2020年2月16日日曜日

【新作】モジュラー・シンセ関連の動画を2本続けて YouTube にアップ!

今から4年近く前のことになりますが、
モーグから「Model 15」という実機を iPad 上で再現したアプリが
リリースされ、しかもその直後に冨田勲さんが亡くなるという
僕にとっては何れも衝撃的なことが立て続きました。
あまりの衝撃にそのアプリの使い方と、冨田さんの追悼を兼ねて
その音作りに挑戦してみる、という動画をアップしたのですが、
気づかないうちにこの動画、1,000回以上も再生されていたのです。
僕の動画なんて大体友だちの皆さんくらいしか見ないので
平均で大体25回とかそんなものなので、これには驚きました。
SoundCloud で「メロディ」だけが突出して1,000回以上
再生されているというのと同じ状況ですね。

で、調べて見ると、その前にアップした同じ iPad アプリの
「iVCS 入門」2つも1,000回を越えているのです。
これは、ジャン=ミシェル・ジャールやピンクフロイド、
それからザ・フーのトラックでも聞けるイギリス製のシンセで、
モーグ系とはまた違ったインターフェイスなので
自分の備忘を兼ねて作ったものなのでした。

これらシンセの音作り系の動画は、今書いたように
自分の備忘を兼ねて作ったものでしたが、
何と皆に見てもらいたいライブ・ビデオより視聴されてるって、
作ってる本人としては、何だかな〜、と思うところもありますが、
やっぱりたくさんの人に見てもらえてるのは素直に嬉しい!
というわけで、先週から今週末にかけて、
更にモジュラー・シンセ関係の動画を2本立て続けにアップしました。





これは、最近特にシンセサイザーらしさを意識した
ピコピコサウンドをライブに取り入れているのですが、
時々、PC 用の Arturia Modular V とiPad 用の Moog Model 15 で
微妙にパッチングの仕方が違ったりするので、
やっぱり自分の備忘を兼ねて皆さんの役にも立てるかと
「Arturia Modular V vs. Moog Model 15」と題したものと、
更に、 Model 15 は本当に基本的なモジュールしかないので、
それで如何にリング・モジュレーションやサンプル&ホールドを
実現するか、というワークアラウンドの動画になります。

この文章を読まれている皆さんの殆どは、
モジュラー・シンセサイザーでの音作りなんてご興味ないかもですが、
ライブの裏でヒロシがこんなことやってんだ〜、と
ネタとして見て頂ければ嬉しいです。w

そう言えば、上で触れた4年前の動画は、
回数だけでなくて、いいね、よくないね、の評価までされてて、
いいね6に対して、よくないねも5!^^;
僕の動画にいいねが付くことなんて思ってもみなかったけど、
つくとやっぱり嬉しいし、よくないねは悲しいよね。w
なので、まだいいねしてない方、この動画にもいいねして頂けると
やっぱり嬉しいです。
(間違ってよくないねした人はいいねに変更してね。www)



以上、新作 YouTube 動画のお知らせでした!

2020年2月9日日曜日

冬バーンライブ「残香」ありがとうございました!

昨晩の冬バーンライブ「残香」にはたくさんの方にお越し頂き、
本当にありがとうございました。
もう殆ど当日、直前の案内だったにも拘わらず、
海外からも日本からもいろんな方々にお越し頂いたのは
驚いたやら嬉しいやらで感激でした。
海外方面は、Burn2 イベントのリーダーである
アイスカイさんやミアさんが全面的にバックアップ、
告知もしてくれ、現場にも来て下さったのが大きかったようです。
日本の、いつも支えて下さっている皆さんには
感謝の言葉よりありません。

昨晩は固よりシンセサイザーのシーケンスを回しながら
即興で演奏する予定ではありましたが、
モチーフとしては、1月にナチュさんのお誘いで参加した
「3 Gadgets」というイベントに出品した作品がきっかけです。
これは、KORG Gadget のうち、診断メーカーで選ばれた
3つのガジェットだけを使って作品を作れ、というイベントで、
僕の場合は3つのうちに Zurich というレコーダーガジェットが
含まれていて、これをどう使おうか悩んだ挙げ句、
森の中の川の音、風の音、鳥鳴き声や虫の飛ぶ音の入った
サンプル音を回して、それを背景に音楽を録れていったのでした。
そこで、昨日はこれを発展させて、
海の波の音、雨の音、鳥の鳴き声をシーケンスで回しつつ
それに合わせて即興で弾いていったわけです。

200209a

自作のモーグは180プリムくらいあるのですが、
写っているのはたった10プリムしかないロープリム版。
SH-101、OASYS と合わせて50プリムしかないのです。w
Courtesy by naturalway Flow


しかしまぁ、演奏中に何故かシーケンスの設定が変わったり、
楽器の設定が変わったりで焦る場面がいくつかありました。
それでもその状態で弾き続けなければいけないわけですから、
瞬間瞬間の判断で楽器を変えたりシーケンスを停めたりしながら
悪戦苦闘していたというのが実情です。
が、案外皆さん喜んでくれたので、終えた時にはホッとしました。

