2017年5月24日水曜日

「さよならR&Y〜Thank You and See You Soon」ご来場ありがとうございました!

昨晩の R&Y Grand Theatre でのライブ
「さよなら R&Y〜Thank You and See You Soon」に
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
あとで聞いた話ですが、何とフル SIM だったそうで、
RY Atoll SIM 最後の日のイベントを大勢のみなさんと共にできて
そして楽しんで頂いて、本当によかったと、ホッとしています。

昨晩は、ジローさんが乱入・乗っ取り予定、なんて
既に事前に告知していました通り、
開演30分を過ぎた頃から客席にいる
ジローさんとれいめいさんを呼んでステージに上がってもらい
約30分間、REI-GIRO のライブもやってもらいました。
もしかすると僕が前菜で REI-GIRO がメインの
音楽定食だったかもしれませんね。
いや、僕自身、お二人のライブは久しぶりだったので、
楽屋でニヤニヤクスクス笑いながらも楽しませてもらいました。
REI-GIRO のお二人が盛り上げて下さったことは間違いないですね。
あと、会場には古葉保貴さんとか Step Up! のもちもちさんとか、
見知った、そして懐かしいミュージシャンの方もいらして
できることならこの方々の歌も聞きたかったですね。^^

さて、「さよなら R&Y」と題しましたが、
僕自身も、そして REI-GIRO のお二人も昨日のイベントは
「お別れ」というよりも「新しい船出、出発(たびだち)」と
捉えていました。
そして、実際、コンサートの終わりに、オーナーのれぃさんが、
新しいホームステッドの SIM で再スタートすることが決まったと
嬉しい発表をしてくれました。
RY Atoll という SIM はなくなりますが、会場にいらして頂いた
みなさんとのつながりやれぃさんゆぅさんの活動、活躍は
これからも続くことは間違いありません。
そんな希望に溢れつつ、また新しい R&Y で
みなさんとお会いできることを今から楽しみにしています。

最後にもう一度、ご来場頂いたみなさんに感謝致します。
それから、急な企画だったにも拘わらず、
撮影・録画を担当してくれたしんさん、ありがとうございました。
そして勿論、れぃさん、ゆぅさん、今回の機会を頂いて
ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
また近いうちにみんなで楽しいことをやりましょう。

そう、そういう意味で、
「Thank You and See You Soon」
なのです。^^

■Hiroshi Kumaki Special Concert in RY Atoll
 "Thank You and See You Soon"
・日時:2017年5月22日(月)23:00〜23:35
・会場:R&Y Grand Theatre
・曲目:
   <第一部>
    1. セイリング
    2. 同じ場所(vo. 天海浩子)
    3. メロディ(vo. 天海浩子)
    4. 「流れよ、わが涙」と警官は言った(vo. 天海浩子)

   <REI-GIRO ライブ>
    5. 衛星軌道デリバリー
    6. ジャムパンになりたい(ボサノバ)
    7. トラベリング
    8. 空へ(古葉保貴カバー)
    9. 殺し屋マーダーだった夜(R&Y MIX)

   <第二部>
    10. Rez Yourself〜セカンドライフのテーマ
      (vo. 天海浩子)
    11. ONE〜日本語バージョン(vo. 天海浩子)
    12. You Are A Ray(vo. 天海浩子)

2017年5月22日月曜日

【ライブ】このあと23:00からです! さよならR&Y〜Thank You and See You Soon

最後の告知になります。
このあと23:00より、明日でなくなってしまうRY Atoll SIM
最後のライブ・イベントを行います。
とんでもないハプニングがあるかもです。
二度とない機会ですので、お時間がある方、
お誘い合わせの上、是非お越し下さい。
会場でお待ちしています。^^

170514a.jpg

■Hiroshi Kumaki Special Concert in RY Atoll
 "Thank You and See You Soon"
・日時:2017年5月22日(月)23:00
・会場:R&Y Grand Theatre
    http://maps.secondlife.com/secondlife/RY%20Atoll/92/83/3800

2017年5月16日火曜日

【緊急告知・ライブ】R&Y SIM さよならコンサート!

