしー (yossiy.noel): パニック映画みたいだ
[2018/11/03 08:21] naturalway Flow: 俺のキャンプ、燃えてしまった。。。
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): w
[2018/11/03 08:22] 結衣--yui-- (minami.price): フェニックス?
[2018/11/03 08:22] ニセひまのま (qushinada.core): ぽるこーだいしっぱーい(・ω<)
[2018/11/03 08:22] Tadao Lytton: むしろ、ドリフのコントのエンディングw
 [2018/11/03 08:22] naturalway Flow: シンさん、ダイブ!
[2018/11/03 08:22] naturalway Flow: 燃象になるでー
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): やめろwww
[2018/11/03 08:22] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しんさん、ゴーゴー
[2018/11/03 08:22] しん なぎー (sin.nagy): なぜwwwww
[2018/11/03 08:22] naturalway Flow: ゴーゴー!

最後は柱もロボットも倒壊して、
ステージのプラットフォームも吹き飛んで炭の塊となってしまいます。

181104c.jpg

[2018/11/03 08:22] 天照まお (mao.amaterasu): 備長炭
[2018/11/03 08:23] Hiroshi Kumaki: これで一年暮らせますね>びっちょうたん
[2018/11/03 08:23] naturalway Flow: 今日、神奈川さみぃからちょうど、、(ぇ
[2018/11/03 08:23] 篝-ʞäĝɒяΐ ℒeçŧëЯ (kagarri): 上手に焼けましたー♫
[2018/11/03 08:23] Hiroshi Kumaki: ナチュさん持って帰る?w
[2018/11/03 08:23] naturalway Flow: やけどする
[2018/11/03 08:23] しん なぎー (sin.nagy): いっぱい炭ができましたwチャンチャンw
[2018/11/03 08:23] 天照まお (mao.amaterasu): うなぎ食べたい
[2018/11/03 08:24] naturalway Flow: くいてー
[2018/11/03 08:24] あおいちゃ (aoi.bing): ウィンナーとベーコンをいっぱい焼こう
[2018/11/03 08:24] よっしー (yossiy.noel): 炭火焼
[2018/11/03 08:24] 茉莉也 (cerfeuil.falta): しんさん焼きなら、この後販売する予定らしい
[2018/11/03 08:24] しん なぎー (sin.nagy): 88888888888888888
[2018/11/03 08:24] naturalway Flow: お!買う(って、くえるのか
[2018/11/03 08:24] しん なぎー (sin.nagy): ヽ(´Д`;)ノ ヤメテー!!
[2018/11/03 08:24] 結衣--yui-- (minami.price): よみがえれ
[2018/11/03 08:24] らい (rai.qunhua): 炎の中で着替え完了w
[2018/11/03 08:25] 茉莉也 (cerfeuil.falta): wwww
[2018/11/03 08:25] naturalway Flow の叫び: 多分、Burnで1番にぎわいましたー!>皆様、ありがとうございましたー!

というわけで、全てを燃やし尽くして今年の Burn2 の締めとしました。
ナチュさん、5年振りの復活、今回はキャンプ運営のために
本当に忙しく動き回っておられましたが、
やっぱり SL は楽しい! という実感があったようです。
きっとまた何かやってくれることを期待しましょう。w
そして、またみんなで集まりましょう。
敢えてチャット履歴を公開させて頂きましたが、
これだけきゃーきゃー大騒ぎするような機会は
最近なかったように思いますので。
ご来場頂いた皆さん、出演者の皆さん、そしてナチュさん、
楽しいひとときをありがとうございました。
再びこうして集まる機会を楽しみにしています。^^

2018年11月3日土曜日

【Burn2】今晩は21:00からナチュさん主催の後夜祭!

あと2時間ちょっとになりました。
Burn2 の最後を派手派手しく終われなかったので(?)、
YMB SIM に Burn2 のナチュさんキャンプを再現して
そこで Burn2 の後夜祭というのか打ち上げパーティーというのか
あのキャンプに出演して頂いたみなさんを集めて騒ぎます。w
既に会場は SS の通りに出来上がって、開演を待つばかり。^^

181103d.jpg

今日出演されるのは順番に、

ナチュさん、
ブレさん、
きららさん、
じーなさん、
セルさん、
るぅさん

の6名の皆さん。
ポスターには僕の名前もありますが、
きっと感動的に締めて頂けるであろうるぅさんに怖れをなして
今晩は演奏は致しません。www
と言うのは半分冗談、半分本気ですが、
24時からは、ステージから機材を全て取り払って
皆さんにも降りて頂いて、ステージを囲みながら
このステージを燃やし、解体するということをやります。
ちょうどバーニングマンやテンプルバーンをやる感じですね。
その時の BGM として僕の曲が録音で流れます。
ライブをやらない代わり、と言ってはなんですが、
先日の11周年記念でやらなかった曲など懐かしい曲も
流すつもりですので、お楽しみに。^^

それでは、2時間後、21:00に会場でお会いしましょう!

181101b.jpg

■Burn2「後夜祭」
・日時:2018年11月3日(土)21:00〜24:30
・会場:YMB パーク
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23
・出演:
    21:00〜21:30 naturalway Flow
    21:30〜22:00 brezza Pessoa
    22:00〜22:30 Kirara Boa
    22:30〜23:00 Gina Watanabe
    23:00〜23:30 Celfeuil Falta
    23:30〜24:00 Rulie Cisse
    24:00〜   解体式 w/ Hiroshi Kumaki

【RL】東京ドームのポール・マッカートニー、最高でした!

RLネタです。
去る11月1日(木)、東京ドームで行われた
ポール・マッカートニーのコンサートに行って来ました。
とっても感激したので、そのレポートをば。。。

ポール・マッカートニーは僕にとってはビートルズのメンバーなので、
もう何度も単体で日本に来てますけど、
やっぱりビートルズで来たら行こう、というのがあったんですよね。
でもそのうちにジョンが衝撃的な形で亡くなり、
そしてジョージも亡くなり、今やポールとリンゴの二人だけ、
ビートルズの来日は永久に不可能になっているわけで。。。
加えて、ポールの場合は YMO の歌のネタにもなっている
事件があったり、いきなりドタキャンがあったり、
或いはチケットがバカ高かったりするので、
特に近年は毎年のように日本に来てますが、
ずっと遠目で見てたんですよね。

でも、ここ何年かクリムゾンやイエスのコンサート観たり、
キース・エマーソンのライブ、申し込んでいたのに
来日直前で亡くなったりしたこともあって、
自分もいい年齢になったし、ポールもそうだし、最後の機会かも、
そう思って、もし比較的安い料金でチケットとれたら
行ってみようかな、と思って発売日に申し込んだら
あっさりとれたんですね、これが。w
でも、基本的にニュー・アルバムの宣伝ツアーだし、
新曲とかウィングスのとかやられてもイマイチな〜、とか思いながら
その前にやったというニューヨーク・グランドセントラルでのライブ
YouTube に上がってたのを観たら、これがすごくよかった。
新曲交えながらもビートルズの名曲いっぱいだし、
バンドのメンバーがまたすごくて、ビートルズの演奏の雰囲気
そのままの完コピバンドなんですよね!
ギターのラスはジョンやジョージのギターそのままに弾くし、
ドラムスのエイブはリンゴのラインをよりパワフルに叩くし、
キーボードのポールはオケやバッキング・キーボードのラインを
これまた完璧に再現してくれるので、
ホントにビートルズそのものの演奏を聴いているようなんです。
で、このグラセンと同じメンバー、
同じラインナップだったらいいなぁ、
と思いながら当日を迎えたわけなんです。

でもね、当日になっても半信半疑なわけですよ。
ドタキャンしないよね、とか。
うっすらジュリーの事件が頭を過ぎったりして。w
でも来ましたよ。東京ドーム。
たくさんの人が吸い込まれて行ってるし、やっぱりやるんだよねぇ。w