今回は企画から Burn2 スタッフへの交渉まで、何から何まで
ケルパさんがやって下さったので、僕は仕込みや演奏に集中でき、
本当に助かりました。
ケルパさん、ありがとう。
また次の機会に向けて何かおもしろいことをやりましょう。

それでは最後にセットリストです。

■Hiroshi Kumaki ライブ「残香〜Magic Dialogue」
・日時:2020年2月8日(土)23:00〜24:15
・会場:Magical Dialogue by Kerupa Flow
・曲目:
    シーン1〜海:シンセによるイントロダクション
    シーン2〜雨:ピアノの即興演奏
    シーン3〜森:パッド系シンセとエレピによる即興演奏
    シーン4〜太鼓:ハモンドオルガンによる即興演奏
    シーン5〜シーケンス:ストリング系シンセによる即興演奏
    シーン6〜シーケンス〜パイプオルガンによる即興演奏
    アンコール1〜Numbers
    アンコール2〜Time to Love -- Nest of the Dragon Mix

2020年2月7日金曜日

【ライブ】2月8日(土)23:00より冬バーンライブ「残香」です!

あーーーーーーーーーーーーーーーっという間に新年の1月も終わり、
SL でお正月らしいことをすることもなく、2月になってしまいました。
そして、中国の旧正月に合わせたのか、立春に合わせたのか、
Burn2 の冬のイベント、Winter Burn なるものが開催され、
私のところにも招待が来たのですが、僕にとっての Burn2 は
やはり年に一度、10月に行われる Oct Burn ですので、
スルーしてたんですね。。。^^;

ところがこの冬バーンにわが盟友ケルパさんが出展してて
イベントの期間は終わったけど、展示は続いているので
何かやりませんか〜、とお誘いが!
僕は年に一度の Burn2 のイベントは大好きなので、
そして 2007 年に初めて、当時バーニンライフと言われてた
そのイベントに参加して、とってもインスピレーションを受けたので
ケルパさんやナチュさんやこじゃさんやまささん、
いろんな SL のアーティストのみなさんをお誘いしてきたのですが、
今回は僕の方が誘われた形になりました。

で、やりましょう! とお返事を返したら、
30分もしないうちに下にあるようなポスターが送られてきました。
やー、嬉しい。やー、ありがたい!
タイトルは「残香」。
で、ケルパさんの展示タイトル「Magical Dialogue」の文字も。
そう。
ケルパさんとはリハーサルなしの即興による
音と光のインタラクティブなイベントを行って来ましたが、
それって正に「魔法の対話」ではないでしょうか。
というわけで、今回も即興的なイベントになります。
直前に決まったので、いろんな仕込みができてないのは
いつものこととして、
このご案内もどれだけの方に届くかわかりませんが、
この記事を見かけられた方、是非、2月8日(土)23:00から
Burn2 の会場にお越し頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

200207a<

■Hiroshi Kumaki ライブ「残香〜Magic Dialogue」
・日時:2020年2月8日(土)23:00〜24:00
・会場:Magical Dialogue by Kerupa Flow
    https://maps.secondlife.com/secondlife/Burning%20Man-%20Deep%20Hole/213/86/25

2020年1月25日土曜日

【RL】明日1月26日は「5匹のキャラバン」のジャズライブです!

明日は1月26日(日)、ということは、昨年案内した
「5匹のキャラバン」の六本木でのライブの日です!
一月前に案内して、まだ先と思っていましたがあっという間ですね。

前の日記でも紹介しましたが、この「5匹のキャラバン」は
すごい経歴を持った人ばかりが集まっているのですが、
皆さん、そんなことを感じさせないくらい気さくな方ばかり。
音楽は音が楽しい、音を楽しむと書きますが、
正に身を委ねるだけでその音楽の楽しさを堪能できる
そんな演奏を聞かせてくれるユニットなのです。

今回は僕もスタッフとして、特に撮影などを担当させて戴く予定です。
ご興味がありましたら是非ご連絡下さい。
勿論お店へ直接でも結構です。
一人でも多くの方と素敵な音楽を共にできるのを楽しみにしています。

191228a

■第10回 5匹のキャラバン・ジャズライブ!
・日時:2020年1月26日(日)19:00〜
・会場:KEYSTONE CLUB TOKYO
    東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
    TEL 03-6721-1723
    東京メトロ六本木駅3番出口より徒歩7分
    都営大江戸線六本木駅7番出口より徒歩5分
・ミュージックチャージ:3,000円
・公式HP:http://www.5caravan.net
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCh_QuBKB4iaB_kuD6S3LHWw

2020年1月1日水曜日

あけましておめでとうございます

200101

あけましておめでとうございます。
ヒロシです。

昨晩は、YMB の第九演奏会でお客さんやメンバーのみんなと
共に音楽の年越しをさせて頂きました。
お集まり頂いた皆様、YMB メンバーも含めて、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

