2017年10月22日日曜日

SLオフ会RLライブ、ありがとうございました!

そう、もうあれから1週間も経っているというのに
今日までお礼できないでおりました。
10月13日(金)、RLは高円寺のギャラリー螺旋、
そしてSLはTOYOSU SIMで行われたオフ会ライブ、
RLでもSLでも大変盛り上げて頂いてありがとうございました。
怒濤のような2時間でしたが、ステージ撥ねてから
出演者一同、楽しかったね、またやりたいね、
なんて言って別れました。
いやホント、僕はYAZROCKETTのお二人とこじゃさん以外は
出演者もお客さんもRLでは初めてお会いする方ばかりでしたが、
全く違和感なく、ごく自然にSLの続きで話せるのが不思議でした。w
これまでRLで顔を晒すのは拒否してましたが、
今回は参加させて戴いてホントよかったなと思ってます。
そう言えば、僕のRLでの衣装が結構話題になっていたとか?w
まぁ、SLでやってるのと同じようなことができればと思って。
お楽しみ頂けたのであれば幸いです。^^

171022a.jpg
Courtesy by Koja Writer

今回僕のステージはシンセの即興で始めて、
歌ものは「Rez Yourself〜セカンドライフのテーマ」と
「大クマクマ音頭」の2曲のみという構成でした。
まぁ、不思議なことがあるもので、
即興演奏中にシンセのプログラム切り替えボタンが全く効かなくなり、
しかも表示されているのが使ったこともない音色。w
途中からどう着地させようかと大パニックでした。
加えて、僕はトップだったので、十分時間をかけて
各楽器の音量を調整していたのに、まぁ全然変わってて、
途中で止めたりしましたけど、RL会場では「ブレイク、ブレイク!」
なんて好意的解釈の発言があって、気をほぐして頂きました。
あとで他のメンバーから「ライブには魔物がいるっていうぞ」
「そう言えば今日は13日の金曜日だよね」なんて発言も。
さては魔物が勝手に楽器を触ったな。www

171022b.jpg
Courtesy by Koja Writer

そんなこんなで実はかなり焦ってたんですが、
それでも「クマ」のコーラスにはみなさんついて来てくれて、
それもみんな笑顔で手をたたきながら大きな声で「クマ〜」って、
まぁ、そのみなさんの笑顔にすごく救われました。
オリジナルは3分を切る短い曲なんですが、
この日は7分以上やっていたという「大クマクマ音頭」でした。
しかし、今回入院しているというナチュさんのために
持ち時間の半分近くやっていたこの曲、
ナチュさんのところは回線がイマイチだったか
よくわからなかったというので、
彼のためとこの日の思い出を兼ねて、
当日のトラックから再現バージョンを作って
SoundCloud にアップしました。
もう一回聞きたい方、当日は聞けなかった方、
是非お楽しみ頂ければと思います。

https://soundcloud.com/hiroshi-kumaki/anpzljwfvrlu

171022c.jpg
Courtesy by DJ snowboarder Flow


やぁ、ホント楽しいひとときでした。
出演者のみなさんは勿論ですが、
中継のしんさん、受付のるしさん、
そして何かとサポート頂いたさゆキャンディさん、
RL会場にいらして頂いたみなさん、
SL会場のダンマスをやって頂いたかばちさん、
そして盛り上げて頂いたみなさん、
更に、病院からネットで参加してくれたナチュさん、
本当にありがとうございました。

今回企画してくれたYAZROCKETTさんは
この日名古屋から車で機材を積んで会場に現れ、
翌日も四谷で10周年記念ライブをやってその足で帰るという
大変な2日間だったと思います。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
次回は今回参加した他のメンバーで何か企画できればと考えています。

これを機会にみなさんとの交流がSLでもRLでも
更に深まっていけばいいなと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2017年10月9日月曜日

【ライブ】いよいよ今週末!〜タイムテーブルも決定!