181103a.jpg

東京ドームでのコンサートは前世紀にマドンナとか
マライア・キャリーとか見に行ったことがあるけれど
横っちょの方の席だと反響がきつくて音を楽しめなかった記憶があり、
さて今回はどんな感じだろうと思ったら割と真ん中寄り
かつ割と前の方、、、勿論アリーナほどじゃないけどね。
結構見やすい席だな、と思いながら開演を待ちます。

181103bb.jpg

予定時刻の18:30になってもなかなか始まらないのはよくあること。
25分遅れの18:55にいよいよポール登場。
で、ジャ〜ンとギターのコードが鳴り渡ると
「A Hard Day's Night」でスタートするのはグラセンと同じ。^^
もうこれだけで一気に会場は盛り上がっちゃいますよね。
加えて、MC は日本語で始めてくれました。
「ニホンゴ、ガンバリマス!」の一言で
その場にいる日本人観客の心をこれまた一気に掴んじゃいます。
「シンキョク」「イチバン」とか言いながら
ニューアルバム「Egypt Station」からの曲を演奏するので
知らない人も入りやすかったかもですね。^^

やっぱり、演奏は勿論なんだけど、この会場のやりとりが
すごくよかったですね。
ホワイトアルバムに入ってる「Blackbird」はよく知ってる曲ですが、
この曲が公民権運動に絡んで生まれたのだとは初めて知りました。
そういうエピソードを交えながらの MC が
今、リアルタイムの曲としてこの曲を聞かせてくれるのです。
ジョンが亡くなった時に作られた「Here Today」では
ポールの歌う声に、今にも泣き出しそうな表情に
本当に胸が熱くなりました。全て、今、今、なんです。

181103c.jpg

「Ob-La-Di, Ob-La-Da」で会場と合唱するのはグラセンと同じ、
でも「Hey Jude」での最後のコーラス、
あれを割と長い時間会場全体で歌ったのは感動的でしたね。
途中で「女性だけで!」との指示に女声のみのコーラスになり
これはポールも言っていた通り本当に美しかった。
会場のみんながかざすライトもキラキラと揺れて
素晴らしいひとときとなりました。
そして感極まったところで一旦退場。

そしてアンコールの拍手に大きな日本とイギリスの旗を持って再登場。
これには観客は再び盛り上がります。
そして懐かしいナンバー、デビューアルバムの1曲目、
「I Saw Her Standing There」で再開します。
途中、いつも会場から人をステージに上げるんだ、と言って、
上がって来た人がその場で彼女にプロポーズしたのにはビックリ。
やぁ、よくアメリカでは球場でのプロポーズってありますけどね、
コンサートの場で見たのは初めてでしたよ。w
彼氏のプロポーズの言葉が「64歳になっても愛してもらえますか?」
とビートルズの名曲の引用だったのもウケました。w

最後の流れもグラセンと同じ。
「Helter Skelter」は好きな曲なので生で聴けたのはよかったわぁ。
そしてしっとりと「Golden Slumber」からのメドレー
最後の「The End」でそれぞれのソロを弾きまくるところがあるので
これは本当に最高のエンディングですね。

コンサートが終わって時計を見たら21:35。
何と、2時間40分もやってくれたんですね。
全37曲はグラセンの26曲より遥かに多い!
「Being for the Benefit of Mr. Kite」なんて
ライブでは絶対に無理そうな曲が聴けたのもよかった。

僕にとって、ポールやビートルズは CD や映画でしか知らない
伝説の人でした。
今年76歳という彼が、日本に来てライブをやるというのは
何となくおじいちゃんが昔懐かしの曲をやります、
くらいの感じかなぁ、と正直あまり期待してなかったんです。
一応伝説の人だから見ておくか、くらいな感じで。
でも、実際には全然違いました。
その年齢には見えないくらい、声も動きも若いし、
何と言っても発するエネルギーがすごい。
だから、昔の曲やってます、じゃなくて
あくまでも今、今、リアルタイムのものとして
全ての曲が生き生きと響くんですよね。
僕はミュージシャンの端くれとして今回ポールに
ライブってこういう風にやるんだぜ! って
教えてもらった気がします。
そんな貴重な経験をさせてもらったコンサートでした。
ポール、ありがとう!

最後に当日のセットリストです。
かっこ内はビートルズ以外の曲と
ニューアルバムの曲についてコメントしています。

1. A Hard Day’s Night
2. Junior’s Farm (Wings)
3. Can’t Buy Me Love
4. Letting Go (Wings)
5. Who Cares (Egypt Station)
6. Got to Get You Into My Life
7. Come On to Me (Egypt Station)
8. Let Me Roll It (Wings)
9. I’ve Got a Feeling
10. Let ‘Em In (Wings)
11. My Valentine (solo)
12. Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings)
13. Maybe I’m Amazed (solo)
14. We Can Work It Out
15. In Spite of All the Danger (The Quarrymen)
16. From Me to You
17. Love Me Do
18. Blackbird
19. Here Today
20. Queenie Eye (solo)
21. Lady Madonna
22. Eleanor Rigby
23. Fuh you (Egypt Station)
24. Being for the Benefit of Mr. Kite
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run (Wings)
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die (Wings)
31. Hey Jude

(アンコール)
32.I Saw Her Standing There
33. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
34. Helter Skelter
35. Golden Slumber
36. Carry That Weight
37. The End

2018年11月1日木曜日

【Burn2】何と、最後の最後のイベント「後夜祭」が YMB SIM で開催!?

Burn2 のイベント自体は今週の月曜日の朝おわりましたが、
例年ですともう1週間会場は空いていて展示物もそのまま、
そして最後に日曜日にみんなで燃やして後を残さずに終える、
という感じなのですが、今年はその後を残さずの期限が
日本時間の明日15時。
ってことは、殆どの日本の方は今晩中に片付けないと、ですよね。
というわけで、たくさんの人で賑わったナチュさんのキャンプも
これこの通り、何にもない砂漠に戻ってしまいました。

181101a.jpg

ナチュさんイベントの最後はるぅさんが感動的に飾ってくれましたが、
あの日はログイン障害で落とされて戻れなかった人も多く、
何より何でも燃やしたがるナチュさんが
大人しく花火を上げて終わるはずがないですよねぇ。。。

そしたら、やっぱり、企画してましたよ!
今度の土曜日の夜、YMB SIM に砂漠のナチュさんキャンプを再現、
更に出演した皆さんを呼んで「後夜祭」をやるそうです。
最後にはバーニングマンよろしく、会場を燃やし尽くすとのこと。w
何と、21:00〜24:30くらいまでのマラソンイベントになりそうです。
これは盛り上がらないわけはないので、Burn2 にいらした方も
見逃した方も、是非、土曜の夜はお集まり下さい。
お待ちしています!^^

181101b.jpg

■Burn2「後夜祭」
・日時:2018年11月3日(土)21:00〜24:30
・会場:YMB パーク
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23
・出演:
    21:00〜21:30 naturalway Flow
    21:30〜22:00 brezza Pessoa
    22:00〜22:30 Kirara Boa
    22:30〜23:00 Gina Watanabe
    23:00〜23:30 Celfeuil Falta
    23:30〜24:00 Rulie Cisse
    24:00〜    解体式 w/ Hiroshi Kumaki

2018年10月30日火曜日

【Burn2】ナチュさんキャンプ最終日のイベントありがとうございました!