先週ショッキングなニュースが日本の SL コミュニティを流れました。
何と、みんなに親しまれた RY Atoll SIM が、5月23日で閉鎖!?
僕自身は、一昨年の4月に R&Y Grand Theatre が完成した時に、
れぃさん、ゆぅさんから頼まれてこけら落としのコンサートを
やるっていう、大変光栄な役を頂いただけに、
そして、あの時殆ど即興で作った「You Are a Ray」って曲、
完璧にしてまたここでやるからね、って約束していただけに、
ショックやら申し訳ないやら、ホント残念な気持ちで一杯です。

思えば、、、あれは震災の年、2011年だったかな。
るぅさんのライブか何かでお二人に出会ったんです。
おもしろいノリの人たちだな〜、とか思って(ゴメン!w
その後僕のライブにも来てくれたりして、
そしてさっき書いたこけら落としにつながっていくわけで。。。

なので、お二人との出会いは特別なので、
ただ SIM がなくなっていくのを見届けるわけにはいかないと、
是非、こけら落としのリベンジ、この機会にやらせて下さい、って
いっそ、SIM がなくなるっていう23日でもいいから、って
お二人に話したところ、22日ならいいよ、というお返事。

というわけで、多分、RY Atoll 最後のライブを
22日(月)の23:00から、僕にとっては想い出深い
R&Y Grand Theatre で開催します。
僕のインストだけじゃ面白くないと思うので
妹のヒロコも連れてきて歌わせます。
とにかく、R&Y SIM の最後の日を最高に盛り上げたい!
そう願ってのコンサートです。
できるだけたくさんの方に来て頂けると嬉しいです。
きっと、そこで何か奇跡が起こる、そう信じています。
そう、タイトルは、R&Y に感謝して、
そして、きっとまたどこかで会えるよね、って期待して
「Thank You and See You Soon」としました!
お時間ある方、R&Y にいろんな想い出がある方、
是非是非お集まり下さい。
当日会場でお待ちしています!><

170514a.jpg

■Hiroshi Kumaki Special Concert in RY Atoll
 "Thank You and See You Soon"
・日時:2017年5月22日(月)23:00
・会場:R&Y Grand Theatre
    http://maps.secondlife.com/secondlife/RY%20Atoll/92/83/3800

2017年5月2日火曜日

Burnal Equinox ライブ「境界の向こう側」ありがとうございました!

お礼が遅くなってしまいました。
日曜日の午後に行いました Burnal Equinox 2017
「聖と俗」をテーマにしたライブにお越し頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
少し早めに、前の人がまだやってる時間に会場に到着しましたが、
何といってもSLTで午後8時とか9時とかいう時間帯、
その場にいる人たちは出来上がっていて会場はなんだかカオス状態、
ステージの上で演ってる人の歌、どんだけちゃんと聞いてんだ〜、
ってそんな感じでしたのでね、演りづらいなぁ、と。w
でも、いつも僕のライブに来て下さる
日本の仲間も駆けつけてくれて、ホント勇気百倍、心強く感じました。

そうやって迎えたライブは、「聖と俗」なんて
ちょっと高尚な、難しい感じのするテーマでした。
「聖と俗」というのは必ずしも「善と悪」とは一致しないのです。
悪魔と呼ばれるサタンですら、元はと言えば天使
——それも天使たちの中でも最も有能な——だったわけで、
彼とて聖なる存在なわけです。
まぁ、そんな風でキリスト教的な聖と俗というのもあるわけですが、
今回は綱野善彦さんの本を読みながら、
日本的な聖と俗である無縁と有縁という観点をコンセプトに
セットリストを組んで行きました。
日本では音楽やら舞踊やら芸能に携わる人たちは
「河原乞食」などと呼ばれてきたわけですが、
その起源は天の岩戸にまで遡る聖なる人々。
そして聖なる故に、自分たちとは違う、と線を引かれ、
常にどこにも属さず、放浪遍歴をする身の上となったようなんです。
そして Burning Man の場というのは正に音楽やらダンスやら
芸能に溢れた場であり、自分たちは普通とは違うゼ!
という人たちが集まってる空間なわけではないですか。
そうした視点から、今回のテーマはおもしろい! と思ったんです。

加えて!