なんだかんだであっという間の今週末ですよ、
SLとRLを結んでのライブ&オフ会「Noir Musique Revue 2017」。
そんなわけで、この週末にはタイムテーブルが発表になったので
まずはそのお知らせから。
僕は予想通りのトップバッターでございます。^^

19:00 開場
19:55 Hiroshi Kumaki
20:20 DJ Gina Watanabe 
20:45 Koja Writer(from 黒縞屋)
21:10 DJ snowboarder Flow
21:35 YAZROCKETT
22:00 ライブ終演
23:00 撤収

当初はライブは20:00スタートってポスターにありましたけど、
5分前倒しで19:55のスタートになりました。
5組のユニットが入れ替わり立ち替わり現れるというのは、
SLの Burn2 か何かのイベントみたいですね。^^
それぞれの持ち時間も短いので、
次の方のためにちょっと早く終わる、というのもSLと同じ。
そうそう、トップにして頂いたので、
例によって例のごとく、セッティングには有利ですね。^^;

このタイムテーブルを頂いたところで
ほぼ自動的にセットリストも決まりました。
持ち時間25分なので、基本20分の枠で考えますが、
結果、オープニングは即興の曲で始めて、
続いていつものレパートリーから2曲、ということになりました。
何れも仕込みは終わりましたが、
いつもの曲はこのイベントのための特別アレンジになってますので
楽しみにしてて下さい。

さぁ、いよいよです。
SLでもRLでも皆さんにお会いするのを楽しみにしています。^^

161009a.jpg

・日時:2017年10月13日(金)19:00〜23:00
・会場:RL/Gallery 螺旋(東京・高円寺)
    SL/TOYOSU SIM
     http://maps.secondlife.com/secondlife/TOYOSU/235/5/4001
・入場料(RL会場):1,500円
・出演:(順不同)
    YAZROCKETT
    Koja Writer
    Gina Watanabe
    snowboarder Flow
    Hiroshi Kumaki
・SL会場ダンスマスター:Kabachi Masala
・Gallery 螺旋 公式 HP
 https://galleryrasen.wixsite.com/gallery-rasen
 住所:東京都杉並区高円寺南3-45-1
    ​永和ビル304
 TEL:03-5378-1517

2017年10月3日火曜日

【ライブ】10月13日のライブ&オフ会、SL会場のSLURL決定!

昨日の日記で、10月13日(金)にRLとSLを結んで行う
ライブ&オフ会について、SL会場のSLURLはまだ調整中、
なんて書いたんですが、何と書いた途端に決まりました。
というわけで、お知らせです。SL会場はこちらになります。

http://maps.secondlife.com/secondlife/TOYOSU/235/5/4001

TOYOSU SIMの上空4000メートル、ということですが、
まだまだ準備中なので今行っても何もないですよ。
ただ、ここでこのSL会場で参加する皆さんには
重要なお知らせがあります。

それは、今回RL会場の様子をSLで流すのに、
YouTube Liveを使ってSLのメディアチャネルに流すのですが、
何と公式ビューワではYouTube Liveの試聴ができないとのこと。
Firestormはこれに対応しているようなので、
SL会場で参加される方はFirestormビューワを用意しておいて下さい。
更に、環境設定>サウンドとメディア>サウンド のタブで、
「メディア」の右の方にある「有効」にチェックが入っているのを
確認しておいて下さい。
詳しくは YAZROCKETT さんの HP に手順がありますので、
これを参考にしてみて下さい。

YAZROCKETT10thSL⇔RLライブ:今回SLで中継を見る方法

それからそうそう、この YAZROCKETT さんの HP にも
書いてありますが、今回SL会場では、Kabachi Masala さんが
ダンスマスターを務めて下さることになりました。イエ〜〜イ!
というわけで、RL会場でライブやDJをやってる時は、
SL会場ではダンスが動作するそうですよ。
これも楽しみですね!^^

というわけで、準備は着々と進んでおります。
是非皆さんも10月13日(金)はカレンダーに丸をつけて
RLかSLの会場に足を運んで下さいね。
お待ちしてます!