1週間に渡って続いた Burn2 のイベント、
ナチュさんと僕とで組んで企画した一連の催しは
昨晩、ナチュさんのキャンプでのじーなさん、るぅさんのステージで
幕を閉じました。
その最後を飾るに相応しく、じーなさんの DJ も
るぅさんのピアノもホント気持ちよかった。
例によって Burn2 のスタッフのみなさんも一緒に踊っていて
ホント、ご来場頂いたみなさんのおかげで
文字通り燃えるような熱いひとときを共にできたと思っています。
じーなさん、るぅさん、お越し頂き、友だちを呼んで下さった皆さん、
そして企画のナチュさん、本当にありがとうございました。

181029b.jpg

181029c.jpg

残念だったのは、るぅさんの演奏が終盤を迎えた時に、
リンデンのサーバトラブルで突然僕を含め
たくさんの人が SL から振り落とされたことですね。><
最初は自分だけかと思っていたので、
戻った時急に人が減っているのにビックリしました。
最初は見えてないだけかな? と思ったのですけれど。
それでも無事戻れて、ナチュさんが上げる花火を見れたし、
じーなさん、るぅさんにお礼の挨拶もできたし、
自分としてはまずまずのエンディングでした。

ただそのサーバ障害の影響で、本来2時から予定されていた
テンプルバーンは中止となり、
8時からの回はやります、とのアナウンスだったものの、
その時間でも結局回復せず、
テンプルバーンは来週、日本時間の11月5日(月)の
午前2時と8時の2回に延期になりました。
そして、これと平仄をとるように、バーニングマンの方も、
11月4日(日)の午前4時と10時の2回行われるそうです。
今回逃した方にはまだチャンスがあるというわけです。

何はともあれ、今年の Burn2 のイベントは一旦終わり。
ナチュさん、5年間も隠居していたとは思えないほど
連日仕込みをしたり、出演者の人と連絡をとったり、
この1週間、いえその前の週からずっと動き回っていました。
そのおかげでとても充実した楽しい1週間を
たくさんの方々と共にすることができたと思っています。
そしてお忙しい中出演を調整して下さった皆さん、
ホントありがとうございます。
またどこかでこういう楽しいイベントを一緒にできればと
そう考えています。

そう、この時を共にできた全てのみなさんに感謝致します。
ありがとうございました。
またお会いできる時を楽しみに。

2018年10月29日月曜日

【Burn2】速報:残念!2時のテンプルバーンは中止に!><

取り急ぎの速報です。
日本時間10月29日(月)2:00から予定されていた
テンプルバーンのイベントはリンデンのサーバ障害により
「中止」と決定しました。
もしまだログインしようと試みていらっしゃる方、
この時間はもうありませんので諦めて下さい。
一方、8:00から予定されている方は予定どおり決行だそうですが、
この時間て日本で仕事してる方は通勤電車に乗ってますよねぇ。

リーダーの iSkye さんとそんな話をして
今別れて来たところです。
ご参考までにちょうどそんな話をしてる時、
燃えるんじゃなくて突如テンプルが消えて
みんなビックリしてるところのSSを上げておきますね。^^;

181029a.jpg

一連のイベントは終わりましたが、
会場は日本時間で11月2日(木)15:00までやってますので、
それまでにまた何かやらかすかもです。
最後まで Burn on!

2018年10月28日日曜日

【Burn2】いよいよ最終日〜今晩は22:00よりじーなさん、るぅさんです!

さて、1週間にわたって続いた Burn2 のイベントも
今晩で一応の終わりです。
最終日の今日は22:00から DJ の Gina Watanabe さん
23:00からの大トリはピアノの Rulie Cisse さんが
ナチュさんのキャンプで盛り上げてくれます。

じーなさんは元々げんちゃんつながりで知り合ったのですが、
昨年ヤズさんが SL と RL をつないで企画した
「Noir Musique Revue 2017」でご一緒させて頂いて
RL でもつながって、それからちょうど1年ですので
今晩のイベント、とても楽しみにしています。

そして、るぅさんは毎年のように SLB や Burn2 で
ご一緒させて頂きましたが、今年はこのナチュさんのキャンプに登場。
週末どこよりも人を集めたナチュさんキャンプのイベントの
最後を飾るに相応しい大御所の登場、って感じですね。^^

るぅさんと言えば、昨晩のるなさんの時間にも来て下さったとか。
昨晩は自分のライブの準備があって残念ながら見逃しましたので
今日はしっかりと楽しませて戴きたいと思っています。

そしてもう一つ、前の日記でもお伝えしていますが、
Burn2 のイベントの最後の最後、
神聖なる寺院を燃やして踊り狂うテンプルバーンのイベントが
日本時間の今晩2時と明日の朝8時から行われます。
ご都合つく方は是非参加されるとよいと思います。

さぁ、いよいよ最後の夜。
ご飯食べて、飲み物用意してイベントに臨みましょうか!

181017b.jpg

■Naturax イベント
・日時:2018年10月28日(日)22:00〜24:00
・会場:Natulax - music camp produced by Natulax
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24
・プログラム:22:00〜23:00 Gina Watanae
       23:00〜24:00 Rulie Cisse

181020d.jpg

■テンプルバーン
・日時:2018年10月29日(月)2:00〜/8:00〜
・会場:テンプル
    https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Dont%20Panic/161/39/24

【Burn2】そしてバーニングマン夜組レポート

僕の記念ライブがはねたあとに会場で話題になってましたが、
今年はイベントの最終日に「ザ・マン」を燃やす
バーニングマンのイベントがあるのが今日、
日本時間で10月28日(日)の2:00と8:00の2回。
何とも中途半端な時間で、またライブが終わったのも
0時を15分位回ってましたので、こうなると
もうちょっと待って2:00からの回を見る人と
もうすぐ寝て7:30くらいに起きて朝の回を見る人と
二手に分かれますよね。
ナチュさんは朝見るからもう寝る〜〜、ととっとと引き上げましたが、
僕はこの時間なので朝起きる自身は全くなし。w
というわけで2時前に会場に行ったらとわさんとジオさんがいて
そこにこじゃさんも合流して、4人で地べたに座って
会話しながらバーニングマンが燃えるのを待ってました。

ところが!
何か運営側でトラブルがあるようでなかなか始まらず、
そのうち3時からの開始になりました、のアナウンス。
しかし3時になってもやっぱり始まりません。
が、そのうち、ランプライターズと呼ばれる方々の
松明を掲げた行進が始まり、イベントが開始します。

181028c.jpg

この方々がザ・マンのいる SIM を一周したあと、
そのザ・マンに近付いて行って、3時半の時計に合わせて点火!
ザ・マンが燃え始めます。

181028d.jpg

いよいよ! と思ったら、ザ・マン、あっという間に焼け落ちます。
待った時間が長かっただけに、僕もとわさんも思わず「はや!」
そのあと、ザ・マンの手足の部品やら土台を作っていた板やらは
結構時間をかけて吹き飛んでいましたので、
燃え続ける土台を呆然と見ながら遅くまで話し込んでいました。
が、こじゃさん、全く反応がなくなったので
どこかで寝落ちしましたね? ホイホイしますよ!w

181028e.jpg

朝起きたらもう8時を過ぎてました。
朝組の皆さんはどうだったんでしょうか?
この日記を見る頃にはもうどちらも終わってるので
見逃した方には残念ですが、次はザ・マンの北側にある
寺院を燃やすテンプルバーンのイベントもあります。
燃える寺院の中にみんなで集まって踊り狂うのですが、
これも日本時間で29日(月)の2時と8時なので
ちょっと厳しい時間帯ですね。
8時は絶対無理なので、2時の回で見るかどうか
体調と相談しながら考えます。^^;

【Burn2】デビュー11周年記念ライブありがとうございました!

