2022年12月4日日曜日

冬のミニセカライブ、ありがとうございました!

昨晩アリンさんのイベントスペースで行われた
第2回冬のミニセカフェス1日目のライブには
たくさんの方々にお越し頂き、ありがとうございました。
無事トップバッターの役を終えることができました。

昨晩は、12月ということで1年を振り返る意味も込めて、
久しぶりに「World News」という曲でスタートしました。
これは時報の音から始まる
ニュースのオープニングのような音楽のイントロに続き、
がらっと雰囲気が変わってポップス風の歌が流れ、
再びニュースのような音楽で終わるというもので、
2008年頃に作ったものですが、元々は 4th インターバルビルドの
シンセブラスによるテンポの速いオープニング部分を
より格調高いオーケストラによるものに入れ替えたバージョンで
昨晩が初のお披露目ということになります。
ロシアのウクライナ侵攻に始まった 2022年、
12月になっても戦争はまだ続いていて、
早く終わってウクライナの人々もロシアの人々も
平和で安心して暮らせる日々が早く戻ることを願って、
次の「Call for Peace」という曲と共に演奏させて戴きました。

この2曲を演ったあとで、今回の仕掛け人アリンさんに
ステージに上がってもらい、開会のご挨拶も兼ねて
いろいろと話を聞きながら紅胡蝶時代に作った曲と
2日目に出演する CASTS の曲合わせて2曲歌って頂きました。

ここでステージの雰囲気ががらっと変わったこともあって、
そのあとはクリスマスの曲を2曲やって
明るいハッピーな感じでライブを終えました。
そう、2022年という年が平和に終わり、
2023年が皆さんにとってより幸せに満ちたものになることを
願いながら。

最後に、このライブの模様は邪払さんが中継・録画して下さいました。
昨晩ご都合でいらっしゃれなかった方、見逃した! という方は、
是非こちらの録画でお楽しみ下さい。
録画は昨日のイベントを全て収めてあり、
14:20〜50:18 辺りが僕のステージになります。

■第2回 冬のミニセカフェス・Hiroshi Kumaki ライブ

・日時:2022年12月3日(土)21:00〜21:40
・会場:Event Space Butterfly
・曲目:
    1. World News
    2. Call for Peace

    <アリンさんコーナー>
    3. Snow Flake
    4. The Winner Takes It All

    5. Have Yourself a Merry Little Christmas
    6. We Wish You a Merry Christmas

2022年12月3日土曜日

【イベント】 今晩21:00より、冬のミニセカライブです!

そう、あっと言う間に12月3日になりました。
今晩と明日の2日間、アリンさんのイベントスペース Butterfly で
第2回・冬のミニセカフェスが行われます。
詳細は下に記載した通りですが、そのトップはヒロシのライブです。
既にお伝えしている通り、
ライブでは仕掛け人のアリンさんにも歌って頂きますが、
ヒロシの曲も最近やっていないレアなものばかりになりますので、
貴重な40分になることと思います。
是非お友だちとお誘い合わせの上お越し下さい。
会場でお待ちしています!

■第2回・冬のミニセカ
221127a

・開催日:2022年12月3日(土)〜4日(日)
・会場:Event Space Butterfly
・出演:

<1日目・12月3日(土)>
 ① 21:00〜21:40 Hiroshi Kumaki(ゲスト:ARIN)
 ② 21:50〜22:30 スベり知らぁーズ(あん・すん・みん)
 ③ 22:40〜23:20 DJ Judah

<2日目:12月4日(日)>
 ④ 21:00〜21:40 In Yan(三淵啓自)先生と仲間たち
 ⑤ 21:50〜22:30 デジアカ同窓会(座談会)
 ⑥ 22:40〜23:20 CASTS (ARIN, Clione, Luci)

2022年12月1日木曜日

デビュー15周年事業〜ヒロシの RL ライブの映像を初公開!

さて、SL でミュージシャンデビューして15周年の今年、
10月にはセカンドアルバムを発売し、
11月には15周年記念ライブを新しいステージで行い、
そしてとうとう2022年最後の月、12月を迎えた今、
もう一つ15周年記念でリリースさせて戴きます。
それは。。。!