161009a.jpg

■Noir Musique Revue 2017
・日時:2017年10月13日(金)19:00〜23:00
・会場:RL/Gallery 螺旋(東京・高円寺)
    SL/TOYOSU SIM
     http://maps.secondlife.com/secondlife/TOYOSU/235/5/4001
・入場料(RL会場):1,500円
・出演:(順不同)
    YAZROCKETT
    Koja Writer
    Gina Watanabe
    snowboarder Flow
    Hiroshi Kumaki
・SL会場ダンスマスター:Kabachi Masala
・Gallery 螺旋 公式 HP
 https://galleryrasen.wixsite.com/gallery-rasen
 住所:東京都杉並区高円寺南3-45-1
    ​永和ビル304
 TEL:03-5378-1517

2017年10月1日日曜日

【ライブ】10月13日のRLライブ&オフ会までもうすぐ!

10月になりました。
10月と言えば、僕にとってSL関係では
Burn2 とSLミュージシャンデビューの月で、
少なくとも2回はSLライブをやる月なのですが、
SLに生まれて10周年の今年は初のRLライブもやりますよ!
しかもそのRLライブが10月最初のイベントになります。

10月13日(金)19:00より東京・高円寺の
ギャラリー螺旋というイベントスペースです。
13日ということはもう2週間を切ってしまったわけで、
さすがにこれは準備しなきゃヤバイと、
漸く本腰を入れてライブ用のアレンジをしているところです。

いつもは家でやってますので、多少トラブったところで
皆さんの見えないところで何とかするわけなんですが、
今回は厳選した機材を持ち出してゲネプロもなしの
殆ど一発勝負なので、あまり難しいシステムにならないように、
トラブっても何とかなる機材を選んで練習しているところです。
まぁ、トラブったらトラブったで、
そこをどう誤魔化す切り抜けるか、というのも、
ライブならではの楽しみかもしれないですね。^^;

ところで、前にも書いたようにこのイベントは
RLとSLの会場をつないで行うものですが、
RLの会場もSLのSIM同様に定員というものがありますので、
もしご来場を予定されているようでしたら
お早めに予約をしておくことをお勧めします。
僕に直接連絡もらっても結構ですので、よろしくお願いします。
それから、SL会場の方は、まだSLURLを調整中のようですので、
こちらも決まったらこの日記でお知らせしますね。

それでは、またこのあと準備作業に戻ります。
楽しい集まりになるよう頑張りますので、
皆さん是非遊びに来て下さいね!^^

161009a.jpg

■Noir Musique Revue 2017
・日時:2017年10月13日(金)19:00〜23:00
・会場:RL/Gallery 螺旋(東京・高円寺)
    SL/TOYOSU SIM(SLURL 未定)
・入場料(RL会場):1,500円
・出演:(順不同)
    YAZROCKETT
    Koja Writer
    Gina Watanabe
    snowboarder Flow
    Hiroshi Kumaki

・YAZROCKETT 公式 HP
 http://yazrockett.tec29.com/e1628816.html
・Koja Writer(黒縞屋)公式 HP
 http://electrolab.tec29.com
・Gina Watanabe 公式 HP
 http://ginawatanabe.wixsite.com/instep
・snowboarder Flow 公式 HP
 http://snowboarder.slmame.com

・Gallery 螺旋 公式 HP
 https://galleryrasen.wixsite.com/gallery-rasen
 住所:東京都杉並区高円寺南3-45-1
    ​永和ビル304
 TEL:03-5378-1517

2017年9月30日土曜日

【重要】カード情報(支払情報)更新の話

もう既にいろいろなところで話題になっているので
ご存じの方も多いこととは思いますが、
また聞きで知った、という方もいらっしゃるようですので、
念のため書いておきます。
SLにカード情報を登録している人について、
9/30までに対策をとらないとアカウントの支払やら
その他諸々で不利益を蒙るかもしれない、という話です。