昨晩のデビュー11周年記念ライブにはたくさんの方々に
お越し頂き、本当にありがとうございました。
きっとまた日本人だけだよね、と見込んでいたら、
ナチュさんのキャンプからそのまま来られた方や
Burn2 のスタッフの皆さんも結構いて
そんなみなさんが会場から更に人を呼んでくれて
たくさんの人でチャットも行き交う素晴らしい集まりとなりました。
演奏中も終わってからも、素晴らしいショーだ、
とお褒めの言葉を頂き、嬉しい限りです。

そんな素晴らしいショーは、何と想定外の SIM のトラブルで
約20分押しのスタートとなりました。><
昨晩は20:30からナチュさんのキャンプのイベントだったので、
21:00まで DJ Cat さんのパーティーで楽しんで
それから準備のために移動したんですが、
開演予定時刻の3分前、全ての準備を終えて
さぁ、会場のストリーミング URL を変えようとしたら変わらない。
変える権限はもらっているので、土地情報の「サウンド」欄は
選択できるようになっているし、実際今入っているものを消して
自分の URL を設定できるんですが、土地情報を閉じると
また元に戻ってる。
もしかして僕のマシンの調子? と思って、
同じ権限を持っているヒロコがトライするもやはり同じ。
あっという間に開演時間を10分過ぎていて
Burn2 の運営用の GIM で誰かレンジャーの人いる?
センターキャンプでこれからライブやるんだけど
URL 帰られなくて困ってる! と発言したら、
「目の前にいるよ〜」との返事。
何と、ライブを見に来てくれていた人の中にレンジャーの方がいて
彼に URL を渡したら、やっぱり苦労してるみたいだったけれど
暫く待っていたら変わりました! よかった!
その間周辺チャットでは撮影に来てきたしんさんも
YouTube につながらない! と焦ってましたから
やっぱり何かおかしかったんでしょうね。><

で、やっとのことでスタートしたライブは
いつもと違ってヒロコが先にステージに上がって
僕を呼び出す形でスタート。
この11年間を振り返る形の曲を選びましたが
あれもこれもやりたい曲をやると90分以上はかかるので
特にいろんな方との思い出のある曲を中心に据えました。
思い出という意味では、僕のライブは久しぶりのナチュさんが
「スタートラッカー」をやるのを期待していたようで、
僕自身もこの曲やけんみさんのラジオのテーマ曲も候補でしたが
今回は落とさせてもらって、
代わりにアンコール曲は会場に来てくれた
Burn2 のスタッフに感謝して Burn2 の曲で締めさせて戴きました。
いかがでしたでしょうか?

続いては The Black Stripes のステージ。
昨晩もエレさんお休みだったので、
僕がキーボードベースを抱えてお手伝い。
やー、やっぱり The Black Stripes の音楽はすごいですね
海外のみなさんの反応がとってもいいんですよ。
こじゃさん自身、今回は海外や Burn2 を意識して
セットリストを組んだようで、最近のライブでは耳にしない
レアな曲もいくつかあって、その意味でも楽しめましたね。^^
そして海外を意識した、と言いつつ、
最後の曲はまさかの「納豆の神様がやってくる」!
アンコール〜、となって僕もソロをとった
「From Japan to Japan」でかっこよく締めて頂きました。

181028a.jpg

181028b.jpg

そしてちょうど演奏を終えたところで
「ありがとうございました〜」と明らかに子供の声。
そうです! こじゃさんのお子さんが起きてきて
RL からの乱入して来たわけです。
乱入と言っても、そのセリフはタイミング的に合ってるわけですが、
何となく会場はパチンコ屋の閉店の時のような雰囲気に。www
ハプニングで始まり、ハプニングで終わった
僕のデビュー11周年記念ライブでした。
そう言えば、以前せなちゃんが言ってたなぁ。
ヒロシさんのライブはハプニングが楽しみだって。
やっぱりそこかよ!><

というわけで、無事、、、じゃないけど
大変な盛り上がりのうちに終えることができました。
ご来場頂いたみなさん、一緒に場を盛り上げてくれたこじゃさん、
撮影のしんさん、そして Burn2 のスタッフのみなさん、
本当にありがとうございました。

最後に昨晩のセットリストです。

■Hiroshi Kumaki デビュー11周年記念ライブ
 「それは11年前の今日のこと!」
・日時:2018年10月27日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
・曲目:
    1. It Was Eleven Years Ago Today
     (The Beatles "Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club
      Band" カバー、Vo=Hiroko Sweetwater)
    2. セカンドライフのテーマ
    3. ファウンデーション(新曲)
    4. Children's Play(こじゃさんとの共作)
    5. サンライズ
    6. 大クマクマ音頭(ナチュさんとの共作)
    7. メロディ(あおいさんとの共作)
    8. ONE
    9. アンコール「(Let's) Burn Down the SIM」

2018年10月27日土曜日

【Burn2】そして今晩は20:30から DJ Cat & Luna, Hiroshi Kumaki, The Black Stripes と続きます!

今年の Burn2 最後の週末、昨晩のブレさん、セルさんに始まって
土曜日の今晩は、いつもより早く20:30から24:00まで
3時間半にわたってイベントを立て続きに行いますので、
お時間ご都合つく方は是非このマラソンイベントにお付き合い下さい。

まず、20:30〜22:00までの1時間半は
DJ Cat さんとるなさんがナチュさんのキャンプで
それぞ45分ずつ回して頂く予定です。
るなさんはピアノのるぅさんと一緒にやってらっしゃる時に
たま〜に遊びに行ったりすることもありますが、
DJ Cat さんの方は、一時期毎日のように
一緒に何かやっていたこともあったんですが、
最近はずっとご無沙汰してました。^^;
そんなお二人がどんな音を聞かせてくれるのか楽しみです。

続いて22:00からの1時間が僕のデビュー11周年記念ライブ。
正に11年前の今日、10月27日に当時軽井沢 SIM にあった
Aquarium Cosmic Tree というぴらさんの水族館で
初めてライブ演奏をしたんですよね。
そして、その初ライブに向けて、SL らしいもの、SL らしいことって
どんなものやことなんだろうと探し物をしに来たのが
今の Burn2、当時のバーニングライフだったんですよ。
なので、この特別な日に Burn2 の会場で記念ライブを行うのは
本当に嬉しいことなんです。^^

そして今晩のトリ、23:00からは The Black Stripes の皆さんです。
もう説明不要の世界的に有名な SL バンドですが、
ここでは黒縞屋の皆さんとの出会いが僕の SL での音楽活動の
幅を広げてくれたと思っていると、そのことだけ触れておきます。
実際、昨年、一昨年と、何と RL で一緒に演奏する機会に
恵まれましたしね。
今日はどんな曲を披露して頂けるんでしょうか。楽しみです。^^

というわけで、あともう2時間ちょっとでスタートです。
早めにご飯食べて是非20:30からインして下さいね。
そして、みんなで一緒に Burn on!

181017b.jpg

■Naturax イベント「DJ Cat & Luna」
・日時:2018年10月27日(土)20:30〜22:00
・会場:Natulax - music camp produced by Natulax
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

181020b.jpg

■Hiroshi Kumaki デビュー11周年記念ライブ
 「それは11年前の今日のこと!」
・日時:2018年10月27日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/167/189/24
・プログラム:22:00〜23:00 第1部 Hiroshi Kumaki
       23:00〜24:00 第2部 The Black Stripes

【Burn2】昨晩のブレさん、セルさんのイベントありがとうございました!

昨晩のナチュさんのキャンプでのイベントは
ブレさんとセルさん、お二方の DJ によるパーティーでした。
ブレさんは地雷がいろいろ仕込んであるという J-Rock で攻め、
セルさんはかっこよかったりお洒落な曲の合間に
お笑い系が入るなど、大変に盛り上がった楽しい2時間でした。
Burn2 のスタッフの方も「Japanese rock だ!」と大喜びで
最後までお付き合い下さいました。
本当に、次から次へと人が来て、一番多い時で SIM 人口45人、
その殆どがこのキャンプに集まって踊り狂っているという
それはもうものすごい状況でした。^^
こういう状況も久しぶりでしたが、久しぶりにお会いする方もいて、
ホント、SL 同窓会のような盛り上がり方してましたね。
最後に会ってから9年ぶりくらいだよ、なんて方もいたりして。w

181027a.jpg

181027b.jpg

181027c.jpg

そして、このパーティーを盛り上げてくれたのがらきさん。
毎週月曜日の YMB の集まりでもダンスを提供して下さってますが
昨日も前打ち合わせなしにも拘わらず、
お二人の DJ が流す曲にぴったり合わせたダンスを繰り出して
会場のみんなの気持ちを一つにしてくれました。

そんなわけで、昨晩は本当に楽しいひとときを過ごさせて戴きました。
DJ のブレさん、セルさん、ダンマスのらきさん、
そしてこの集まりを企画してくれたナチュさん、
ありがとうございました!