僕の RL でのライブが唯一記録された映像の公開です!
そう、ちょっと前に、2011年に Electrogram が RL に進出、
西早稲田の茶箱でやった時は、声がかかったにもかかわらず
人前に出ることに恐れをなして辞退したヒロシでしたが、
2017年に YAZROCKETT さんの10周年記念で
東京・高円寺でやりますよ〜、という話が来た時には
おもしろい! と思わず食いついて出演したのでした。

この時の模様は SL 内に同時配信されましたので、
ご覧になられた方も結構いらっしゃるんじゃないかと思います。
とは言え、イベント始まってすぐの僕の回は
インターネット回線があまり安定しておらず、
ブツブツと映像も音も途切れて何をやっているのか
よくわからなかった、という方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回蔵出しでございます。^^
やはり配信映像の録画ですので、お見苦しい、
お聞き苦しいところが特に前半でありますが、
この時の目玉とも言うべき「大クマクマ音頭」のところは
結構安定しているのではないでしょうか?
あの、いつも SL ではチャットでやってるコール&レスポンスを
その場に居る生のお客さんから帰ってくるところは
演ってる本人が一番感動してました。w
企画して頂いた YAROCKETT のお二人、
そして撮影のしんさんに感謝感謝です!

というわけで、映像も音も全然よくないのですけれども、
一つの記録として公開させて戴くことと致しました。
子供の時の写真はちょっと前に FB で公開させて戴きましたが、
この映像にあるのが5年前の RL ヒロシでございます。
(RL の友人たちに言わせると全然変わってないそうです。。。)
お楽しみ下さい!w

■Hiroshi Kumaki Live from Real World

■企画:YAZROCKETT(Noir Musique Revue 2017)
■撮影:Sin Nagy (Hole Shot Live TV)
■開催日:2017年10月13日
■会場:ギャラリー螺旋(東京・高円寺)

<曲目>
1. シンセサイザーの即興演奏
2. Rez Yourself〜セカンドライフのテーマ (New Order Respect)
3. 大クマクマ音頭(Rasen Edit)

2022年11月29日火曜日

【新作】 ヒロシ、セカンドアルバムを語る〜その6・「即興曲『安らぎ』」

ヒロシのセカンドアルバムについての話、
今回は6曲目の「即興曲『安らぎ』」について書きます。

前回書きました通り、この曲で今回のアルバムは
前半と後半に分かれるのです。
前半は何れも海に纏わる、
それも東日本大震災に絡んだような曲が多いのですが、
後半はロックっぽいというかジャズっぽいというか
割とフツーな、BGM 的な曲が多いのではないでしょうか。

さてその前半後半を分ける曲「安らぎ」ですが、
実はこれ、2007年10月27日のデビューライブで演奏した曲なのです。
この頃は、SL でライブを演るというそれだけでイッパイイッパイで
ライブレポートは終わりました〜、という報告と、
終了後にスタッフ一同で撮った写真を載せるだけで精一杯で、
セットリストを公開するなんて考えもしなかったこともあり、
今となってはその時何を演奏したかよく覚えていないのです。
が、とにかく、当時はまだレパートリーがあんまりないので、
何とか1時間保たせるためにバタバタと何曲か作りました、
如何せん、時間も限られているので、もう殆どイッパツ録りで
トラックを用意したものの一つがこの曲なのです。

即席とは言え、五音音階のこの曲はどこか懐かしい響きがあって、
自分自身気に入ったので、後に三線の歌曲風にアレンジ、
「Lullaby〜子守唄」として、何度かスタトラその他で演奏しました。
そして、元のピアノ曲の方はより即興的で形式感がないものの、
その雰囲気はよかったのですが、ピアノの音がイマイチ。
で、録り直そうと思いながらも、あの雰囲気はもう出せないと
ず〜っと頭の中にはあったものの実現できないでいたのを
今回思い切って録り直してみたのです。

変な話ですが、もう15年も前に即興的に弾いたものですので、
何をどう弾いたか全く覚えておらず、
残っている音源を iPhone に読み込ませてコード分析しながら、
自分の曲を耳コピーするというアホなことやってます。w
15年前の自分はもう他人なのですが、
やはり自分なので、弾き方のクセはあったりして
新たな気持ちで即興曲として弾くことができました。
自分的にはやっぱり雰囲気は15年前のものの方が
いいように感じるものの、今回の録音が現在の
15年間 SL でライブをやってきた僕の表現ということで
受け止めて頂けると幸いです。

最後に、タイトルについてですが、原題は
「Peace」という英語なのです。
この言葉は日本語にすると「平和」という意味と
「安らぎ」という意味が当てはまりますが、
皆さんお一人お一人には心の安らぎがありますよう、
そして世界全体には平和が一日も早く訪れますよう
そう願って弾いたものなのです。
戦争に始まり、戦争で終わりそうな 2022年、
とても大切なことだと感じ、
今回のアルバムに収録することにした次第です。