この話はリンデンの公式ブログに掲載されて話題になりました。

https://community.secondlife.com/blogs/entry/2251-important-update-for-international-credit-card-users/

が、プレミアム・アカウントである僕のところには
わざわざリンデンからメールが来ましたよ。
なので、ここでベーシックの方も含めて共有しておこうと思います。

     *   *   *

当社の国際請求システムについて当初想定していなかった変更が生じたため、アメリカ合衆国外のSL住人でクレジットカードを登録している人は、2017年9月30日をもって現在登録している支払手段で問題が発生する可能性があります。私共の記録を確認したところ、お客様のアカウントがそのような影響を受ける可能性があると判明しました。

現在受けておられるサービスについて、中断したり不利益を蒙ることのないよう、お客様にはアカウントにログインしてクレジットカード情報を再入力して頂くことを強くお勧め致します。そうして頂くことで、マーケットプレイスでの購入をはじめ、プレミアム・アカウントの毎月の支払、プライベートSIMやメインランドの毎月の維持費などを含め、インワールドでの経済活動に支障が生じるのを避けることができます。また、もし2017年9月30日以降に支払に関して問題が生じる場合は、支払情報を更新して頂くことで問題の解決が可能となります。

この度はお手数をおかけし、誠に申し訳ございません。本件ご理解頂けましたらありがたく存じます。私共としましては、当社の支払システムが世界中から参加されているSL住民の皆様にとって最高のものとなるよう引き続き尽力して参る所存です。本通知に関し、ご不明な点がございましたら、次のサポートサイトにアクセスして、サポート・チームにご連絡下さい。

https://support.secondlife.com

どうぞよろしくお願いします。

セカンドライフ・チーム

     *   *   *

本文中に支払情報を「再入力」とあるのに引っかかりました。
通常、支払情報を登録させるECサイトでは
クレジットカード情報の「更新」のボタンがあるのが普通です。
クレジットカードには「有効期限」がありますから、
有効期限が近付くと、カードが使えなくなる旨の
リマインドメールが来たりして、
ユーザが新しい有効期限を入力するよう促すのです。

が、SLの自分のアカウントにログインして
支払情報のページに行くと分かるのは、
「更新」ボタンがないことです。
カードの「削除」ボタンしかない。@@
正確には「更新」ボタンはあるのですが、
それはカード情報ではなく、カードの使用目的の更新なのです。

ということは、「再入力」とは、一旦削除して
もう一度登録し直すってこと?
で、削除ボタンを押してみたら、

「この支払方法は、現在以下のサービスで使用されています。
 支払方法を削除すると未払い金が期限となり、
 Second Life サービスが中断される可能性があります。」

というおっかない警告メッセージが表示されます。
これは単純に削除すると却ってややこしくなるかと、
試しに「クレジットカードを追加」のリンクを押して
現在既に登録しているカードをもう一度登録してみました。
普通だと、「このカードは既に登録されています」とか表示されて
エラーになるんですよね〜。

ところが!
見事登録されて、カード番号の次に (2) とつきました。
なるほど、同じカードを再度登録できるのですね。
ならば、と、この (2) の方の使用目的に全部チェックを入れて、
そのあと当初登録してあったカードを削除しました。

いやぁ、いろいろびっくりです。
メールにはさらっと「再入力」とありましたが、
こんなに戸惑ったりドキドキさせらりたりするとは。
クレジットカードはいろんなところに登録してますが、
こんな連絡が来るのはリンデンだけですね。><
まじめに「支払システムが世界中から参加されている
SL住民の皆様にとって最高のものとなるよう引き続き尽力して」
ほしいものだと思いました。><

というわけで、本日9月30日ですので、
まだご対応されていない方はクレジットカード情報の
「追加」を行っておくことをお勧めします。
この記事で少しでも支払でトラブルになる人が
少なくなるといいのだけれど。。。

2017年9月24日日曜日

【イベント】今年のBurn2は10/21〜10/29に開催!