しかし。。。

Burn2 のイベントはまだまだ続きます。
今晩はいよいよ僕のデビュー11周年記念ライブと
The Black Stripes のスペシャルライブがあります。
こちらも是非よろしくお願いしますね!^^

181020b.jpg

■Hiroshi Kumaki デビュー11周年記念ライブ
 「それは11年前の今日のこと!」
・日時:2018年10月27日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/167/189/24
・プログラム:22:00〜23:00 第1部 Hiroshi Kumaki
       23:00〜24:00 第2部 The Black Stripes

2018年10月24日水曜日

【Burn2】今週末はブレさんとセルさんです!

さて今日は水曜日で、今週も折り返しですね。
そして今週末はまたまた Burn2 でやらかしますよ〜。
というわけで、まず金曜日、10月26日(金)は
22:00から brezza Pessoa さんと Celfeuil Falta さん、
お二人の DJ によるパーティータイムとなります。
ブレさんは毎週月曜日22:00から YMB001 で回して下さっている方、
セルさんもかつてナチュさんといろいろ一緒にやられていた
そんなイメージのある方です。
そんなお二人がどんな曲で私たちを楽しませてくれるのでしょうか?
金曜日はみんなでナチュさんのキャンプに集合です!^^

181017b.jpg

■brezza Pessoa
・日時:2018年10月26日(金)22:00
・開場:Burn2「Natulax」
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

■Celfeuil Falta
・日時:2018年10月26日(金)23:00
・開場:Burn2「Natulax」
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

ずっと耳に残っている曲たち

今回 Burn2 のステージで、「われはロボット」の作者
アイザック・アシモフに因んで「ファウンデーション」という曲を
披露させて頂きました。
特に SF ファンにはお馴染みのことと思いますが、
「ファウンデーション」は日本では「銀河帝国の興亡」という
厚木淳さんの素晴らしい翻訳で知られたシリーズで、
1950年代に3部作として発表されましたが、
その後1980年代以降、アシモフが亡くなるまで
書き続けられた大河小説なのです。

が、実は今回の「ファウンデーション」という曲、
元は「Sci-Fi Movie Theme」というタイトルを予定していました。
僕が子供時代を過ごした1970年代は
子供心をワクワクさせてくれる SF のテレビシリーズが
たくさん作られた時代です。
そんな子供時代にテレビを見て、以来耳から離れない曲たちがあって
そうした曲へのオマージュとしてこの曲を作ったというわけなんです。
では、それはどんな曲たちだったのか。。。

一つは、JPL  のカール・セーガン博士がホストを務めた
「COSMOS」というテレビ・シリーズ。
これはホントにステキな宇宙番組でした。
今年はインドの『リグ・ヴェーダ』を元にした
「宇宙開闢の歌」なるものをリリースしましたが、
その『リグ・ヴェーダ』を最初に知ったのもこの番組です。
教師時代にこの原作本のテキストを英語の授業で使ったこともあり、
それほど感化されたテレビ番組でありますが、
特によかったのがテーマ曲。
ホント、キラキラしてて宇宙的な広がりを感じられて、
以来ずっと耳に残っていたんです。
テレビを見ていた頃は自分が音楽やるなんて思ってなかったので
そんなところまでチェックしてなかったのですが、
このテーマ曲、実は日本ではあの「ブレードランナー」で有名な
ヴァンゲリスの『Heaven and Hell(天国と地獄)』という
アルバムの一部なんですよね。
実はこれを知ったのはつい最近で、
あの曲は何だったんだろうとググったら出て来たので、
はい、すぐに CD 屋で見つけて買っちゃいましたよ。^^
「COSMOS」の番組で使われた部分だけじゃなくて、
全体的にやっぱり僕の好みですね。^^;
因みに、「COSMOS」の動画はこちらをどうぞ。



それからもう一つは、やっぱり子供時代、
NHK の「少年ドラマシリーズ」でやってた「地球防衛団」
これのテーマ曲ですね。
これがいかにも宇宙的でかっこよかった。
実は、この曲、ずっと耳に残ってたんだけど、
「少年ドラマシリーズ」でやってたもの、
というくらいしか記憶がなく、番組のタイトルも覚えてなかったけど、
さすがネット時代はすごいですね、
「少年ドラマシリーズ」の全番組一覧みたいのがググれば出て来て、
そこから海外の作品を当たって、一番 SF っぽいのが
この「地球防衛団」という円谷プロみたいなタイトルのもので、
調べていくとそれが「The Tomorrow People」という
英国テムズ・テレビ作成の番組とわかり、
更にそれを YouTube で検索したら出て来ましたよ。
そして、正にそのテーマ曲が僕の耳に残っているものでした!
「The Tomorrow People」の動画はこちらね。



そんなこんなで、こうした動画を見ながら、作曲したのが
新曲「ファウンデーション」というわけ。
そして、ずっと耳に残っていたこうした曲たちに再び出会い、
自分のイメージする SF のテーマ曲を書いたら
長い間耳に残っていた曲たちはすっかり消えてしまいました。
そう、これからは自分の作った新しい曲を
大事に育てていこうと思っているヒロシなのです。^^

2018年10月23日火曜日

【Burn2】昨晩はきららさんの「ぽんぽんラジオ」ありがとうございました!

さて、日本では Burn2 始まって最初の日曜日、
日曜日と言えば、Kirara Boa さんの「ぽんぽんラジオ」の日ですが、
昨日は場所を変えて Burn2 のナチュさんのキャンプでの
公演と相成りました。

181022a.jpg

きららさんとは何かのご縁だったか忘れてしまいましたが
FB でフレになって頂いているものの、
実はインワで一緒にイベントを行ったことはないのでした。
なので、「ぽんぽんラジオ」もその存在は知っているものの、
会場で直接参加して聴くのは初めて、とても新鮮な経験でした。
本当はもっと前から参加すべきだったんですけどね。^^;

まぁ、それだけにきららさんの語り口や
それに対する会場のみなさんの突っ込みなど、
とっても楽しませて頂きました。
かけて頂いた曲の1曲目がまさかの「納豆の神様やって来る」で、
そのあと会場は納豆ネタで引っ張る引っ張る。(ね〜ば〜)
更にはその後の変態ネタでも引っ張る引っ張る。w
あと、きららさんがボーカリストであることは知っていましたが、
歌を聴いたのも初めてで、それもすごくよかったです。^^

そんなこんなであっと言う間の40分。
やー、日本語のラジオなので、
常連の日本人のお客さんばかりと思いきや、
海外からいらしてる方、あと、Burn2 のスタッフの方も
じっと聴いていらっしゃいましたね。
音楽が流れるのを期待してでしょうけれど、
こういうのがホント、Burn2 やってて一番嬉しい。^^
実際、この会場がある SIM、一時人口が30人を越えてました。
他の Burn2 の SIM が10人もいなかったので、
これはホント嬉しかったですね。
Burn2 の会場で敢えて日本語のラジオをやるという
ナチュさんの企画大当たり、って感じです。
ホント、たくさん来て頂いたみなさん、
ありがとうございました!m(_ _)m
 そして勿論、きららさん、楽しい時間をありがとうございました!

こうして、今年の Burn2 の最初の週末は終わりました。
次は今週末、金、土、日と3日間連続でまたイベントやります。
次の金曜日、10月26日はブレさんとセルさんです。
このお二人のイベントについてはまた別の日記で書きますね。
お楽しみに!^^

2018年10月21日日曜日

【Burn2】そして今晩は「ぽんぽんラジオ」Burn2 公演です!

というわけで、自分のステージが終わって
しばし放心状態のヒロシでしたが、
ぼーっとしてるわけにはいきません。
Burn2 の2日目の今日は日曜日ということもあって、
そう、毎週日曜日に Kirara Boa さんがやっている
「ぽんぽんラジオ」、今日は会場を Burn2 の
ナチュさんのキャンプに移しての公演となります。イエ〜〜イ!