聖なる場と俗なる場、聖なる人々と俗なる人々の間には
決して越えてはならない線が確かに存在するのですが、
その聖と俗が融合するのがピラミッドや大寺院を建築する時ですし、
お祭という場ではないでしょうか。
偉大なものを創り上げるには聖も俗も、全ての力を結集しなければ
到底叶うものではなく、またそうだからこそ、
偉大なものというのは僕らに感動を与えてくれるのでしょう。
ピラミッドしかり、奈良の大仏しかり、西洋の大聖堂しかり。。。
そして、そのような事業の一つとして、
熊本の復興と熊本城の再建の話をさせて戴いたのでした。

実は、僕の今回のステージは、漂流する音楽家や舞踏家を描いて、
「Exile(追放)」から「Sanctuary(安らぎ)」と流れたあと、
聖なる世界をパイプオルガンの即興で延々とたっぷりと
演奏して終わる予定でした。
が、目の前で火が燃え上がったりカオスな中で踊る人たちを見て
今書いたような聖なるものと俗なるものの融合の場としての祭、
これを表現しなければならない、とそう感じて、
急遽随分前に演った「MATSURI」という曲を演ることにしました。
尺八が入ったり津軽三味線が入ったり、
最後はドンチキドンチキ、というあの曲です。
それでも最後、予定通りにパイプオルガンを1分だけ弾いて
締めたわけなんです。
ご来場頂いた皆さん、どうだったでしょうか?

今回演奏した曲の殆どは、この1回のステージのためだけに
トラックを作成、それに即興で絡んだものですが、
あの場にいる人しか聞けないというのも残念ですし、
僕自身、これおもしろいかも、と思ったところもあるので、
何れ組曲としてスタジオ版を録音してみようと考えています。
SoundCloud 辺りにアップしたらまたお知らせしますね。

それでは最後にもう一度。
みなさん、ありがとうございました。

■Hiroshi Kumaki: Burnal Equinox 2017「境界の向こう側」
・日時:2017年4月30日(日)13:00〜14:00
・会場:Burnal Equinox Emerald Stage
・曲目:
    1. Borderline(境界)*
    2. Musicians and Dancers(音楽家と踊り子たち)*
    3. 熊本組曲〜 I. 阿蘇
    4. 熊本組曲〜 II. 偉大なるカルデラ
    5. 熊本組曲〜 VII. 城
    6. Exile(追放)*
    7. Sanctuary(安らぎ)*
    8. MATSURI(祭)
    9. パイプオルガンの即興演奏

    *=新曲

2017年4月29日土曜日

【ライブ】いよいよ明日、Burnal Equinox でのライブです!

はい、いよいよ明日になりました。
ずっと先だと思っていたのにあっという間ですね。
というわけで、目下明日に向けて仕込み中です。

やりたいことははっきりとしていて、
「聖と俗」という今年のテーマに因んで
この機会に前から読もうと思っていた
綱野善彦さんの『無縁・公界・楽』を読んでみたりして
十分にネタを溜め込んだところで、
今、正に具体的な音にしているところです。

インスト中心の1時間になると思います。
日曜の昼ですが、お時間ご都合つく方、是非遊びに来て下さい。^^

170423a.jpg

■Hiroshi Kumaki: Burnal Equinox 2017「境界の向こう側」
・日時:2017年4月30日(日)13:00〜14:00
・会場:Burnal Equinox Emerald Stage
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/32/224/25
・Burnal Equinox 公式HP:https://burn2.org/be2017-theme

2017年4月25日火曜日

【SL14B】SL14Bの出展・出演の申込が始まってます!