あっという間に9月も終わりそうな雰囲気ですね。
で、この時期になるとセカンドライフの恒例行事
Burn2 が間近に迫り、ソワソワしてくるヒロシです。

今年は、SLTで10月21日(土)〜29日(日)の日程で行われます。
テーマは、RLのバーニングマンと連動して「過激な儀式」。
「過激な」というのはバーニングマンやBurn2のキーワードで、
バーニングマンの10の理念のうち3つが、

・過激なまでに自ら参加し、人を誘い込むこと
・過激なまでに自己充足、独立して参加すること
・過激なまでに自分を表現すること

とあるのと関係しているようですね。
それでは、「過激な儀式」とはどんなテーマなんでしょうか?
バーニングマンの公式サイトでは次のように書かれています。
(ヒロシの拙い訳ですみません。原文はこちら。)

     *   *   *

2017年のテーマ「過激な儀式」

「私達は、宗教的アイデンティティというものを、生まれながらに、親族や部族に属するものとして、あたかも髪の色や故郷といったもののように、そういうものとしては受け継がない人類の歴史始まって以来最初の種族に属するのです。そうでありながら、このことが持つ流動性、即ち、何を信じるべきか選択すべき局面が来たり、スピリチュアルなものに対して自分がどのような姿勢で臨むのかを組み立て、認識出来る時が来るということは、必ずしも精神的な生活が衰退していくことにつながるのでなく、寧ろ、精神的生活が豊かになり、新しく生まれ変わることにつながっているのです。」(クリスタ・ティペット)

宗教というものの教義、信条、或いは形而上学的観念を越えたところに、直接経験というものが存在します。この根源的な世界からこそ生きた信仰が生まれるのです。2017年、私達はバーニング・マンに参加する人たちにインタラクティブな祭典や儀式を生み出し、或いは像や寺院やイコンやビジョンを描くよう呼びかけたいのです。今回のテーマは、微妙で曖昧な立ち位置のものになるでしょう。即ち、畏敬の念と嘲り、信念と信仰、馬鹿げた下らないものと腰を抜かすほど崇高なものといったものの中間に位置するようなものです。この世の出来事、物、行為、人物を聖なるものにしたいという人間の強い欲求は常に変化するものです。この欲求はどんな人にもどんな物にも狙いを定め、居場所を定めるのです。私達の今年のアート・テーマは、この精神をブラック・ロックの砂漠に解き放とうというものなのです。

聖なるものを求めて

「遊びと儀式との間に形式的な違いは何もない。従って、聖地は遊び場と形式的に区別することはできない。競技場、カードテーブル、魔法円……これらは全て遊び場の形式と機能とを備えている。即ち、禁断の場所であり、他から隔絶され、制限の設けられた聖なる場所であり、そこでは特別なルールが支配している、といったものだ。すべては日常の世界の中に一時的に存在する世界でありながら、日常からかけ離れた行為を演ずることによって記録されるものなのである。」(ヨハン・ホイジンガ)

聖なるものというのは、時間と空間の遥か彼方、どこか深遠な他の場所から来るもののように思えます。それは、あたかも現実以上にリアルなもう一つ別な世界への窓が開け放たれたかのようなものです。あらゆる聖なるものが持つこの絶対的な唯一無二の性格はこの上なく強い感情を解放するのです。歓喜、畏敬、驚嘆、怖れ、そしてその最も超越した形である精神的昂揚といった感情です。聖なるものは私達に偉大なものの存在について、そして私たちの意識を遥かに超えた大いなる力との融合を語りかけるのです。あたかも、聖なるものが私達により偉大な存在へと近付く術を与えてくれているように感じられます。