そう言えば、開場するまでお見せしてませんでしたが、
ナチュさんのキャンプの全体はこんな感じです。
客席と一体になったステージのような感じで、
実はステージ自体が倒れたロボットのような形をしてます。
そして、そのロボットはナチュさんらしく火を吹いています。
また、写真では見えづらいと思いますが、
ステージの右端には案内ロボが立っていて
タッチすると次のスケジュールを教えてくれたり、
スケジュールやLMをくれたりします。w

181021c.jpg

というわけで、今晩は22時から
こちらのナチュさんのキャンプにお集まり下さい。
Burn on!

181017b.jpg

■Kirara Boa「ぽんぽんラジオ」
・日時:2018年10月21日(日)22:00
・開場:Burn2「Natulax」
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

【Burn2】昨晩の Burn2 ライブ、ご来場ありがとうございました!

昨晩は無事予定通りにナチュさんと Burn2 センターキャンプでの
ライブを終えることができました。
皆さんにいらして頂いたおかげで Burn2 の会場を盛り上げることが
できたと思い、感謝しています。
ここに御礼申し上げます。

22時からの第一部はナチュさんのライブでスタート。
ナチュさん、機材のセットは黒縞屋さんのライブの時と同じですが、
何とアバターがロボ化しています。
メカキツネと呼ばれておりました。
それもそのはず、最後の曲は「I, Robot」と
今回の Burn2 のテーマに沿った新曲を用意してましたものね。^^
全体的に気持ちいい曲が多いと会場の評判でした。

181021a.jpg

自分が演奏してる時は写真撮れないので、
ナチュさんがやってる時くらいもっと撮ればよかったですけど、
自分の番でないと安心しきって完全に楽しんでおりました。^^;
Twitter でも公開した上の写真が唯一のものです。
その代わりと言っては何ですが、始まって30分くらいしたところで
SIM の人口を見てみたら、やっぱり僕らの会場が
一番人が多かったですね。^^ その証拠写真がこちら。

181021b.jpg

写真が小さくて見づらいかもですが、
一番左下の SIM が僕らがいたところで26名と出ています。
人が集まってるのが会場のセンターキャンプですね。
他の SIM が5人ずつくらいしかいないし、メインステージは1人。
まぁ、アメリカは早朝だから、ということはあるにしても、
一番人が集まっているというのは嬉しいですね。
みなさんのおかげです。^^

さて、後半、23時からの僕のステージは、
「われはロボット」という SF の古典に因んで、
前半は SF 絡みの曲をやらせて戴きました。
その中で新曲「ファウンデーション」を披露。
これは、元々昔テレビでやってた SF もののドラマの
テーマ曲みたいのを作りたいとずっと思ってて、
ヘンリー・マンシーニの「Mystery Movie Theme」
(日本語のタイトルは「刑事コロンボ」だけど、
 コロンボだけじゃんくて「警部マクロード」とか
 「署長マクミラン」とかシリーズ全体のテーマ曲だった)
を真似して「Sci-Fi Movie Theme」というタイトルで
構想してたわけなんだけど、今回「われはロボット」なんて
アシモフの SF が取り上げられたので、それに因んで
同じアシモフの連作大河小説「ファウンデーション」のテーマとして
作ることにしたわけです。
途中「ぴゅ〜〜」ってオンド・マルトノみたいな
効果音が入ってるのはヘンリー・マンシーニの影響だし、
メロのシンセが「ぽよ〜〜」という感じなのは
「ドクター・フー」や「地球防衛団(The Tomorrow People)」の
影響でしょうね、明らかに。www

まぁ、これをやったおかげで前半はオーケストラ曲が3曲続くという
ある意味シンセのコンサートっぽくない感じになりましたが、
一転してロボット・アバでそれまでじっとしていたヒロコが
突然ステージに上がって「We Are Robots」を歌うという展開、
そこからは歌モノが続いたので皆さんも楽しめたのではないでしょうか。

思わず喋り過ぎて5分時間オーバーしてしまいましたが、
ガイジンさん含めてみなさん喜んで頂いたみたいでよかったです。
本当にありがとうございました。

とは言え、Burn2 はまだ始まったばかり。
ナチュさんのキャンプ「Natulax」でのイベントやら
あと僕のデビュー11周年記念ライブも続きますので、
引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m

最後に昨日のセットリストです。

■Hiroshi Kumaki Burn2 ライブ「AI:今ここにある未来」
・日時:2018年10月20日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
・プログラム:22:00〜23:00 naturalway Flow
       23:00〜24:00 Hiroshi Kumaki
・Hiroshi セットリスト:
  1. Lifebound(オープニング)
  2. 「流れよ、わが涙」と警官は言った
  3. レイ・ブラッドベリのための音楽
  4. ファウンデーション(新曲)
  5. We Are Robots(Burn2 バージョン)
  6. 宇宙開闢の歌
  7. 連作歌曲集「七夕」より「今宵逢ふ」
  8. 「相聞」
  9.  (Let's) Burn Down the SIM

2018年10月20日土曜日

【Burn2】今年の Burn2 が開幕しました!

今年の Burn2、予定通り日本時間の今朝開幕しました。
僕やナチュさん主催のイベントにお越し頂きたいのは勿論ですが、
その他にもいろんなものありますので、是非見て回って下さい。

まずは、何と言ってもこのイベントの中心であるバーニング・マン。
イベントの中心であるからこそ、「ザ・マン」と言われています。
なのに今年はギリギリまで会場に見当たらずヤキモキしました。
例年ですと開催1週間前には会場の中心に立ってて
お前らちゃんと準備しろよ〜、と監督してくれてるような感じですが、
今年は2日前まで影も形もありませんでしたもん。
本当にこれでイベントできるんだろうか、って不安にすらなりました。
しかし、無事、この通り何事もなかったかのように立ってます。w

181020c.jpg

それから、ザ・マンの北の方に歩いていくと「テンプル」があります。
儀式を行う寺院ですが、最終日はザ・マンを燃やしたあと
この寺院も燃やしてみんなで踊り狂います。w
今年のテーマ「われはロボット」を意識してでしょうか、
寺院はロボットに囲まれているものの、その中心はハート型です。
AI が発達しても人の心や精神は忘れられない、ということでしょうか。

181020d.jpg

他にもいろんな展示物がありますが、一番感動したのは、
ゲートの近くにあるラリー・ハーベイさんの追悼展示。
「ラリー・ハーベイさんて誰?」という方が多いと思いますが、
この人こそ1986年に初めてカリフォルニアの海岸で
木の人形を作って燃やした人、
つまり、バーニング・マンの創始者なんです。
僕も知りませんでしたが、今年お亡くなりになったんですね。
この方がいらしたからこそ、今日世界中から何万人も集まる
バーニングマンのイベント、そして Burn2 があるのですね。
私たちに素晴らしい精神を残してくれたことに感謝しつつ
ご冥福を祈りたいと思います。

181020e.jpg

今ご紹介した場所を含めた主な場所のSLURLは次の通りです。

・入場ゲート「ガーラック」
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/174/32/25

・ザ・マン
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Time%20Machine/151/109/24

・テンプル
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Dont%20Panic/161/39/24

・センターキャンプ
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/167/189/24

・メインステージ(DJ イベント会場)
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/178/135/24

・ライブステージ(ライブ会場)
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Alkali/120/9/24

・R.U.R.(展望台)
 https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/84/47/51

・Natulax(ナチュさんのキャンプ)
 http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

・全体のイベントスケジュール
 http://www.burn2.org/calendar

・Burn2 公式ホームページ
 http://www.burn2.org

そして最後に、今晩はこちらもお忘れなく! 22時からです!