170425a.jpg

今年の6月23日にセカンドライフは14歳の誕生日を迎えます。
そのお誕生日をみんなで祝おうというのがSL14Bのお祭。
僕もSL6Bから出演してますが、今年もその予定です。
そう、出展や出演の申込がもう始まってますよ。
統括のドックによると、締切は5月8日(月)なんだけど
あまりの申込が多い場合はその前に締め切っちゃうかも、だって。
ヒドイ!www

というわけなので、ご関心のある方はまず申し込んでみては?
それぞれの申込は次のページをご覧下さい。

・展示物
 http://www.slcommunitycelebration.info/exhibitor-application-for-sl14b/

・ライブ演奏/DJ
 http://www.slcommunitycelebration.info/performance-application-for-sl14b/

・講演/プレゼン
 http://www.slcommunitycelebration.info/auditorium-application-for-sl14b/

・ボランティア・スタッフ
 http://www.slcommunitycelebration.info/volunteer-application-for-sl14b/

さて、いきなり申込は急げ〜、と煽ってしまいましたが、
肝腎の中身、今年のテーマは「Carnivalesque」
「カーニバルみたいにみんなで騒いじゃえ!」という意味でしょうか。
公式ホームページでは次のように説明されています。
(原文はこちら。)

     *   *   *

今年のSL14Bのテーマは「カーニバルみたいに盛り上がろう」です!

折角の誕生日なのですから、セカンドライフに相応しいお祭にしようではありませんか! バンドを立ち上げて、洒落た服で着飾って、セカンドライフ14歳の誕生日のお祭に参加してカーニバルを盛り上げてみませんか?

VR(仮想現実)をめぐる関心のかなりの部分が一人で体験するものに、つまりヘッドセットを着けて没入するようなものにシフトしてきているわけですが、だからこそ私たちはみなさんに思い出してほしいと思うのです。何百人もの人々が世界中から一つの場所に集まってお祝いし、一人では到底実現できないカーニバルのような雰囲気を共に創り上げることの楽しさを。あらゆる知覚に挑戦し、あらゆる型をぶっ壊し、みんなにお祭ってこうやるもんだ、って教えてあげようじゃありませんか。

セカンドライフ最大のお祭、セカンドライフの14歳の誕生日を、そしてカーニバルの雰囲気を、あなた自身が創る担い手になるチャンスです。今回は本当に陽気で楽しいひとときに、楽しませる側にも楽しむ側にもなるひとときになることは間違いありません。是非、SL14Bのお祭に参加して、あなただけができる素晴らしい時間をみんなに披露して下さい!

     *   *   *

というわけで、今年は何だか難しいことは忘れて
とにかく楽しく騒ごう! ということみたいですね。w
興味のある方、是非公式HPをチェックしてみて下さい。
そして是非「演る側」で参加してみて下さい。^^

http://www.slcommunitycelebration.info

2017年4月23日日曜日

【RL】イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマンを観て来た!

一年半ほど前にキング・クリムゾンを観た時もそうだったのだけれど、
今回もCDショップでポスターを見たのがきっかけでした。
最初は「ARW」って何だろう、と思って見ていると、
アンダーソン・ラビン・ウェイクマン、つまり、
イエスのヴォーカルとギターとキーボードの3人じゃないですか!
リック・ウェイクマンはキーボーディストとしては
僕の憧れの人でもあり、
特に昨年キース・エマーソンを観に行くつもりで観られなかったので、
いやぁ、もう最後のチャンスかもしれないと思って
すぐにチケットを申し込みました。