今年のテーマは、ポストモダン後の私たちの世界にもう一度儀式というものを生み出そうとする試みです。この目的を達成するために、私達は一人一人の信仰の主張に拘らず、遊びというものを直接体験することに集中することにしました。信仰は「意味」を持たせ、定義し、限定するものです。信仰がある故に、真実が合理性を纏った価値のない日用品のようなものに低められてしまうのです。一方、遊びは、証明も保証もできないものの真実が見えるように私たちを自由にしてくれるのです。私たちの考えでは、こうした遊びこそ、信仰と空想の垣根を取り払ってしまうのです。心のままに、創造的な遊びをすることで、合理的思考に縛られた枠を越えた体験に自ずから身を委ねることができるのです。

平原の寺院

「長年このイベントに参加している人がこう書いている。『バーニングマンは儀式だ。ただ、神学的なコンテキストが取り除かれた儀式だ。教義の制約を受けなければ、儀式は直接体験に溢れた、豊かな器となり得る。」(リー・ギルモア『心の炎』)

ブラック・ロック・シティを訪れる参加者たちを挨拶で迎える砂塵の天使になりませんかという楽しいお誘いに始まり、このイベントの終わりを告げるテンプル・バーンまで、バーニング・マンは数々の儀式に溢れています。これらの儀式は魂の要求を物語っているのです。即ち、どこかある場所、ある時間、お互いに、そして自分たちより偉大な何かに属していたいという欲求です。たとえそれが永久には続かない、ほんの一瞬のことであったとしても。あらゆる時代を通じて、この感情を呼び覚ますために寺院というものが造られてきました。

私達の公共事業部(DPW)の作業員たちがブラック・ロックの砂漠を訪れると、まず最初に行うのはバーニングマンの正確な位置を確認することです。というのも、正にこの場所から街全体の測量が始まるからです。続いて金メッキを施された金属の杭が地面に打ち込まれます。この行為は何十年も繰り返し行われているうちに今や一つの儀式となりました。作業員一人一人がハンマーを手に取り、一回打ち込むごとに何グラムかのエネルギーが注ぎ込まれ、他のみんなの仕事と一つになっていくのです。ある意味、彼らの行為こそバーニングマンを造っているのだと言えます。

今年、私達は「黄金の犬釘」を記念する寺院を建設します。円を取り巻く円の中心にバーニングマンが聳えます。私達はこの空間を「へそ」の印を付けようと思います。これは私達の世界の臍を表す彫刻で、拠点であり、たまり場となるところです。バーニングマンの脊髄を貫いて、この軸はまっすぐ上に伸び、寺院の上遥か高いところに「黄金の犬釘」として姿を現すのです。参加する皆さんには、この寺院と寺院の壁を覆う高価な品々に貢献して頂ければと思っています。これらの捧げ物は私達の文化とブラック・ロック・シティが皆さんにとってどれだけ価値のあるものであるかを示す皆さんからの贈り物であると理解して頂ければと思います。

いつものことではありますが、私たちの今年のテーマに拘わらず、バーニングマンではいかなる人のいかなる芸術作品をも歓迎します。もしプラヤで炎の芸術を企画していたり、何か作品を展示したいとお考えでしたら、詳しくは「プラヤ・アートのガイドライン」をご覧下さい。

テーマ企画:ラリー・ハーヴィー
本文:ラリー・ハーヴィー

     *   *   *

長く難しい文章ですが、僕自身は「遊び」という日本語が
元は「神を楽しませる」という意味であったことを思い出しました。
神を楽しませる目的であった音楽が今や娯楽となっています。
同じように英語の「play」も歴史的なコンテクストでは
「聖典劇」「典礼劇」でしたが、今や普通のお芝居から遊び、
という意味に変わってきていますね。
徹底的に遊ぶということが、その昂揚感が、
聖なる物を再び見出すきっかけになれば、という趣旨のようです。

さて、今年のミュージシャンやDJのエントリーは
何とセルフエントリー方式、つまり、自分でカレンダーの空いている
好きな時間にエントリーするという早い者勝ち方式です。@@

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1fVvAOEsZMpxe6SqvgsSqZ_MMfeWxWirnUPOoSi0btbU/edit#gid=1613006266

というわけで、ヒロシも早速エントリーしてますよ。
JSTで10/27(金)23:00と20/29(日)13:00の2回です。
そう! 10/27は僕のSLミュージシャンデビューの日なので
デビュー10周年記念は Burn2 のセンターキャンプで祝います。
是非みなさん遊びに来てね!