181020a.jpg

■Hiroshi Kumaki Burn2 ライブ「AI:今ここにある未来」
・日時:2018年10月20日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/167/189/24
・プログラム:22:00〜23:00 naturalway Flow
       23:00〜24:00 Hiroshi Kumaki

2018年10月17日水曜日

【Burn2】ナチュさんのキャンプでのイベントも決定!

さて、前の日記でナチュさんのキャンプのイベントについては
別途お知らせ、と書いたその別途お知らせの方です。
スケジュールは次の通りですが、
さすがナチュさんの人脈を感じさせる錚々たるメンバーですよ!
そう言えば、かく言う僕も、かつてナチュさんの
ミュージックスターマインの会場で知り合った方、多いですもん。
週末は是非ナチュさんのキャンプにお集まり頂き、
みんなで盛り上がったり新しい友だちを作って頂ければと
そう願っています。^^

そして2回ある土曜日は何れもセンターキャンプで
僕とナチュさんや黒縞屋さんとのライブもありますので
こちらもお忘れなく!^^v

181017b.jpg

■Naturax イベントスケジュール
・会場:Natulax - music camp produced by Natulax
 http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24
・期間:2018年10月20日(土)〜28日(日) ※日本時間
・日程:10月21日(日)22:00 Kirara Boa「ぽんぽんラジオ」
    10月26日(金)22:00 brezza Pessoa「DJ」
    10月26日(金)23:00 Celfeuil Falta「DJ」
    10月27日(土)20:30 Cat & Luna「DJ」
    10月28日(日)22:00 Gina Watanabe「DJ」
    10月28日(日)23:00 Rulie Cisse「ピアノ演奏」

【Burn2】開催間近!10/27の秘密のゲストは The Black Stripes!

はい、Burn2 の開催まであとわずか、
日本時間の10/20(土)午前4:00にオープンです。
そして、その日の22:00からはナチュさんとセンターステージで
ライブをやります。イエ〜〜イ!
そのナチュさんのキャンプも「Naturax」と
あの由緒ある名前に決定し、このイベントへの意気込みを感じます。

そのナチュさんのキャンプについてはまた別途レポートしますが、
今回のこの記事は、そう、タイトル通り、
前回予告していた「秘密のゲスト」が決まりましたのでお知らせ。
そう、The Black Stripes さんの登場となりました!
黒縞屋さんとはつい最近ライブをやったばかりで、
前回は僕がその前座を務めさせて戴きましたが、
今回は僕のステージにゲスト出演してもらうことになりました。
ポスターの表記も「秘密のゲスト」ではなくなりましたよ。^^

さあ、どんなステージになるんでしょうか。
是非お友だちを誘って遊びに来て下さいね!

181017a.jpg

■Hiroshi Kumaki デビュー11周年記念ライブ
 「それは11年前の今日のこと!」
・日時:2018年10月27日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/155/180/24
・プログラム:22:00〜23:00 第一部 Hiroshi Kumaki
       23:00〜24:00 第二部 The Black Stripes
・備考:センターキャンプの SLURL は独自に取得したものです。
    公式の SLURL が発表になりましたら差し替えます。

2018年10月13日土曜日

【ライブ】デビュー11周年記念ライブも10/27(土)Burn2の会場でやります!

さて、Burn2 の開会まであと1週間を切りました。
この間僕はライブができるように
ステージマネジャーの人とやりとりしたり、
ナチュさんが着々とキャンプを設営してるお手伝いをしたり
オープニングに向けて一つ一つ課題をクリアしていってるところです。
ナチュさんのキャンプでは何人か日本の DJ やミュージシャンの方が
スケジュールを調整して下さっているので、
皆さんも是非楽しみにして頂いて、Burn2 の期間中、2回の週末は
是非ナチュさんのキャンプでお過ごし頂ければと思います。

さて、僕のライブは10/20(土)のを前回お伝えしましたが、
実は、翌週10/27 (土)も同じセンターキャンプでの出演が
既に決定しているのです。
そして10月27日と言えば、そう!
僕が11年前に SL で初めてライブを行った日なのです!^^
なので今年は Burn2 のセンターキャンプという
実に思い出深い場所でデビュー11周年記念ライブをやるわけです。
そんな僕にとって特別な場となりましたので、
この日はある方をゲストにお呼びしています。
が、その方の事情でまだ出演を最終決定できないので、
一応ここでは「秘密のゲスト」ということにしておきます。
その方がダメな場合は他の方をお呼びするかどうかは
まだ考えてません。
なのでポスターには「ft. "Secret Guest" と書いてあります。w

さて、どんなライブになるんでしょうか。
いつものことですが、僕自身まだ想像できてないくらいなので、
是非楽しみにして当日会場にお越し下さい。
お待ちしています!^^

※諸々の詳しい情報は以下で確認して下さいね!^^

■Burn2 公式ブログ
 http://www.burn2.org

■naturalway Flow キャンプ SLURL
 http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24

181013a.jpg

■Hiroshi Kumaki デビュー11周年記念ライブ
 「それは11年前の今日のこと!」
・日時:2018年10月27日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/155/180/24
・プログラム:22:00〜24:00 Hiroshi Kumaki & 秘密のゲスト
・備考:センターキャンプの SLURL は独自に取得したものです。
    公式の SLURL が発表になりましたら差し替えます。

2018年10月7日日曜日

【イベント】Burn2 まであと2週間!〜いろいろ決定!

SL を始めてから今年の7月で12年目に入りましたが、
その最初の年2007年に初めて見物に行ってこれはスゴイと思い、
翌年からほぼ毎年参加してきた Burn2(当初 Burning Life)、
今年は10月19日(金)〜28日(日)に開催されますが、
もうあと2週間を切りました。
今年は全体に作業が遅れているようで、
まだザ・マンやテンプルらしきものも見当たりませんが、
それでもまずは僕のライブのスケジュールが決まりましたので
そのお知らせをさせて戴きます。

今年の Burn2 は SL15B とは違って日の並びがいいので
何と2回ステージを行うことになりました。
10月20日と10月27の何れも土曜日、
そして何れも JST 22:00〜24:00 という2時間枠で、
いかにも砂漠のキャンプ、という感じのセンターキャンプが会場です。
10月20には先日鉄道DJ復活&MCありライブイベントを行った
「あの」ナチュさんが回してくれる予定です。
また、10月27日はちょうど僕のデビューライブ11周年に当たるので
こちらも何かスペシャルなことができればと考えています。

ところでそのナチュさんですが、
前々から今年は Burn2 に復活するぞ! と僕には打ち明けてましたが、
何と試しに申し込んだ展示会場の土地が当たるくじに見事当籤!
こちらもかなり盛り上がっております。
Burn2 の展示会場と言えば、初期の頃は企画を申し込んで
良いと認められた企画にタダで土地が与えられていて、
僕自身もそれから YMB でも毎年申し込んでましたが、
そのうちお金を払えば手に入るようになり、
あまりにバカ高いので興味が失せてしまったというのが正直なところ。
いや、実際、企画の審査するのって面倒いと思うんですよね。
なので気持ちはわかる。
そして先方もこちらの気持ちはわかるので、
そのうち土地(plot)のくじ(lottery)、即ち plottery が始まり、
当たった人はタダでもらえるようになったんだけど、
何とそのくじにナチュさん当たっちゃったというわけね。^^
ナチュさんおめでとう!
というわけで、イベントに向けて会場設営中のナチュさんをパチリ!

181007b.jpg

まだ一般の人は会場に入れないので、
ナチュさん、関係者のカードを首から提げて作業してますね。^^
どんな会場になるんでしょうか、
そしてどんなイベントが行われるのでしょうか、楽しみですね!