■M6 即興曲「安らぎ」

■熊木博士/Sound Cruise in the Metaverse
M01 マザーアース
M02 即興曲「津軽・海」
M03 セーリング
M04 松島
M05 永遠
M06 即興曲「安らぎ」
M07 スタートラッカー
M08 霞か雲か
M09 チルドレンズ・プレイ
M10 メイク・ザ・ミラクル・ハプン
M11 タイム・トゥ・ラブ (龍の巣ミックス 2022)
M12 即興曲「エピローグ」

アルバム購入・試聴の詳しい情報はこちらからどうぞ!

そして、前作「Songs from a Virtual World」はこちら!

ダウンロード購入頂けると大変喜んでまた頑張っちゃいます。w
よろしくお願いします!

2022年11月27日日曜日

【イベント】 12月3日(土)21:00、第2回冬のミニセカフェスに出演します!

何と、バタバタしていた9月10月が過ぎて、11月が来て
ちょっと落ち着いたかな、と思っていたら、
もう今週半ばから12月でございますよ!@@
そしてまたいろいろやっているうちに今年も終わっちゃうのですね!

で、12月と言えば、アリンさん企画の「冬のミニセカフェス」、
通称「ミニセカ」出演のご相談があったのは10月のことだったか、
いいですよ〜、とお返事した時はまだ先だなと思っていましたが、
例によって例のごとく、もう今週末のことなんですね!@@
僕の日記ではこれまで全く書いてなかったですし、
周りの友だちにもあまり喋ってなかったので、
今ここで慌てて告知させて戴きます!><

今年のミニセカは、12月3日(土)と12月4日(日)の2日間、
何れも21:00スタートで、計6組の登場となります。
で、アリンさんからお話を戴いた時は、僕は1日目の2番手、
のはずだったのが、気づいたらいつの間にかトップに!@@
ひえ〜、ということで、ならばと仕掛け人のアリンさんを巻き込んで、
この方にも僕のステージに出て頂くことにしました。w
最初は当日のビックリにしようかと思っていましたが、
ご本人が公表されているので、僕もお伝えしちゃいますね。w
アリンさんは最終日のトリでご出演、
「あのグループ」のカバーをやられるそうですが、
開会式的な意味も込めて最初のイベントにも出演してもらいましょう。

で、僕のステージの中身、お話頂いた時はノーアイデアでしたが、
そのステージでアリンさんが歌う予定の曲を聞いて
なるほど、と思い、全体のセットリストが決まりました。
12月ですしね、1年の終わりの意味を込めて、
最近やってなかった曲たちを久しぶりに演る予定です。
お楽しみに!

その他、夏のセカフェスにも登場された
スベり知らぁーズ(あん・すん・みん)の皆さんや
In Yan 先生のコーナーなどもあって、中身の濃い2日間になるかも?
皆さんのご来場をお待ちしています!

■第2回・冬のミニセカ
221127a

・開催日:2022年12月3日(土)〜4日(日)
・会場:Event Space Butterfly
・出演:

<1日目・12月3日(土)>
 ① 21:00〜21:40 Hiroshi Kumaki(ゲスト:ARIN)
 ② 21:50〜22:30 スベり知らぁーズ(あん・すん・みん)
 ③ 22:40〜23:20 DJ Judah

<2日目:12月4日(日)>
 ④ 21:00〜21:40 In Yan(三淵啓自)先生と仲間たち
 ⑤ 21:50〜22:30 デジアカ同窓会(座談会)
 ⑥ 22:40〜23:20 CASTS (ARIN, Clione, Luci)

2022年11月26日土曜日

【新作】 ヒロシ、セカンドアルバムを語る〜その5・「永遠」

ヒロシのセカンドアルバムについての話、
今回は5曲目の「永遠」について書きます。

6曲目に「安らぎ」というピアノの即興曲が入っていますが、
実はこの曲がアルバム全体を前半と後半に分けているのです。
そして、その前半部分、2曲目の「津軽・海」から
5曲目の「永遠」まではどれも海に関係した曲なんです。
「Sound Cruise in the Metaverse」という
アルバムタイトルを反映しているとも言えるでしょ?

