2008年7月17日木曜日

この1年

最近はオープン1周年を迎えたタイガーカフェで
まったりとしているヒロシです。
前に書いた通り隣に自分の店も再現したんだけど、
そっちはほったらかしで
いつも人で賑わってるこっちにきちゃうんだよね、結局。w



さすが1周年とあって、いろんな話題が出てきます。
Taiga Noel さんと Redd Karas さんとの運命的(!)な出会いとか、
たいがさんの懸命な営業の話とか。。。。
こういう努力の積み重ねがあってこそ
毎晩多くの人で賑わう今のタイガーがあるのだと
感心するやら脱帽するやらであります。

15日はレッドさんのレズデーということでしたが、
そう、ちょうど1年くらい前にSL始めた人多いと思います。
かく言う僕は7月27日でした。
タイガーで1周年にまつわるいろんな思い出話が出る中
僕も思わずこの1年を振り返るのです。

昨年の6月〜7月頃、SLはやたらと話題になっていて、
毎日ものすごい数の人が増えていましたね。
僕もある人から勧められてこの世界に入って来たものの、
何をしたらいいのか、何ができるのかを探しながら
あちこちフラフラと彷徨っておりました。
僕もまずはお金がほしくて、キャンプなど回りましたが、
日本人SIMに行くとやたらとお金の話題ばかりで何だかいやになり、
外国のSIMばかり回っていましたね。
そのうち、何をやるかじっくり考えたいと豊島区に土地を借り、
そこで Leoleo Ling さんや pira Noel さんと出会い、
水族館コンサートを経て多くの素晴らしい方々と出会い、
現在につながっていくのでした。

あの頃から比べると人もずっと減りましたし
SLも日本ではそれほど話題にならなくなりましたが、
それだけにより本質的な段階にSLも入ってきていると思います。
(アメリカでは企業がSLをシステムの一環として導入する事例が増え、
その記事は「ウォールストリートジャーナル」などの経済誌に
掲載されることが普通になってきています。)
今残っているお店やSIMは本当に素晴らしいところが多いでしょうし、
今いる人たちも、
本当に新しい世界の創造に心を賭けている人たちでしょう。
日本人居住区がガラガラになってきたと嘆く声がある一方で、
自分のSIMを持つ人が増えてきているのもまた事実で、
一人一人が自由に思い描く世界を実現しようとしている時代が
始まったことを物語っていると思います。
そう。
ただ参加する、のではなく
一人一人が創っていく時代の到来。。。。

私も、これまでこんなことやっていても、、、と
何度もやめようかと思いましたが
先日の24時間ラジオなど多くのイベントを経て
SLの可能性、そして人間の可能性をここに感じて続けています。
これから先どんな人との出会いが待っていて
どんなことをやらかしていくのか、全く未知ではありますが、
とても楽しみなSLの毎日であります。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございます。

No response to “この1年”

Leave a Reply