「ARW」という名前はかつての「ABWH」を思い出させます。
「YES」の名前を使用する権利を持っているのが
ベースのクリス・スクワイアで、彼のバンドがイエスの本体、
ということで、ABWHは全盛期のメンバーが揃っているにも拘わらず、
イエスの名前が使えなかったのでメンバー名をそのまま並べた、
という過去があります。
そのクリスも2015年に亡くなり、
ドラムのアラン・ホワイトが後を継いで
昨年もイエスの名前で日本に来ましたが、
僕にとってはやはりイエスのヴォーカルはジョンだし、
キーボードはリックだよねぇ、というのが正直なところ。
なので、ARW というネーミングも微妙だし、
それが、先頃ロックの殿堂入りした途端に
イエス・フィーチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマンに
なって、ますます微妙だなぁ、と感じているところです。
ともあれ、僕にとっては「イエス」を観に行く、
そんな気分でした。

当日は、携帯とスマホであれば撮影OKとのことでしたので、
撮れる限り撮ってみました。
まずは開演前にステージにかぶり付いて機材チェック!

170423b.JPG

メインの機材は KORG KRONOS X と Roland Fantom-X8を並べ
その両脇にミニモーグを2台!
KRONOS X の下は GEM Promega 2、X8の下にハモンド SK-1
あと、奥でよく見えなかったのですが、KRONOX Xの右手で
ピアノの音を出していたのがやはり KORG KRONOS で、
その下は多分 Roland V-Synth GT かと思われます。
また、X8 の左手はこれも多分 YAMAHA MONTAGE、
そしてその下の白いのは間違いなくメロトロンですね。^^

さて、開演時間の19:00過ぎ、ジャジャ〜ンというイントロと共に
まずドラムのルイ・モリノ三世が、
続いてベースのイアン・ホーナルが現れ、
そして、暗い中、誰でも見分けのつくマント姿の大きな男が
ゆっくりとキーボード・ブースに向かうではないですか。
もうこれだけで、おお〜! と声を上げます。w
やがてギターを抱えたトレヴァー・ラビンが現れ、
アルバム『90125(ロンリー・ハート)』から「Cinema」を演奏。
そして最後にジョン・アンダーソンが現れたところで、
アルバム『The Yes Album(イエス・サード・アルバム)』から
「Perpetual Change」を演奏。
続いては再び『90125』から「Hold On」。
なるほど、さすがトレヴァーがいるのでこの選曲なのですね、
と今一つ乗れない僕。w

170423c.JPG

ここで挨拶。日本語で「美しい」というジョン。
「Everybody, utsukushii. You're all good people.」と言うので
やっと来たぁ、と思いました。そうです。この流れで、
1973年の『YESSONGS』のライブでも1曲目にやってた
「I've Seen All Good People」になります。名曲ですね。
その後、ジョンはルイを紹介して、彼のドラムソロになります。
イエスのドラムと言えばビル・ブルーフォードかアラン・ホワイト、
だけれども、ルイのドラムもすごい迫力で、このソロは
今回のライブの見せ場の一つでありました。

そして、そのドラミングから雪崩れ込んだのは
1991年のアルバム『Union(結晶)』の一曲「Lift Me Up」、
これもトレヴァーの曲ですね。
僕の知る古いイエスと『90125』以来のトレヴァーのイエスの
それぞれの時代の曲を交互に演奏しているイメージです。
そして、ですよ。
「みんながそこにいて、僕がここにいて」というジョンのMCは
「And you...and I...and you...and I...」となり
そう、『Close to the Edge(危機)』に収められた名曲
「And You and I(同志)」が始まります。
これはもう、ドキドキしたんだけれど、
アルバムでも、スティーヴ・ハウのいるライブでも
アコースティック・ギターで始まるこの曲、
寧ろリックのシンセサイザー・サウンドで始まったのが印象的でした。
実はこの曲、長い事『Close to the Edge』の中で
一番好きな曲だったんです。
ここでのリックはバカテクを披露するわけじゃないんだけど
壮大な世界を創り上げていますよね、それが素晴らしくて。
今回のライブでも大満足でした。