さてその「永遠」ですが、シンセサイザーの音だけで出来た
ある種の音のコラージュのような作品で、
しかもこの曲には動画まで作られているんですよ。
海を見つめていたヒロシが、セカンドライフ内の各所を
一人で訪れて回る、どことなく淋しげな映像なんですが。。。


実は、この曲を作ったのは、やはり東日本大震災の後に
被災地を訪れていた時のことなんです。
あったはずのものがなくなっているという恐ろしい感覚、
そして自分が今見ている海が多くの人々を飲み込んでいった事実。
しかし、それでも、それだからこそ——。

海に消えた人々は、目には見えなくなってしまったけれど、
海や空や風や、そうした自然と一つになり、
永遠の存在となって愛する人たちといつでも共に居る
そうであってほしいと、願わずにはいられないのでした。
この曲はそんな永遠の存在、永遠の世界を音で表現してみたものです。

■M5 永遠

■熊木博士/Sound Cruise in the Metaverse
M01 マザーアース
M02 即興曲「津軽・海」
M03 セーリング
M04 松島
M05 永遠
M06 即興曲「安らぎ」
M07 スタートラッカー
M08 霞か雲か
M09 チルドレンズ・プレイ
M10 メイク・ザ・ミラクル・ハプン
M11 タイム・トゥ・ラブ (龍の巣ミックス 2022)
M12 即興曲「エピローグ」

アルバム購入・試聴の詳しい情報はこちらからどうぞ!

そして、前作「Songs from a Virtual World」はこちら!

ダウンロード購入頂けると大変喜んでまた頑張っちゃいます。w
よろしくお願いします!

2022年11月25日金曜日

【新作】 ヒロシ、セカンドアルバムを語る〜その4・「松島」

ヒロシのセカンドアルバムについての話も今回で4回目、
4曲目の「松島」について書きます。

松島という場所のことを知ったのは小学生の時だったか、
中学生になったばかりの頃か、
当時九州の国鉄で働いていた父親が仙台に出張した時に
松島の絵はがきをお土産に買って来てくれたのです。
当時子供の僕は学校の教科では社会が好きで、
日本のあちこちの風景や暮らしにとても関心を持ってました。
とは言え、子供ですからそんなにあちこち行けるわけもなく、
一方仕事で全国に出張する父に出張先の絵はがきを
買って来てもらうのが楽しみでした。
京都の絵はがきも好きだったな。
で、松島の絵はがきには「日本三景の一」と書いてあった記憶が。
残りの2つはどこだろうと思いつつ、
そんな素晴らしいところなのかと
パッケージの中の絵はがきを見る前からワクワクしてました。
そして。。。
中に入っていたのは不思議な、そして素敵な形の島や岩。
ここ、いつか行ってみたい! と思ったのですね。

そして実際にそこを訪れたのは、それから何十年も経って
2011年の5月、そう、東日本大震災のあとのことでした。
それまでも様々なボランティア活動をしていましたが、
この時ばかりは、これは下手に現地に入ってはいけない、
却って足手まといになる、と考えて、
敢えて震災直後は被災地を訪れませんでした。
そして2ヶ月ほど経ったところで、
被災地を旅してお金を落とすことぐらいならできるのでは? と
5月の連休を利用して、宮城、岩手、青森を回ったのでした。

この「松島」という曲は、その時に松島を遊覧船で回った時、
とても天気がよくて気持ちのよい体験をした時の印象を
音にしたものなんです。
実際には、その時ビデオカメラを回していて、
あとで編集した映像を見ながらその時のことを思い出しつつ
即興的にシンセサイザーやピアノを弾いて出来たものです。
当時撮った映像はちょっと質が悪かったので、
後に2014年に再び訪れた時に撮ったものを、
今度は音に合わせて編集したものが次の動画です。


晴天の松島をこの遊覧船で巡った方は皆さん、
とてもよかったとの感想を表明されますね。
そんな光と風と波の感じが表現出来ているとよいのですが。。。

■M4 松島

■熊木博士/Sound Cruise in the Metaverse
M01 マザーアース
M02 即興曲「津軽・海」
M03 セーリング
M04 松島
M05 永遠
M06 即興曲「安らぎ」
M07 スタートラッカー
M08 霞か雲か
M09 チルドレンズ・プレイ
M10 メイク・ザ・ミラクル・ハプン
M11 タイム・トゥ・ラブ (龍の巣ミックス 2022)
M12 即興曲「エピローグ」

アルバム購入・試聴の詳しい情報はこちらからどうぞ!

そして、前作「Songs from a Virtual World」はこちら!

ダウンロード購入頂けると大変喜んでまた頑張っちゃいます。w
よろしくお願いします!