さて、演奏会の話はまた別にゆっくりさせて戴くとして、
いよいよオリンピック・イヤーである 2020 年が明けたわけですが、
今年はよりよい、より明るい一年になることを願います。
いえ、皆で力を合わせてそのような一年にしていきましょう。
世界の情勢がいろいろと不透明な状態が続く中、
一人一人ができることは小さなことかもしれませんが、
それが集まればきっと世の中を動かす大きな力になるはずです。
私自身、今年はこれまでとは何か違ったことを、と考えています。
それが何になるかは、また追々お伝えしていきますね。

と、いきなり決意表明みたいになってしまいましたが、
何はともあれ、皆様にとりましてよい一年となりますよう。
本年も引き続きどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

2019年12月31日火曜日

年末恒例! YMB の第九演奏会&カウントダウンは今晩23:30から!

2019年最後の朝がやってきました。
一晩寝ると新しい年、2020年、令和2年ですね。
その新しいを年を迎える、今年最後の最後のイベントが
年末恒例、横浜マーチングバンドによる第九演奏会です。

winds 隊長も僕も RL の方で忙しくて
かつてのような YMB の大掛かりなイベントを行う機会も減りました。
が、年末のこと時ばかりはみんな集合して新しい年を迎えます。
例年通り、会場のお客さんも飛び入りでステージに上がって
一緒に演奏できますので(SL ならでは w)
是非是非お友だちとお誘い合わせの上、会場にお越し下さい。

裏の話をすると、実はこのイベント、1年で一番緊張するんです。
というのは、第九のエンディング、ズチャチャチャジャン!
と終わるあの瞬間を元日の午前0時にぴたっと合わせたいんですよ。w
しかし、使っているサーバが ShoutCast なので、
僕が音を出してから皆さんに届くまで約20秒くらい差があるんです。
この差は毎回少しずつ異なりますし、人によってもズレますし、
それを0時の時報に合わせるというのはなかなか至難の技で、
毎年どのくらいズレた、というのを反省しながらやってます。w
当然やり直しが効かないですから、失敗してもリベンジは1年後。

というわけで、そんなところも見どころの第九演奏会です。
大晦日の今晩23:30からです。
年の瀬のお忙しい時とは存じますが、
皆様のお越しをお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。

191225a

■Yokohama Marching Band 第九演奏会&カウントダウン2020
・日時:2019年12月31日(火)23:30〜
    2020年1月1日(水)0:15
・会場:YMB ホール(Francois)
    http://maps.secondlife.com/secondlife/Francois/171/48/109

2019年12月28日土曜日

【RL】 新年1月26日(日)は「5匹のキャラバン」でお楽しみ下さい!

昨日1月27日(金)は仕事納めでした。
帰り際、いろんな方々に「よいお年を」の挨拶をして、
いよいよ大晦日・新年も目の前だな、という感じです。

そして!
新しい年が明るい時代の始まりになりますようにと願い
ちょうど1ヶ月後の1月26日(日)に、僕も大変お世話になっている
「5匹のキャラバン」の皆さんが六本木でライブを行います!
そう、今日は RL のライブ・イベントのお知らせです。^^

「5匹のキャラバン」は、音楽療法士でもある
ピアニストの大村真由さんが、仲間のヴォーカリスト
小林スミさん、伊藤京子さんに声かけをして始まったプロジェクト。
大村真由さんが都内の某特別養護老人ホームに勤めていたこともあり、
この施設で時折ライブを行っていたのがきっかけ。
ライブの日はたくさんのお年寄りが集まり、
3人の演奏にお年寄りの皆さん、目を輝かせて楽しんでおられました。
音楽がこんなに人を元気にできるなら、と、
志を同じくするミュージシャンが集まったのがこのグループです。

参加メンバーは、ニューヨークなど海外での経験を積んだ
バリバリの方々だったりするのですが、
ジャズなんか聴いたことなくても、ライブなんか行ったことない
なんていうような方々でも、
毎回、楽しかった! という素敵な経験をして頂ける
そんな貴重なひとときとなっています。

実は、大村さん、小林さん、伊藤さんは僕の RL での知り合い
(伊藤さんは Kyoko Infinity 名義で僕のデビューライブにも
参加して頂いた SL でのつながりもありますが w)ということもあり、
僕もこのグループの活動を応援させて戴いています。

新しい年を、是非この「5匹のキャラバン」の明るく楽しい音楽で
ハッピーに迎えて頂ければと思います。
ご興味がおありの方は是非、僕 Hiroshi Kumaki
または会場へ直接お問い合わせ下さい。
当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。^^/

191228a

■第10回 5匹のキャラバン・ジャズライブ!
・日時:2020年1月26日(日)19:00〜
・会場:KEYSTONE CLUB TOKYO
    東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
    TEL 03-6721-1723
    東京メトロ六本木駅3番出口より徒歩7分
    都営大江戸線六本木駅7番出口より徒歩5分
・ミュージックチャージ:3,000円
・公式HP:http://www.5caravan.net
・YouTube:小林スミ