そして大いに盛り上がったところで再びトレヴァーの曲。
『Big Generator』から「Rhythm  of Love」。
ただのロックだなぁ、もっとイエスっぽい大曲を聞きたいなぁ、
と思っていると、まさかの展開。
クリスが亡くなって、多分あの曲は無理だろうな、
と思いつつも、数日僕の頭を駆け巡っていた曲
それが「The Heart of the Sunrise(燃える朝焼け)」。
アルバム『Fragile(こわれもの)』に収められたこの曲は、
クリスの激しいベース・ソロから始まるもので、
過去のライブ映像を見ても、クリスがかなり長いソロを演奏してて
クリス亡き今はこの曲はないんだろうな、と思ってました。
ところが、そのベースのイントロが聞こえて来るじゃないですか!
今回呼ばれたイアン、ここぞとばかりにベース・ソロを頑張った!
これがホントカッコよかった!
そして曲本体にも大満足。一緒に歌っちゃいましたもん。w

続いて『90125』から「Changes」をやったあと、
ステージはジョンとリックの2人だけに。
「リックとはホント長い事一緒にやってて、
次にやる曲は二人にとってとっても大事な曲なんだ」とジョンは語り、
アルバム『Anderson Bruford Wakeman Howe(閃光)』から
「The Meeting」という曲を披露。
このイントロのリックのピアノのきれいなこと!
この人はオルガンもいいしシンセ・プレイもいいけれど、
ピアノという楽器から本当に透明な美しい響きを紡ぐ人ですね。
以前、「Close to the Edge(危機)」全曲をピアノで弾いていて
それがとても美しい演奏だったのを思い出しました。

そしてそのままリックのソロに移ったと思ったら、
バンドのメンバーもゆっくりと戻って来て
『Going for the One(究極)』から「Awaken(悟りの境地)」。
再び大曲の演奏になります。
この曲でのリックは最高。
そしてその余韻も醒めやらぬまま、聞き覚えのあるギターのリフが。
そう!「Owner of a Lonely Heart(ロンリー・ハート)」です。
まぁ、何だかんだ言って、イエスとしては
この曲が一番売れたんじゃないでしょうか。w
それだけに会場の反応も最高でした。

そしてそして、後半、Roland AXIS を手にしたリックは、
最初はトレヴァーやイアンと絡んでいましたが、
そのうちにソロをとりながらステージから降りて
会場を練り歩き出すではないですか!
これにはもう、会場は騒然、2階席の人も立ち上がったり
前に身を乗り出している人がたくさんいましたね。
更にトレヴァーも客席に降りて来て、二人で客席を一周しました。
そのうち何故かギターのフレーズがクリームの
「Sunshine of Your Love」のリフになり、
ジョンもその曲を歌い出す始末。w
これは貴重なものを見せてもらいました。
(写りはメチャクチャ悪いけど写真載せときますね。^^;)

170423d.JPG

「Owner of a Lonely Heart」で盛り上がったまま
メンバーは一度引っ込みましたが、アンコールの拍手に
お約束のように戻って来ては、やってくれましたよ、
お待ちかね、『Fragile』の名曲「Roundabout」です。
やっぱり聞きたいよねぇ、この曲は。
僕らの世代には最もイエスを代表する曲だし、
リックのキーボード・プレイもたっぷり見れるしね。

というわけで、あっという間の2時間、
とても楽しいひとときを過ごすことができました。
ありがとうございました。^^

■Yes featuring Anderson, Rabin, Wakeman
 「An Evening of YES Music & More」
・日時:2017年4月17日(月)19:00〜21:10
・会場:Bunkamura オーチャードホール
・曲目:
    1. Cinema
    2. Perpetual Change
    3. Hold On
    4. I've Seen All Good People
    5. Lou Molino III's drum solo
    6. Lift Me Up
    7. And You and I
    8. Rhythm of Love
    9. Heart of the Sunrise
    10. Changes
    11. The Meeting
    12. Awaken
    13. Owner of a Lonely Heart
    14. Roundabout


※イエスの曲をよくご存じない方やあの曲また聴いてみたい、
 という方のためにYouTubeでミックスリストを作りました。
 よろしければどうぞ。