今年のBurn2の公式HPはこちらです。
是非チェックしてみて下さい。

http://www.burn2.org

最後に、日本のSLミュージシャン & DJ の皆さんに業務連絡。
10/27の僕の時間の前後、まだ空いているようですので、
よろしかったら是非数時間ぶち抜きで日本人の時間にしませんか?
個別にお声かけさせて戴くかもですので、
その時はよろしくお願いします。^^

2017年8月26日土曜日

【RL/SL】10月13日(金)はオフ会!〜ヒロシもライブに出演します!

はい、前に少しだけお伝えしておいた
10月の RL イベントの詳細が決まってきましたよ。
10月13日(金)19:00より「Noir Musique Revue 2017」と題して
何とRLとSLの会場を結んでの一大オフ会になるようです。
RL会場は東京・高円寺の「Gallery 螺旋」にて、
そしてSL会場は「TOYOSU」SIMを予定しています。
RL会場にはSLの様子が、そしてSL会場にはRLの様子が
映し出されるということですので楽しみですね。
RL 会場では主催の YAZROCKETTのお二人をはじめ、
黒縞屋の Koja Writer さん、DJ の Gina Watanabe さん、
同じく DJ の snowboarder Flow さん、そして僕が出演します。
タイトルの「Noir Musique Revue」は今から10年前、
ヤズさんがあの「雷神」SIM でやっていた頃のイベント名とか。
それだけに気合いみたいなものを感じますよね。^^

僕自身は、SL を始めた時から SL は SL だけの関係、
RL で会うようなことはしません、という方針で来たのですが、
以前、今回主催のヤズさんが東京にライブ遠征してきた時に
ヤズさんだけでなく、こじゃさんやナチュさんやらしんさんやらとも
RL で対面することになり、更にはそのメンバーに加えて、その後
リョウさんとも一緒にセッションしたりすることになったりして、
お互い RL の姿に会うのは新鮮なような不思議なように感じつつも
それほど違和感なく「SLの続き」で語り合えるし、
また一緒に音楽やれるところがおもしろいな、と思ったのでした。
そして、今年は SL に来て10周年ということで
何か新しいこと、記念になるようなことをしたいな、と思ってたら、
ヤズさんからお誘いのご連絡を頂いたので、
迷わず OK した、という次第なのです。
実際、SL の画面の裏側で、日頃僕がどんな風に演奏してるのか、
そしてどんな風にずっこけるのか、お目にかけることができるかと。w

そういう意味では!
今回、ライブや DJ などの音出しものは20:00〜22:00とのこと、
その前後の時間はお互いにいろいろと語り合ったり
交流し合えるひとときになると思っています。
RL 会場にいらっしゃれない方でも、
是非SL会場からいろいろとツッコミ(?)を入れて頂ければ
とっても盛り上がるんじゃないかと期待しています。
勿論、東京近郊の方は、できるだけ多くの方にRL会場に来て頂いて、
直接お話できればうれしいな、と思っています。

そんなわけですので、10月13日(金)は是非予定を空けてて下さい。
お待ちしてます!

161009a.jpg

■Noir Musique Revue 2017
・日時:2017年10月13日(金)19:00〜23:00
・会場:RL/Gallery 螺旋(東京・高円寺)
    SL/TOYOSU SIM(SLURL 未定)
・入場料(RL会場):1,500円
・出演:(順不同)
    YAZROCKETT
    Koja Writer(黒縞屋)
    Gina Watanabe
    snowboarder Flow
    Hiroshi Kumaki
 
Gallery 螺旋 公式 HP
 住所:東京都杉並区高円寺南3-45-1
    ​永和ビル304
 TEL:03-5378-1517