まだ会場全体も設営中で、諸々の公式 SLURL も決まっておらず
公式ブログでも写真など上がっていませんので、
今お伝えできるのはここまでです。
最新情報は公式ブログでご確認下さい。

Burn2 で皆さんと一緒に盛り上がれるのを楽しみにしています!^^

■Burn2 公式ブログ
 http://www.burn2.org

■naturalway Flow 展示会場 SLURL
 http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Electric%20Sheep/72/249/24
(土地の名前が「電気羊」だって! SFっぽくていい!^^)

181007a.jpg

■Hiroshi Kumaki Burn2 ライブ「AI:今ここにある未来」
・日時:2018年10月20日(土)22:00〜24:00
・会場:Burn2 センターキャンプ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/155/180/24
・プログラム:22:00〜23:00 naturalway Flow
       23:00〜24:00 Hiroshi Kumaki
・備考:センターキャンプの SLURL は独自に取得したものです。
    公式の SLURL が発表になりましたら差し替えます。

2018年9月30日日曜日

秋のスペシャルライブイベント、ご来場ありがとうございました!

昨晩 YMB SIM にて行われた秋のスペシャルライブイベント、
The Black Stripes の「食欲の秋・食い倒れスペシャル」と
僕の「読書の秋・寝落ち覚悟スペシャル」には
たくさんの方にお越し頂き、場を盛り上げて頂いて
本当にありがとうございました。
直前に案内させて頂きましたが、あのナチュさんも飛び入りで
MC を交えながらオリジナルの曲を回して頂き、
楽しい3時間となりました。
3時間というと大がかりなイベントの感じがしますが、
ホント、あっという間に過ぎてしまいましたね。^^

まずは22:00に今日はキツネ姿のナチュさん登場。
何だか出で立ちも機材もサイバーパンクというかバイカーというか
今日はいつもとは違うぞ! という空気を漂わせてましたね。
そして、自分が作った曲にまつわる話をしながら、
どんどん曲をかけていきました。
とってもノリがよくって、アンコールの声も上がってましたね。^^

180930a.jpg

続いて23:00からは僕のステージ。
読書の秋ということで、本にインスピレーションを受けた曲を中心に
セットを組ませて頂きました。
最後の曲「宇宙開闢の歌」は、出だし何故かノイズが乗って
その調整にちょっと間が空いてしまいましたが、
会場の皆さんは、エイリアンが信号を妨害してるのでは、
といった暖かい解釈の会話をしながら待っていて下さり、
ホントありがたかったです。;;
また、『万葉集』の歌は時間の都合で歌なしだったことも残念。
これについては、リベンジとして SoundCloud に
ヒロコの歌入り音源を上げておきましたので
よろしかったら聞いてみて下さい。

https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki/koyoi-au-or-theyll-meet-tonight

そして0時からはいよいよ今回のイベントの本命、
The Black Stripes の登場です。
が、何と残念なことにエレさんは事情で出演できず、
僕がピンチヒッターとしてキーボードベースで参加しました。
そして「From Japan to Japan」ではソロもとりましたよ。^^
昨晩いらした方はなかなかレアな The Black Stripes を
目にすることができたのではないでしょうか?

180930b.jpg

MC の中でこじゃさんが SL で音楽始めてもう12年になるのか、
感慨深そうにしゃべっていると、
その間、こじゃさん結婚して生まれた子供も
今や乱入するくらいになっちゃったからね、と突っ込む方がいて、
そうだよなぁ、と僕も感慨深いのでした。
というのも、そのこじゃさんの結婚相手、
僕がピンチヒッターを務めているベースのエレさんこそ、
僕らミュージシャン仲間を引き合わせてくれた方だからです。
正直、彼女との出会いがなかったらこじゃさんとも
それからリョウさんともその後一緒に活動することは
なかったかもしれません。
元々ネクラで他のミュージシャンとは交わらずに
一人で活動していたような人間なんですが、
それをいろんなイベントに引っ張り出してくれたのは
このエレさんとまささんで、お二人にはホント感謝してます。
なのでそのエレさんの代わりに The Black Stripes として
ベースを弾いてるというのは何とも不思議な縁を感じるのでした。

さて、今回のライブはもともともう一人のひろしさんこと
Kumashion の Hiroshi Marimo Sato さんが、
以前のようにもっと音楽を楽しめるばを作りたい、と
こじゃさんにお声かけ頂いたのがきっかけでした。
確かに最近は、僕自身大きなイベント、特にミュージシャンや DJ が
何人も登場するようなイベントの企画は、
忙しさにかまけてやってませんでしたが、
今回は蓋を開けたら上に書いたように3時間にわたる
大きなイベントになってしまいました。
そして終わってみると、出演者もスタッフも
楽しかったね、またやりたいね、と笑顔で別れたのでした。
やっぱりやれば楽しい、そしてやらないと始まらない。
そんなことをひろしさんが示してくれたように思います。
昨晩こじゃさんも MC で言ってましたが、
こういう場があるということがありがたいことですし
幸せなことだと思います。
なのできっとまたどこかで集まって何かやらかします。
その時をお楽しみに!

最後にもう一度。
ご来場頂いたみなさん、企画のひろしさん、
撮影のしんさん、一緒に演奏したこじゃさん、ナチュさん、
そして会場の整地などの準備をしてくれたあおいさんに
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

■Hiroshi Kumaki ライブ「読書の秋・寝落ち覚悟スペシャル」
・日時:2018年9月29日(土)23:00〜24:00
・会場:YMB 001 特設ステージ
・曲目:
    1. Journey to a Crystal World(銀河鉄道の夜)
    2. 風の又三郎
    3. 連作歌曲集『七夕』より「今宵逢ふ」(万葉集)
    4. Music for Ray Bradbury(華氏451・火星年代記)
    5. 流れよわが涙、と警官は言った
    6. 宇宙開闢の歌(リグ・ヴェーダ讃歌)

2018年9月29日土曜日

【ライブ】今晩は22:00からYMB SIM に集合!〜The Black Stripes、Hiroshi Kumaki、そして……!

あっという間に今日、9月29日という日がやってきましたね。
今回主催のもう一人のひろしさんから
The Black Stripes のライブを予定していて
その会場を探しているというお話を伺ったのが8月の終わり頃。
もしよかったら YMB でやりませんか? というお話をしてから
もう1月経ってしまったのだなぁ、という感じです。
その後、前座として自分も出演することにしたんだけれども、
そうです! 例によって例のごとくこれから仕込みです。w

というわけで、今晩は23:00から僕、
そして24:00つまり日付変わって30日の0:00からが
The Black Stripes のステージとなります。

が、ここで緊急告知です!
更にその前22:00から、先日 Club Dolphin で鉄道 DJ をやった
あのナチュさんが、何とオリジナルの新しいトラックを用意して
回すということですよ?
しかも、声出しもすると意気込んでいますよ!@@
なので、イベント自体は23:00からですが、
お時間ある方は早めに会場にいらっしゃると
そのナチュさんの新曲と声をお楽しみ頂けると思います。
この日記のタイトルが「今晩は22:00から」となっているのを見て
あれ? と思われたかたもいらっしゃるでしょうが、
そんなわけでこれは誤植ではないのです。

そして更に!

今晩のイベントは Hole Shot Live のしんさんが
YouTube で中継をして下さいます。
なのでもし万一、YMB SIM が一杯で会場に入れない、という場合は
中継の方でお楽しみ頂けますようお願いします。

以下のライブ情報のところに記載してある SLURL で
YMB Park という空き地になっている場所に降り立ちます。
そのすぐ西側に白いステージが設営してありますので
すぐにわかると思います。

180929d.jpg

「食い倒れスペシャル」というタイトルも考慮して
それらしいオブジェも置いて皆さんのお越しをお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

180917b.jpg

■Hiroshi Kumaki ライブ「読書の秋・寝落ち覚悟スペシャル」
・日時:2018年9月29日(土)23:00〜24:00
・会場:YMB 001 特設ステージ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23

180917a.jpg

■The Black Stripes ライブ「食欲の秋・食い倒れスペシャル!」
・日時:2018年9月29日(土)24:00〜25:00
       (9月30日(日)0:00〜1:00)
・会場:YMB 001 特設ステージ
    http://maps.secondlife.com/secondlife/YMB001/233/52/23

■Hole Shot Live 中継 URL